motto

素敵な音楽と自然をどうぞ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
さいたまギターコンサートをきく会 148回例会 は
「ギターを作る楽しさと難しさ」でした。
講師の赤城昌孝さんです。(写真は会員の酒井さんの撮影です)
 
前日27年ぶりの大雪で、電車、バスがストップしたり、大幅に遅れました。
50センチの雪をかきわけて、赤城さんが飯能の駅に着いたのが10時でした。
浦和到着は11時半。なんとか間に合いました。
この日、雪をもろともせず50分歩いて時間に間に合うように準備していただいたスタッフの皆様及び会員の皆様ありがとうございます。
 
イメージ 2
ギター製作に必要な工具の一部です。鉋(かんな)は自作で、バスバーなどを削るそうです。親方から「鉛筆が削れればギターは作れる」という一言をいただいたそうです。ある会員から「鶴が折れれば、人形も怪獣も折れる」という言葉をいただきました。ものづくりの原点は、ギターも折り紙も一緒ですね。
 
イメージ 3
さっそく10年前と最近作ったギターによる二重奏を試奏
左は弦長65センチ、右は弦長61センチで形も大きさも音色も違います。このギターでしか出来ないサウンドで、心地よい弾き心地でした。聴いている人はどうだったのでしょうか?
 イチローの使っているモデルのバットを持って、バッティングセンターへ行っても、イチトーのように打てませんが、気分はイチローになりきれるかも?!
イメージ 4
音に多大の影響を与えるブリッジの説明。ここがポイントです。この裏には目に見えない力木(バスバー)が・・・・・・・な風に入ってます。削るのは専用の鉋です。
ギターがなければ、ギタリストは存在しません。製作家と演奏家の協力が不可欠です。そしてアマチアの購入も。偽物に騙されないよう素材や形も要チェックです。
質問も目白押しで、時間が足りないほどでした。
 
イメージ 5
こちらは愛器の診断です。「時間はかかりますが、必ず治ります」にホッ!
 
イメージ 6
明日の「バレンタインコンサート」も会員に宣伝です。
イメージ 7
4月6日は第二回試演会です。会員が一曲エチュードを演奏する会です。この日エントリーが10名となりました。「エチュードが弾ければ、ソナタも弾けます!」
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

こんばんは。

大雪で大変な目に遭われましたね!

演奏会、楽しみですね
腕前を発揮してくださいね!

2014/2/16(日) 午後 11:13 にこ 返信する

顔アイコン

にこさん
埼玉県でも観測始まって以来の大雪でした。まだ北側にはしっかり残ってます。「雪は天からの手紙である」と中谷宇一郎さんが言ってましたが、色々な便りを送ってきますね。コメント。ナイスありがとうございます。

2014/2/17(月) 午前 1:18 [ mot*nak*3* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事