motto

素敵な音楽と自然をどうぞ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
2013年10月6日ー市民会館うらわでリサイタルが開催されました=27歳の素晴らしい演奏でしたので御報告します。
 
プログラムは  J・ダウランドパイパーのパヴァーヌ
          F・ソル           ソナタCmajor op−15−2
          L・レニャーニ       カプリス 9番、16番、8番
          F・タレガ          アラビア風奇想曲
          H・バスケス        ソナタ2番
          A・バリオス        フリア・フロリダ、ワルツ4番
          久留智之         アラベスコ・マジコ
          L・ブローウェル     ソナタより
という500年に及ぶ音楽の遺産を見事に表現してくれました。
なかでもほとんど聴くチャンスがないバスケスのソナタ2番ー津軽三味線でフラメンコを弾いたような曲ーには衝撃を覚えました。ギターにはこんなことも可能なのか!!!と目から鱗が落ちました。
演奏後の質問コーナーで明らかになったギタリストへの道とは!!
サッカー少年だった大坪さんが、ギターへの道へ進んだのは、おやじバンドを組んでエレキを弾いていた叔父さんの格好よさだったそうです。当初はエレキを弾いていたのが、高校時代のブラスバンド部でコントラバスを弾いて、エリザベート音楽大学で師匠の佐藤紀雄との出会いをへて現在に至るとのことです。
マグドナルド奏法という左手の動きも新鮮でした。これは打ち上げでわかったことです。若者はチャレンジしてます。これからの活躍を期待してます。是非一度彼のコンサートに行ってみてください!!
 
イメージ 2
バックはA・バリオスのワルツ4番です。
(この演奏は145回例会で演奏していただいた谷辺さんのものです。円熟のバリオスです。
大坪さんのは新鮮なバリオスでした。違いの分かるお爺さんの感想です。)
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんばんは!
津軽三味線でフラメンコを弾たような?一度聞いてみたいですね。

若者の挑戦見ていても気持ちがいいですね〜
違いが分かるお爺さんも素敵ですね。

2013/10/10(木) 午後 6:01 [ toto ] 返信する

顔アイコン

totoさん
メキシコ人のバスケスは津軽三味線を聞いているようです。
そうでなければ、ソナタ2番は生まれなかったと思います。
津軽万歳!!

2013/10/10(木) 午後 11:53 [ mot*nak*3* ] 返信する

顔アイコン

いいですね!聴きたかったです!バリオスはフリア・フロリダも素敵な曲ですよね!バリオスのワルツ・・・なぜか村治佳織ちゃんを思い出してしまいました・・・。少しでも回復されているといいんですが。

2013/10/12(土) 午後 9:14 [ 心はいつも自由だ! ] 返信する

顔アイコン

心はいつも自由だ!さん
コメントありがとうございます。素晴らしい演奏会でした。
私もギター愛好家の一人として一日も早い回復を祈ってます。

2013/10/12(土) 午後 10:09 [ mot*nak*3* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事