ここから本文です
駅弁大好ききたのブログ
駅弁とランチ食べ歩きメインのブログです
本日のご紹介は旭川駅で購入しました

旭川駅立売商会 海鮮四季味御膳

では外観から
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

では、中を
イメージ 4

アップで
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この駅弁も2017年の新作駅弁です。
一時期流行った名物駅弁を少量ずついれた欲張り駅弁風に仕上げておりますが、こちらはそうようなものではなく、ただの海鮮ものを詰め合わせただけです。それでも北海道の味覚を一気に味わえるのでお得感はあります。ただご飯の量は多いのでシェアして食べるのもいいかもしれません。
まずはいくら丼から、ちょっと味濃い酢飯に錦糸卵を敷いています。いくらはちょっと鮮度が落ち気味でした。醤油漬けですが、あまり醤油の味が濃くないのはいいですね。やはり獲ってから短時間で使えるので長時間漬け込む必要がないのかも
ウニ丼、酢飯の上に蒸しウニと昆布巻がのっています。ウニは高級食材ですからご飯の上の敷き詰めるほど大量には使えないのでしょうね。きっと。
お味は蒸しウニなのにウニの濃厚な味が残っていてこれはかなりのおいしさです。
カニ丼、酢飯の上に錦糸卵を敷き、その上にズワイガニのほぐし身と棒肉をのせました。カニはどちらも酢漬けにされています。カニは酢の味がかなり濃いように思いましたが、思ったよりふわっとしていて、みずみずしさもかなりあってカニの風味もそこそこある、不思議なものでした。でもおいしくいただけました。
ホタテ丼、これだけご飯が茶飯でした。茶飯の上にやや小ぶりのホタテ煮が2個、こけだけ見た目が寂しいです。頑張ってもう1個のせればかなり違うのになぁと思います。味はまぁ普通かな。茶飯は醤油味がほんのり香っていてごはんはもちもちしていておいしいです。北海道米の近年のレベルの高さをうかがえます。

全体的に味を濃くしているのは北海道文化の影響なのでしょうか?味は濃いのに素材の味もしっかりと残っているのでおいしくいただけた不思議な海鮮駅弁でした。

こちらの駅弁は催事用という方も多いようですが、駅売りもちゃんと行われていました。ラベルの「2便」というのが現地旭川での購入の証となります。ちなみに3便は通常ありません。
2018年現在、中味とパッケージのリニューアルが行われています。旭川駅弁さんは現在、催事や駅弁大会での販売がメインなので毎年新作駅弁を出すとともに既存の駅弁も見直しをしています。やはり昨年と同じだと「食べたことあるからいいや」ということで手にとってもらえないのでしょうかね。まぁそれだけまだ体力のある駅弁屋さんなのでしょう。今後も頑張ってもらいたいです。
出雲市駅の黒崎さんが駅弁事業からの撤退を知った日でした。






この記事に

本日のご紹介は旭川駅で購入しました

旭川駅立売商会 牛タン牛めし

では、外観から
イメージ 1

イメージ 2

中を
イメージ 3

アップで
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2017年の新作駅弁です。
旭川駅 旭川駅立売商会 旭川しょうゆ豚丼 同様、旭川最古の醤油屋さん、キッコーニホンの醤油を使用した肉系駅弁です。
中は醤油で煮込んだ牛タンにコショウをふりかけたものと牛肉煮が同時に入っています。ご飯は旭川駅弁さんでよく見られる茶飯です。
牛タン、駅弁でよく見られる薄切りではなく、かなり厚みがあります。しかもかなりデカイ!  醤油の味はさほど濃くなく、コショウの味が勝っていました。食べ応え満点の牛タン、固かったけど、味は良好です。
牛肉はとてもあっさりとした煮方でした。牛タンがコショウで味が濃いからでしょうか。まぁ普通だったかな。ご飯にあう牛肉はやはりある程度味が濃い方がいいようです。
そしてご飯、茶飯が実に牛タンに良く合います。味濃い牛タンにホンノリ醤油が香るもちもちっとした食感で本来ならWで醤油味だからどうなのかなと思いましたが杞憂に終わりました。

たまにはこういうワイルドな肉系駅弁もいいです。牛肉はご飯とはあまり合わなかったけど単体で食べる分には十分おいしかったです。

この記事に

本日のご紹介は旭川駅で購入しました

旭川駅立売商会 味わい弁当 

では、外観から
イメージ 1

イメージ 2

中を
イメージ 3

アップで
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

旭川駅弁さんは全国の駅弁大会に積極的に進出している駅弁屋さんです。また釧路の釧祥館・稚内の稚内駅立売商会を子会社に持っていてとても頑張っているというか生き残りに必死な駅弁屋さんでもあります。
そんな旭川でも駅弁は何種類が販売されていますが、地元の方や食費を抑えたい方向けに比較的安価なお弁当も販売しています。少しでも価格を抑えるために掛け紙はなく、プラスチック容器そのままでの販売となっています。こういったお弁当を販売している駅弁業者って以外に多いです。駅弁業者とはいえども駅弁だけでやっていけてる業者は全国ではほとんどないと思います。

長くなりましたが中はご飯が3種類にすき焼き、焼き鮭、焼売がメインの駅弁です。
まずはご飯から、左からほんのり香る茶飯、近年人気の北海道米をシンプルに味わえる白飯、蒸しウニの炊き込みご飯です。どれももちもちしていておいしかったです。ウニご飯はウニがちょっと少ないですけど香りは十分楽しめます。
焼き鮭、塩分が濃いめの鮭は白飯にぴったりです。
すき焼き、牛肉の他に白滝や玉ネギ、焼き豆腐も入っています。肉は思ったほど甘くはなかったのが以外でした。北海道らしくないな。汁気も結構あって箸が進みます。
焼売、コーンが入った焼売でした。肉もギチギチに詰まっていながらも固くもなく柔らかくもない、丁度いい感じです。この焼売、結構好きなんですが、コーンとはあまり合わないような気がしました。北海道らしさを演出しているのかもしれませんね。
煮物は大根、椎茸、ニンジン、ふきです。まぁ普通ですね。
他にかまぼこと玉子焼きも入っていました。

これだけ入って850円、さりげなく北海道らしさもあるこの駅弁です。北海道は幕の内系の駅弁が少ないですから色々食べたいときは選択の一つに入りますね。駅弁じゃないと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、駅弁業者製造で駅構内の自社売店で販売していますので仲間にでも入れてあげて下さい。旭川駅では他に幕の内系として正式な駅弁の旭川駅 旭川駅立売商会 旭岳べんとう旭川駅 旭川駅立売商会 御辨當もあります。

この記事に

本日のご紹介は新横浜駅で購入しました

崎陽軒 ハロウィン限定黒炒飯弁当

では、外観から
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

お品書きです
イメージ 4

では、中を
イメージ 5

アップで
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

この駅弁は現在販売されていません
崎陽軒が2017年のハロウィン期間限定で販売しました
たまり醤油を使用した炒飯がメインです。
炒飯、醤油味が濃いのかなと思っていましたが、さほど濃くはなく、油も十分あるのででたまにはこういう変わり炒飯もいいもんだなど思いました。なぉ、具は横浜駅 崎陽軒 横濱チャーハンと同じでした。
おかずは鶏のチリソース煮、横濱チャーハンより明らかに大きいです。食べ応えもかなりあってそこそこ柔らかくてこちらの方がいいですね。
塩焼きそば、油でベチャッとなっていなくて塩味もきいていていい感じです。カボチャの揚げ浸し、ハロウィンといえばカボチャは欠かせません。
そして昔ながらのシウマイが3個です。紫キャベツと紫玉ねぎのピクルス、いわゆる酢漬けです。油っこい駅弁ですから口をさっぱりとさせてくれる酢の物いいですね。

たまにはこういう変わり駅弁もいいですけど、いつもの横濱チャーハンの方がやっぱりいいなと思いました。いわゆる完成された炒飯の一つだと思います。

この記事に

本日は新横浜駅構内にありますたちばな亭のお弁当をご紹介します

たまに新横浜でカツ丼の駅弁を購入したという報告をみます
下の画像は店舗に貼ってあるのですが確かに駅弁とうたっていますね。
このお店、新横浜駅改札外の奥でひっそりと営業している店内調理のお弁当屋さんです。お土産屋さんと崎陽軒が入り口に構えていて、持ち帰り寿し店があって売店もある。横から入っても入り口に日替わりで弁当屋さんが出店していて、おにぎり屋があります。それらをすべて通り抜けるとお店にたどり着けるという本当に立地条件最悪なお店です。
ただ、こちらのお店、先代の駅舎の時には構内でとんかつ店を出していてそこでテイクアウトのお弁当を販売していたし、現駅ビルにも一時期レストランを出店していました。そんな経緯を知っているので私は駅弁ではないとしています。これを駅弁としてしまうと駅ビルの中で販売しているお弁当は全て駅弁になってしまい、キリがありません。まぁ、どこまでを駅弁とするかという基準は曖昧なんですけどね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

駅弁とされているカツ重です530円と安価なのはいいですね。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

甘めなのに醤油の味が強かったな。カツはそこそこボリュームありました。列車の中で温かいお弁当が食べたくなったときにはいいかもしれません。

エビ・ヒレ弁当です
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

ソースとキャベツは冷蔵保管されていました。タルタルソースがついているのはうれしいですね。お味は、まぁ普通でした。ご飯はすぐに食べるであろうという考えなのでしょう、水気が結構あったように思いました。駅弁とは全く違う炊き方ですね。

ロースかつ弁当です
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

フルーティーでドロッとしたソースは市販品では出せない味に感じました。カツ自体は肉が結構固かったです。とんかつとして食べるにはちょっと薄いかつです煮る前提の肉の下ごしらえなのかな。

新横浜駅の2階にお店はありますが、崎陽軒という強力なブランドの駅弁屋さんがあるので一見さんよりは地元のリピーターが客層の中心のようですがそれでもやっていけてるのは一元さんもそこそこ買っていくのかな?ちなみに新横浜限定駅弁のキャッチコピーは嘘ではないです。

今日は崎陽軒じゃないなという気分の時や温かいものが食べたくなったときには是非どうそ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事