全体表示

[ リスト ]

私の運用方法

※以下の記載はあくまで基本方針です。
相場の状況に応じて変化させてます。

1.買い

基本的に、寄り付き直後3割、9時半前後(9:15〜9:40)に残り7割購入します。


分割は面倒なので止めました。

注目する銘柄に優先順位をつけて、寄り前から監視します。
寄り前の板で優先順位1位の銘柄がかなり高く始まりそうなら、
1位の銘柄は9時半前後の買いに回します(優先順位を下げる)
そして、優先順位2番目の銘柄に注目していきます。
2位の銘柄が買えそうならそのまま買い、これも高くなるようなら9時半に回して
3位の銘柄に移るか、寄り付き頃の買いをスルーします。



(1)寄り付き
前日比変わらずや安いスタートの銘柄は、寄り付きあたりで買いが基本です。

問題は買い先行銘柄となりますが、
寄り付き直後はメイン1銘柄集中しながら前日比+4%くらいまでなら買い。

ただ地合いが悪く(または新興などの動きが悪い場合)無理をしない方針にしている時で、
寄付きが高いなと思った場合はスルーします。

また寄り前からの成行注文はしません。
思わぬ高値を掴んでしまうことを回避するためです。


メイン以外の他に欲しい銘柄は、寄り前の板の状況を見ながら、
前日比で+3%以内くらいまでの指値を入れておきます。
買えなければ、朝方の1回転後の9時半前後の購入に切りかえます。


寄り直後は意外と難しいので、とくかく購入重視とする時のもので、それほど重要ではないです。
9時半購入をメインに据えたほうが意外と効率いいです。
乗れない銘柄もありますがそれはそれとして諦めが肝心w



(2)9時半前後(9:15〜9:40)

よくあるご質問にも書いた方法。
ここが買い先行銘柄のメインの買い場になります。

寄り直後の買いが一旦終了し、利益確定売りに押される場面で、
寄り付きより安い値を付け、前日比+3%以内を拾います。

ただ+3%でも少し高いと思ってるので、+3%で拾うのは買い優先で拾いたい場合。
できれば+2%以内で拾いたいです。


当然、朝からそのまま急騰してしまう銘柄もありますが、それはスルー。諦めます。
無理に乗って高値掴みするほうが怖いです。


また、寄り付き&寄り付き直後に前日比8%以上急騰してしまった銘柄も基本スルー。
ここまで急騰してしまうと、これで上昇終了、ズルズルと下落する展開に巻き込まれる可能性があります。



(3)13時頃と14時過ぎ

この時間帯も変化ポイントですので銘柄の動きを見たりしますが、あまり重要ではありません。
欲しい銘柄が安くなっていて、まだ期待できそうならこのあたりで拾うことがあります。




2.売り


(1)基本

利確優先の銘柄&利確優先にした相場状況の場合は、
+5%の上昇をした時点で利確するタイミングを計ります。
相場や銘柄の状況が良ければ+8%くらいまで粘ります。



(2)ロスカット切り上げ

基本的に+5%上昇したら逆指値を買値に設定、その銘柄では損失が出ない形にします。
ここからはいつ利確していくか検討していきます。

さっさと売りたい場面なら利確です。

逆張りの短期リバウンド狙いなど、値動きが激しい銘柄は利確優先で見ていきます。
右肩上がり、ストップ高に張り付いた場合のみ持ち越し処理していきます。



(3)持ち越し(上値追い)

右肩上がり、ストップ高銘柄など上値追いをする場合は、
「買値+5%」、「前日安値」、前日急騰していたら「上昇幅の半値水準」のいずれかの
もっとも高い値を逆指値設定し、利確ラインを切り上げていきます。



3.塩漬けしない!


よくあるご質問1にもちょっと書きましたが、
塩漬けは絶対しません!


塩漬けするとその分資金が拘束されますので、買い余力が減ります。
欲しい銘柄が以後買えなくなるなど、金額だけでなく時間的な損失にもつながりますので、
ダメならダメでさっさと処分します。

次の銘柄、他の銘柄でがんばればいいんです。
特に小型株や新興市場の銘柄は、株価が戻ってくる保障も乏しいので、
必ずストップロス入れて、最低の損失ラインを管理します。

逆指値入れてれば、それ以上損することは無いのですから。


4.ストレス無い運用方法


運用ルールを細かく設定していけば、それだけ対応できる状況が増えますが、
ルールが複雑になればそれだけ運用に負担が掛かります。


自分の管理できる範疇を超えてくると、かえってそれはマイナスですので、
自分にストレスの無いルールの妥協点を決めていきます。


まずは大雑把にルールを決めて、運用パターンを追加したいなと思った時に
都度検討していくのが良いと思います。




5.最後に


私は臆病な性格なので、利確優先寄りのルール設定です。
小型株や新興がメインなので利益幅よりも勝率重視です。
大型株メインにしている方はまったく異なってくると思います。


絶対こうしなければいけないというガチガチなルールではなく、
基本方針という形で決めていくとストレスが無いやり方だと思います。



実際にこれだけではないのですが、大まかに記載しました。

私は以上のことに、所謂地合いの良し悪し、その欲しい銘柄の方針(利確優先なのかじっくり見ていくのか)など分類して運用ルールを微妙に変えてます。
また飛び乗りデイトレの小幅益狙いなどの例外あったり、相場や銘柄の状況次第で臨機応変に対応することもしばしばあります。

結局、相場の良し悪しにしろ、銘柄の動き方にしろ、自分自身の感覚的なところに頼ることになるので、
上の方法は何でもかんでも機械的にできるものではありません。


ただ基本ルールを決めておくと、迷った時にルールに従うという指標ができます。
これだけでも、行き当たりばったりやってるのと随分違いますので、

ご参考になれば幸いです

閉じる コメント(1)

顔アイコン

参考になりました。
有難うございます。

2017/3/24(金) 午後 3:45 [ 青空レモン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事