ここから本文です
駅弁大好ききたのブログ
駅弁とランチ食べ歩きメインのブログです
本日のご紹介は函館駅で購入しました

函館みかど 海鮮雲丹めし

では、外観から
イメージ 1

イメージ 2

お品書きです
イメージ 3

イメージ 4

では、中味を
イメージ 5

アップで
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


北海道新幹線開業記念駅弁の鮑雲丹めしが新幹線開業1周年とともにリニューアルしたものです。何とか記念の駅弁って期間限定のものが多い(当たり前か)ですが、好評のものをこうして継続販売してくれるのは嬉しいですね。
巾着袋入に入った状態で販売され、高級感を期待させます。
でも、開けると箱は発泡スチロールの容器でちょっとがっかりですが、中身の高級食材がたっぷりのっているのが見えてそんなことはどうでもよくなってしまいます。
カニは紅ズワイガニです。酒蒸しですが、カニの身はふんわりしていますし、味も濃厚なのがたっぷりとのっていてこれはおいしいです。
いくらは北海道の駅弁ではよく見られるものです。まぁ普通でした。
鮑の酒蒸し、コリコリした食感は食べていていいものですね。でも、それ以上のものは感じませんでした。駅弁に入れるには不向きな食材のようです。
その上の岩のり、ドロドロとしていてダシの風味がついていて、これが実にご飯によく合います。
上にちょこんとのっているのはウニの中でも高級なバフンウニです。さすがに高級食材だけあってほんの少しですが、濃厚さはウニの中でもダントツかなと思いました。鮮度もさほど落ちていないのも二重丸です。
そしてご飯、ウニご飯です。こちらはムラサキウニを使用とのことです。バフンウニよりはランクは落ちますが、ウニ自体が高級食材ですよね。それをたっぷりとご飯に混ぜてあり、ウニの味がほとんどしないとか味が抜けているなんてことはありません。どこから食べてもウニの味がちゃんとします。

高級食材をふんだんに盛り込んだ駅弁、たまの旅行でしたらちょっと奮発してこの駅弁を購入して旅気分を味わうのもいい思います。カニはたっぷりと入っていますよ。

この記事に

本日のご紹介は函館駅で購入しました

函館みかど 鰊みがき弁当

では、外観から
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

では、中味を
イメージ 4

アップで
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

函館みかどさんといえばこれというくらいのロングセラーの看板駅弁です。にしんと数の子の親子弁当です。北海道でも鮭といくらの親子弁当は多いですが、にしんと数の子となると他には留萌駅のにしんおやこ弁当しかありません。
掛け紙も長年変わっていないように思います。
ふたを開けるとまぁ、メインのにしんより数の子の方が目立ちます。そして中味も長年変わらない安定ぶりを見せつけられます。
まずはメインのにしんから、身欠きニシンとはにしんの干物のことです。昔の魚の保存技術です。それを米のとぎ汁で戻して甘露煮にしたものがこの駅弁に入っています。
一度干物にしてますから塩分もかなりあります。しょっぱいが先行した後に甘さがきます。でも、このにしん、見た目より柔らかいです。塩分と甘さと苦みが口の中で広がり、とてもおいしいです。
数の子がとても大きい丸々と太ったのが3きれも入っています。そしてぷりぷりしていて、口の中でポリポリやっていると薄ーい醤油味と塩分がまた何ともいえません。
そしてにしんの味の濃さがご飯がとてもよく進みます。ご飯もなかなかおいしいですよ昨今人気の北海道米を使用しています。
付け合わせに茎わかめの醤油漬けが結構入っています。これは味が濃かったです。酒のおつまみにもなります。
タクアンに見えるのは実は大根の味噌漬けだそうですが、見た目も味もタクアンにしか思わなかったです。


この味は時々食べたくなるおいしさです。北海道を代表する魚を味わえる変則親子弁当、是非食べてみてください。函館から札幌まで乗ると約3時間30分から4時間かかります。現地でご当地名物もいいですが、この駅弁を食べて余った時間を観光に充てるのもありです。

この記事に

本日のご紹介は函館駅で購入しました

函館みかど 箱舘新景

では、外観からご紹介
イメージ 1
イメージ 2

お品書きが入ってました
イメージ 3
イメージ 4

では、中味を
イメージ 5
イメージ 6

アップで
イメージ 7
イメージ 8

イメージ 9
イメージ 10

こちらの駅弁北海道新幹線開業1周年記念の駅弁として販売したものですが、2017年3月に中身をリニューアルして販売継続されています。
高価な駅弁なだけに外観も風呂敷包みと豪華に見えます。そして2段重ねです。
まずはご飯から、山ごはんは牛肉の時雨煮、べこ辨と同じです。見た目からは想像できないくらい脂までおいしくとても柔らかい牛肉です。そして甘いです。
海ごはんはいくらの醤油漬け、蒸しうに、いか昆布の生ふりかけです。このふりかけが私は気に入りました。函館らしいし、昆布もいかも、とても濃厚な味でご飯がとても進みます。もっと欲しかったな。蒸しうにもどこかの駅弁屋さんと違ってうにの風味も残っていておいしくいただきました。どちらもご飯は道産米の白ご飯です。
おかずは見た目少なく見えますが、ご飯にも具がのっていますし、おかずも一つ一つが大きめなので結構おなかいっぱいにはなります。
まずはコロッケ、駅弁に不向きなおかずだと思いますが、挽肉も結構入っているし、ジャガイモもホクホクとまでは行かないが、パサパサはしておらず、まあまあの出来かな。
鮭の味噌焼きも焼き色がとてもきれいです。お味も味噌が控えめ、香り付け程度といった感じでちょうどよかったです。横にアスパラガスとごっこの唐揚げを添えているのが北海道らしくて気に入りました。どちらも他の駅ではほとんどお目にかかれない食材です。
煮物としてホタテとにんじん、ゴボウです。ホタテ煮は結構大きなものを使用していて貝ひももきちんとついている、北海道らしく甘めに煮付けてあるが、くどくはないのはさすが駅弁屋さんの技だと思いました。
ぶりのエスカベッシュ、簡単に言えばマリネです。
ぶりが酸っぱくなるとどうなるものかと思いましたが至って普通においしく食べられました。酢漬けにされているので魚の特徴は消えてしまいますね。
デザートに地元七飯産のリンゴです。リンゴのしゃきしゃき感と控えめな甘さが食後のお口の中をさっぱりとさせてくれます。

さすがにどれも一定以上のおいしさは保たれていて見た目もいいので私は気に入りましたが2000円はちょっと高すぎるな。と思いました。

この記事に

本日のご紹介は函館駅で購入しました

函館みかど べこ辨

では、外観から
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

中味を

イメージ 4

少しアップで
イメージ 5

イメージ 6


函館駅で販売している駅弁です。午前9時位でしたが種類は豊富でした。

イメージ 7

イメージ 8

函館というか北海道全体で駅弁というと海鮮もののイメージが湧くのは当然だと思いますが、肉の駅弁もそこそこ種類があります。そんなみかどさんの肉系駅弁です。
ふたを開けると牛肉の時雨煮とそぼろ、2種類のっていて真ん中に錦糸卵のストライプの入る見た目きれいな駅弁です。
牛肉の時雨煮、玉ねぎと白滝、こぼうと一緒に煮たものです。食べてみてまず思ったのが甘いです。でも砂糖を多く使ったしつこい甘みはあまりなく、玉ねぎと肉の脂から出たものだと思います。だから脂身までおいしく食べられ、しかもご飯も進む味でした。まぁ、北海道は何でも甘くなる傾向にあるのも一因なのかなと。そういう意味ではご当地の味付けです。
そぼろはショウガを入れているとのことですが、ショウガの味がわからない位甘いです。でもそぼろご飯の肉って甘い方が食が進むし肉のしっとり感もあり、これはこれでおいしかったです。
時雨煮もそぼろも量がものすごくたっぷり入っているのもポイントです。この駅弁、容器が上げ底になっていないので北海道産のご飯もたっぷり入っていて、それに見合う肉の量となるとこれぐらいは必要なので肉の量はちょうどいいかなと思いました。
惜しむのは牛肉が道産牛ということしか分からないことかな。ブランド牛を使っていないので表記できないのもあるかもしれませんね。

北海道らしい味付けの肉系駅弁、お腹は空いているけど海鮮ものは食べ飽きた時にぜひどうぞ。肉は本当に柔らかくておいしいですよ。
みかどさんの駅弁は新函館北斗駅でも購入できます。

この記事に

本日のご紹介は東京駅の駅弁屋祭で購入しました

福豆屋 福の島 おとなの幕の内

では、外観から
イメージ 1
イメージ 2

では、中味を
イメージ 3

アップで
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7

イメージ 8

郡山駅の福豆屋さんは郡山駅 福豆屋 海苔のりべん販売してからというもの俄然注目を浴びている駅弁屋さんです。そんな駅弁屋さんの普通の?ま幕の内弁当はどういうものかなと思い購入しました。おとなの幕の内、確かに子供は幕の内は好きではないかもしれません。焼き魚や煮物がメインですから。私も実際そうでしたね。
掛け紙をとると確かに子供が好む駅弁ではなさそう。でもバラエティーに富んだおかずが箱いっぱいにギチギチに詰まっている駅弁ってそれだけでおいしそうに見えます。いや、この駅弁の場合、入りきらず焼き鮭はご飯の部分に置かれています。その分幕の内としてはご飯が少なめの現代風です。
焼き鮭、玉子焼き、かまぼこはどう見ても海苔のり弁と同じものです。これがニッポンのお袋の味の鮭といった感じでおいしいのです。
エビは磯辺揚げにして油っぽさを緩和しています。この手法をとる駅弁も以外にありますね。
牛肉煮、ほんの少ししかないけどこれが絶品、柔らかくて脂も甘く口の中で溶けちゃいそうな感じの牛肉でした。
煮物は玉こんにゃく、にんじん、筍など、優しい味付けで私好みでした。玉こんにゃく、最高にうまいです。
きんぴらゴボウも鷹の爪を入れたピリ辛なものでこれも味が濃くて家庭の味といった味付けです。肉団子は普通でした。
豆みそ、大豆を煎って味噌や砂糖などと一緒に炒めたもので、豆の食感と味噌の塩分、砂糖の甘さが融合したなかなかなものでした。
海苔のり弁同様、さしてご当地のものをたくさん入れているとかではない駅弁です。が幕の内です。別に奇をてらうものが入っていなくていいのです。安心して食べられるものを沢山つめていただければ。昔のお袋の味を詰め込んだ駅弁でこれは買って大正解な駅弁でした。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事