すろーらいふ日記

アメブロ「A Day In The Life」に拠点を移してます。http://ameblo.jp/mokkun8940/

全体表示

[ リスト ]

戦場でワルツを

イメージ 1

イメージ 2

こちらでの上映がなく、レンタル待ちしていた作品。

でもいつも利用していたレンタル屋にも置いてなくて、

ちょっと離れたレンタル屋でやっと見つけた作品。

戦場でワルツを


解説
元兵士のアリ・フォルマン監督が、自身の経験を基に製作した自伝的なドキュメンタリー・
アニメーション。
1982年にレバノンで起こったパレスチナ難民大虐殺についての友人たちの証言から、戦争がもたらす
心の闇を暴き出し、カンヌ国際映画祭やアカデミー賞などで国際的にも賞賛された。
フォルマン監督独特の斬新な手法やビジュアルも必見。
兵士の心理状態が時にシュールに、時にミステリアスに描かれながらも、現代の戦争への風刺の効いた
問題作だ。

あらすじ
2006年冬、友人のボアズがアリに対して、毎夜みる悪夢に悩まされていると打ち明けた。
ボアズは、それがレバノン侵攻の後遺症だという。
しかし、アリの記憶からは、レバノンでの出来事が抜け落ちていた。
記憶から失われた過去を取り戻すために、アリは世界中に散らばる戦友たちに会いにいく。

まず、映画全体がアニメーションであるが、戦場の描写が生々しいのはなぜだろうか?

監督自身の経験が基になっているんだろうね。

ボアズが26匹の犬に追われるシーンからこの映画は始まる。なぜ26匹か?

それは自分が戦場で人間を撃つのは下手なんで、上司から番犬の犬を撃ち殺せという命令が

下ったからだった。彼はアリに「26匹それぞれをどうやって撃ち殺し、どんな死に顔だったかも

克明に覚えている」と語る。なぜ20年間も忘れていた過去を今になって思い出すのか?

忘れてしまおう、けっして思い出すまいと思った戦争の記憶。

罪の意識の重圧に負けてしまったからであろう。

戦場のカメラマンがそうらしい。ファインダー越しに撮るときは映画の一コマを撮っているかの

ような錯覚におそわれるが、ふと仕事を離れ、戦場での死骸を目にしたり、触ったりしたときに

恐怖に襲われるらしい。

映画の中で仲間の機関銃を取り上げ、まるでワルツを踊るかのように撃ちまくる兵士のシーン、

異常な光景だよね。

戦争でいっしょだった友人を訪ね歩きながら、これまで抜け落ちていた記憶を一つ一つたどるアリが

最後に思い出したものは・・・・

戦争でいつも犠牲になるのは弱い者、女、子どもと言われるが、この映画でも同じである。

私たちは戦争を忘れることはできるが、戦争は私たちを忘れることはできないという

メッセージも印象に残った。目を背けたくなるシーンもあるが、反戦映画として是非観てほしい

映画である。

にほんブログ村に参加しています。

応援の意味で↓のクリックを押してください。お願いします。

閉じる コメント(25)

顔アイコン

ドキュメンタリー・アニメーション。ですか〜ほ〜

映画けっこう全ジャンル好きで見ていますが戦争の映画だけはあまり見ていません。。。
↑↑皆さん絶賛ですね。

2010/8/25(水) 午前 7:47 みかりん♪ 返信する

見たいと思ってたんですが、準作になるまで待ってます、、まだ新作ですよね〜ぜひ見たいです、

2010/8/25(水) 午前 7:55 くらげ 返信する

顔アイコン

kennyさん>ラストの映像はショッキングでしたね。あれで終わるんだから。

2010/8/25(水) 午前 9:57 mossan 返信する

顔アイコン

みかりん>機会があれば観てくださいね。

2010/8/25(水) 午前 9:58 mossan 返信する

顔アイコン

くらげさん>私は準作扱いの店で借りましたw

2010/8/25(水) 午前 9:58 mossan 返信する

これは以前から興味ありました♪
アニメなのに、描写が生々しいんですね^^;
機会があれば観てみます!!

2010/8/25(水) 午前 10:48 れじみ 返信する

顔アイコン

なんだか、とっても辛そうな映画ですね
戦争の映画は好んでは観ないのですが、
話題になるとついつい観てしまいます。( ̄ーÅ)ホロリ
平和が一番です…

2010/8/25(水) 午後 0:31 休止 返信する

こういう映画があるとは知りませんでした。
機会があったら見てみようと思います。。
ダブルポチ

2010/8/25(水) 午後 2:24 ayamama 返信する

まさにシンプルでありながら、説得力ある構成でした!
アニメとは思えないリアルな手法も目を見張りましたし…
あのラストシーンのみ実写だったのも効果的でしたね。。
短い上映時間ながら…戦争の恐ろしさがストレートに伝わってきました。
TB下さり有難うございました!お返しさせて下さいね〜♫

2010/8/25(水) 午後 8:24 ふぇい 返信する

去年観た中でも、かなり心に残った作品です。
私も観終わった後しばしボー然としてしまいました。
TBお返しさせてください。

2010/8/25(水) 午後 9:43 daisygips 返信する

顔アイコン

内緒さん>やったぁー、ビンゴ。

2010/8/25(水) 午後 10:48 mossan 返信する

顔アイコン

rejimiさん>実体験が基になってますから、リアルなアニメでしたよ。

2010/8/25(水) 午後 10:49 mossan 返信する

顔アイコン

かりかりさん>考えさせられる映画でした。日本はまだまだ平和ですよ。

2010/8/25(水) 午後 10:51 mossan 返信する

顔アイコン

ayamamaさん>是非、観てください。

2010/8/25(水) 午後 10:52 mossan 返信する

顔アイコン

フェイさん>ラストのシーンは強烈でしたね。目を背けたくなるシーンでした。

2010/8/25(水) 午後 10:54 mossan 返信する

顔アイコン

daisyさん>これ、映画館で観たかったんですが、上映してる劇場が近くでありませんでした。強烈な作品でしたね。

2010/8/25(水) 午後 10:55 mossan 返信する

顔アイコン

ラストシーンは衝撃的でしたね。
監督が実際に体験したからこその作品でしたね。
TBさせてください〜

2010/8/25(水) 午後 11:18 Swan 返信する

顔アイコン

Swanさん>もう目を覆いたくなるシーンでしたが、目を背けてはいけませんね。そして平和の尊さを次世代に伝えなきゃね。

2010/8/26(木) 午後 11:08 mossan 返信する

アバター

戦争って、どこの国のでも同じ顔をしてますよね。
最後のシーンがまた(-_-;)
トラウマになるだけ、まだ人間性があるのかも。
こちらもTBさせてくださいね。

2011/4/24(日) 午後 11:34 木蓮 返信する

顔アイコン

もくれんさん>アニメーションとは思えないリアルな映像に釘付けになりました。

2011/4/25(月) 午後 7:58 mossan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事