すろーらいふ日記

アメブロ「A Day In The Life」に拠点を移してます。http://ameblo.jp/mokkun8940/

全体表示

[ リスト ]

少林少女

イメージ 1

イメージ 2

久々に映画を観ることになった。「クローバーフィールド」以来だ。


で観た映画、柴咲コウ主演の

少林少女


解説
中国で少林拳の修行を終えて帰国した少女が、祖父の道場再建に向けて奮闘する姿
を描くアクション・ムービー。
「踊る大捜査線」シリーズの亀山千広プロデューサーと、『少林サッカー』のチャウ・シンチー
が共同プロデュースという形式で手を組み、邦画史上初の本格武術映画に挑んだ。
監督は同じく「踊る大捜査線」シリーズの本広克行。主演は『県庁の星』の柴咲コウ。
1年間トレーニングを積んだ柴咲が繰り出す本格アクションは必見。(シネマトゥデイより)

キャスト
監督  本広克行 桜沢凜(柴咲コウ)、大場雄一郎(仲村トオル)
田村隆史(岡村隆史)、岩井拳児(江口洋介)、ティン(ティン・カイマン)
ラム(ラム・チーチョン)、リュウミンミン(キティ・チャン)など


あらすじ
祖父の道場を継ぐため中国の少林拳武術学校に修行に行った凛(柴咲コウ)が3000日の
厳しい修行に耐え帰国すると、道場は潰れ兄弟子たちは少林拳を辞めてしまっていた。
単独で少林拳を広めようと決意した凛は、ひょんなことから大学のラクロス部の助っ人になる。
凜の道場の師匠だった岩井拳児はラクロスチームのコーチになるが、試合では凜をラクロスチーム
のメンバーから外す。「おまえが入ったら、邪魔だ。」
その言葉に反発し、どうしても出場させてくれと懇願する凜。
いざ出場すると、ワンマンプレー。当然、チームの足並みは乱れ、敗退。
なぜ負けたのかわからない凜。
岩井は「このチームに必要なのは、少林拳の型じゃなくて、心だ」
チームメートも「あなたは私たちを信じてないんでしょ?」
岩井らの言葉にハッとした凜は、チームプレーの大切さを理解し、少林拳の心を
みんなに伝えることになった。
それ以降、チームは勝ち進み、道場再建に向け着々と準備は進んでいくが……。
(シネマトゥデイより)

ここまではよかった。しかし、ラクロスから外れ、今度はカンフー対決に移ったところから
ストーリーがごちゃごちゃし出して、ぐちゃぐちゃ。

柴咲コウの独り舞台となってしまった。スポコンに重点を置く、カンフー対決に重点を置く。
どちらかに絞ってほしかった。せっかく柴咲コウが一年かけてこの映画に備えたのだから、
もったいなかったね。

閉じる コメント(48)

顔アイコン

こんにちは。
ホントに少林サッカーの二番煎じと言われようが、ラクロスがメインであればもっと良くなってたと思いますね。
柴咲さんの頑張りが報われて欲しかったですが。。。

2008/5/4(日) 午後 11:22 Yang

顔アイコン

Yangさん>柴咲コウ独り舞台の映画としてはよかったですけど、ストーリーぐちゃぐちゃでしたね。監督、脚本家が悪い。

2008/5/5(月) 午前 0:03 mossan

顔アイコン

一年間の期間をかけた大作、大いに期待したいですよネ^^
彼女の代表作になるか!?

2008/5/6(火) 午前 0:12 usagi

顔アイコン

usagiさん>柴咲コウの演技というか努力を生かし切ってない。作品の質としてはお粗末ですね。

2008/5/6(火) 午後 3:46 mossan

アバター

チャウ・シンチ−プロデュースなので観ようと思ってたんですが、
酷評が多くて二の足踏んじゃってます。
ん〜〜やっぱDVDでいっか〜!

2008/5/7(水) 午前 8:45 ゆう

顔アイコン

ゆうさん>興行収入上位っていうから不思議です。こんなストーリーぐちゃぐちゃの映画が。ゴールデンウイーク中だからでしょうか?

2008/5/8(木) 午後 9:45 mossan

へぇー。亀山さんと本広さんのタッグなんで結構面白そうなのかなと・・・でも確かになんでも取り入れるとゴジャゴジャしそうですね。99オールナイトリスナーとしては岡村さんが裏話はなしてたんでますます期待してたんですけど・・・

2008/5/9(金) 午前 9:27 アンドリュー

コメント&トラックバックありがとうございまッス。
この映画は今年一番のガッカリ作品でした……。
『少林ラクロス』だったらまだマシだったかもですが。

2008/5/9(金) 午後 6:28 ジル

顔アイコン

そうなのですか。これランキングは上の方ですがブログ内での
記事はあまりよくないものばかりですね。
なんとなくGWの映画って感じなのかしら?

2008/5/9(金) 午後 11:52 car*ou*he*ak

顔アイコン

アンドリューさん>所詮はテレビ出身作家じゃないですか、二人とも。映画を舐めてますよ。

2008/5/10(土) 午前 0:27 mossan

顔アイコン

ジルさん>くだらない作品でしたね。映画にする意味があるのかと言いたい。

2008/5/10(土) 午前 0:28 mossan

顔アイコン

cartoucheさん>興行収入重視の守りの映画っていうニオイがぷんぷんしました。

2008/5/10(土) 午前 0:29 mossan

コウちゃんは良かった☆お話はね…岡村クンと少林サッカーのお二方のおかげで子供達にはウケてましたが…

2008/5/10(土) 午前 1:03 沙粧

顔アイコン

沙粧さん>柴咲コウのがんばりに応える映画を作ってほしかった。スタッフよ、いいかげんにせんかー。

2008/5/10(土) 午後 6:14 mossan

結局何に重点を置くのかがさっぱり分からない作品でしたね。柴崎コウがせっかく頑張っていたのに残念な結果になってしまいました。トラバ返しさせてくださいね。

2009/3/14(土) 午後 11:49 いっちー

顔アイコン

いっちーさん>柴咲コウの持ち味が出せずに、消化不良の映画になってしまったのは残念でした。

2009/3/16(月) 午前 11:44 mossan

わたしは、昨年「最強☆彼女」という作品を観て以来、こういう「なんでもあり」みたいな作品は、大好きです。
トラックバックのお返しをさせてください。

2009/12/4(金) 午前 5:33 [ てるてる ]

顔アイコン

てるてるさん>最強☆少女ですか。興味ありますw

2009/12/4(金) 午後 4:47 mossan

ラクロスとカンフーの話がどっちつかずで・・・。
ここまで駄作だとあきらめがつきますw
ただ柴咲コウ見たさで何とか最後までみれましたが、劇場で見たら金返せってなります・・・。
トラバお返ししますね☆

2009/12/30(水) 午後 6:00 36 サブロー

顔アイコン

サブローさん>そうなんですよ。どっちつかずで。柴咲コウだけでもっていう感じになりました。

2009/12/30(水) 午後 9:05 mossan

開く トラックバック(16)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事