ここから本文です
駅弁大好ききたのブログ
駅弁とランチ食べ歩きメインのブログです

書庫全体表示

本日のご紹介は広島駅で購入しました

広島駅弁当 もみじ弁当

では、外観から
イメージ 1

イメージ 2

中を
イメージ 3

アップで
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

広島駅弁さんの幕の内弁当といえばこれです。
昨今の広島駅弁さんの駅弁もかなり派手な柄の駅弁が多いですが、この駅弁はとても地味です。どこの駅弁屋さんもこの流れの所が多いです。
でも、中は昔ながらの地味な幕の内ではなく、とても上品な盛りつけになっていました。
焼き魚は鰆の西京焼きでした。すんごい脂がのっていてしかも柔らかくて魚の味を邪魔してない味噌味でこれは本当に美味しかったです。鰆の西京焼弁当なんて出してもいいんじゃないかというくらいです。
横のはだし巻き玉子です。結構大きくて柔らかかったです。
煮物はかなり多いです。名物のタコの煮物は弾力があってプリプリしていて煮物なのに煮汁の味が逆に控えめでうまいです。
他にも鶏肉、筍や高野豆腐、こんにゃくなどもあっさりとした煮付け方で素材の味を存分に活かしていて駅弁の煮物としては出色だと思います。
キノコの形をしているのは実はかまぼこです。飾り包丁を入れたかまぼこにすると恐らくコストアップになるかと思いますが、さりげない演出をしていて地味になりがちな煮物ゾーンの見た目が良くなっています。
そして広島といえば穴子です。穴子がちょこんと一切れ入っているだけではなくしっかり押し寿司で一貫入っています。そして広島のお漬け物と言えば広島菜ですね。桜大根や柴漬けなど安価な漬け物で処理してないところも気に入りました。
最後にサツマイモの甘露煮とリンゴのシロップ漬けです。やはり食後に甘いものは欲しくなります。西日本の幕の内だとオレンジが入っていることが多いですが、ここのはリンゴでした。

広島という全国でも主要な駅の駅弁でこれほどまでに完成度の高い上品な幕の内に出会えるとは思いませでした。幕の内の完成度が高いということは何を食べてもおいしいということだと思っています。駅のリニューアルされたことで駅弁の種類も増えたようですのでまた行ってみたいです。


サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事