ここから本文です
駅弁大好ききたのブログ
駅弁とランチ食べ歩きメインのブログです
本日のご紹介は函館駅で購入しました

函館みかど 蝦夷ちらし

では、外観から
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

では、中味を
イメージ 7

アップで
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 8

函館駅の海鮮ちらし寿し駅弁です。函館といえば駅近くにある朝市で食べる海鮮丼が有名ですが、駅弁にもちゃんとあります。

このパッケージ、実に持ち運びづらいです。見た目はインパクトありますが、紙だけ盛り上がっていて、容器を固定しているわけではないのです。気をつけないと横から滑り出ることがありますので気をつけてください。
中はかに、サーモン、イクラにウニ、タコにホタテと見た目も海鮮丼ですが、みかどさんの名物駅弁、函館駅 函館みかど 鰊みがき弁当のメイン食材の一つである数の子が入っているあたりやはり駅弁屋さんらしいです。
何から食べようか迷ってしまいますがかにからいきましょう。酢に漬けてありますが、控えめでかに本来の味がよくわかるほどでした。新鮮なかにでないとできませんよね。蒸しウニも量が少ないですが、味は結構残っていましたし、イクラの醤油漬けも新鮮でした。
タコも特別固くないし、ホタテも甘さ控えめでした。サーモンはスモークサーモンになっていますが、どうもスモークされ具合が中途半端で香りはないし、サーモン自体もねっとりしていてこれだけ今ひとつでした。
サーモン以外素材の味を活かしていて鮮度がよくないと作れないなと思うほどでしたね。
そしてみかどさん名物の数の子、とても大きい丸々と太ったのが入っています。ぷりぷりしていて、口の中でポリポリやっていると薄ーい醤油味がまた何ともいえません。
ご飯は酢飯でした。

町中で売っている海鮮丼は生ものなので醤油がついていることが多いですが、駅弁なので長時間持ち歩かれても大丈夫なように酢漬けや醤油漬けなどあらかじめ味付けされているのでこの駅弁には醤油はついていません。それでも決して町中の海鮮丼にもひけをとらないように見せる鮮度と味、すごい技術だと思います。

この記事に

本日のご紹介は特急北斗号の車内販売で購入しました

合田 特製もりそば

では、外観から
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

中味を
イメージ 4

注意書きの紙の下に海苔とネギ、ワサビが隠れていました
イメージ 5

アップで
イメージ 11

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

薬味を全部投入っと
イメージ 12

長万部駅のそば駅弁、長年販売されていますので長万部を通ったことのある方や鉄道好きの方にはそこそこ認知度はあります。
80年以上長万部に店を構える合田さんが列車到着時間に合わせてそばを茹でてくれ、折り詰めに詰めれば80年以上販売されているそば駅弁のできあがりです。北海道の駅弁、いや全国の駅弁の中でも隠れた超ロングセラー駅弁なのです。正式には駅弁ではないですけど販売環境から言えばどう見ても駅弁です。過去には長万部駅で立ち売りも行っていたそうです。
中はもりそばとデザートのミカンが2かけらのみで後は薬味のネギ、わさび、七味唐辛子にウズラの卵のみです。あっ当然そばつゆもあります。
では、そばに海苔をかけてプラスチックのカップにそばつゆを入れて食べましょう。といいたいですが、お店で食べるおそばのようにはいかないのです。茹でたてとはいえ少しは時間がたっていますの固まってしまっているのでそば自体にそばつゆをかけてほぐします。おーほぐれたほぐれた。
では、食べましょう。おそばの香りもきちんとしていて喉ごしもよく、おいしいです。つゆも人によっては濃いかなと思うけど、私はそこそこいい味出しているなと思いました。
濃いかなと思う方は車内で割るのは大変だけどウズラの卵を入れるとマイルドな味になります。他にも七味唐辛子、ネギ、わさびなどの薬味は
お好みでどうぞ

カップにそばつゆを入れて普通にもりそばとしても直接そばにつゆを全部かけてぶっかけそばにしてもどちらでもおいしくいただけます。

80年以上と長きにわたり販売されている元祖そば駅弁、あまりお腹が空いていない時や車内でずるっとそばをすするという現代ではちょっと変わった体験をしたい時に是非どうぞ。スーパー北斗号の車内での購入は車内で予約が必要です。乗車後早めに客室乗務員に申し出で下さい。
長万部駅 かにめし本舗かなや かにめし弁当は予約なしでも買えることがありますが、こちらは必ず予約が必要です。


2018年6月からスーパー北斗号の車内販売がわずか3往復に減ってしまいます。今のままだと函館発札幌行きでは購入できなくなってしまいます。(札幌発函館行きでは引き続き購入できます)このまま幻のそば駅弁になってしまうのか、それとも予約でホーム受け渡しをできるようにするのかどうなってしまうのかな。

イメージ 13


イメージ 14

先日北斗号からは引退した183系から見た噴火湾を眺めながらずるずるっといかせていただきました。
イメージ 15


イメージ 16

車内販売準備室にしてはオープンでかなり広いつくりです。
というのも登場した時は食堂車を廃止した代わりにここでお弁当を調製・販売していたからです。そのためシンクは大きいし、おそらくシンクの手前にコンロか炊飯器が置かれていたのでしよう。もうかなり昔にお弁当の調製は廃止になっています。一度食べてみたかったな。

この記事に

丸亀製麺

またまた丸亀製麺です
ちゃんとうどんも食べてますよ。

温かいぶっかけうどんです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

季節限定の小エビと三つ葉のかき揚げです。

どちらもおいしかったです。
ちなみにこの天ぷら、期間限定です。丸亀製麺では季節限定の天ぷらが1〜2種類常時あります。

この記事に

大船軒 本郷台そば店

大船駅の大船軒の立ち食いそばが2018年3月で閉店してしまい、残るは本郷台駅と藤沢駅だけになりました。そのうちの本郷台そば店に行ってきました。


イメージ 5

お店は改札外にあります


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


レギュラーメニューです。他のNREのゆで麺使用店と変わりません。価格は地域によって異なります。大船軒の名前を使用していますが、実態はNREの立ち食いそば店です。そばつゆだけ独自のものを使用しています。


イメージ 1

イメージ 2

期間限定の岩下の新生姜入り栃木県産にら天そばをいただきました。


イメージ 3

イメージ 4

大船軒の立ち食いそばといえば甘いつゆが特徴です。
大船軒の名前を使用していますが、大船軒は立ち食いそばからは手を引いていて今はNREがやっています。ちなみに大船軒自体今はNREの100%子会社です。
メニューや天ぷら・麺はNREと全く同じものを使用していて、そばつゆだけNREとは別のを使用しています。

この天ぷら、揚げおきですが、生姜の香りもしっかりとあるし、にらの食感も悪くなくてなかなか良かったです。
麺はぼそぼそ、香りほとんどなし、のどごしごわごわでいまいちでした。
つゆも昔よりは甘さが控えめでした。立ち食いそばとしてはまぁまぁかな。

この記事に

かつや

新横浜駅の駅ビル1階にありますかつやで期間限定のチキンカツとから揚げの合盛り定食をいただきました。


イメージ 1

手前が唐揚げ、奥がチキンカツです

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

暗いですけどチキンカツです

イメージ 5

こちらは唐揚げです。

イメージ 6

イメージ 7

かつやには通常メニューに唐揚げはないそうです。
この唐揚げ、ちょっと変わっていておそらく胸肉の一枚肉を揚げてカットしたのではと思います。肉は意外にジューシーで衣はパリッとしていておいしかったです。マヨネーズがついているのでチキン南蛮風にしても食べることができます。
チキンカツはあらかじめ醤油だれが予めかかっています。サクサクなのだが、衣が厚すぎました。肉もジューシーを通り越して油多すぎましたね私には。
ここの豚汁は具だくさんで味噌の味もしっかりしていてこくがありおいしいです。牛丼チェーンの豚汁とは全然違いますよ。
キャベツはもう少し多かった方がありがたかったな。

この量を745円で食べられるのですからお得です。でも、私は食べた後胃もたれしてしまいました。量が多すぎたようです。年をとりましたなぁ

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事