ひきこもりマニュアル2005ExtremeEdition

ジオログより仕方なく引っ越しました。いまでもAMDびいきですが、静かに暮らしたい。

宝石だけでいいや

宝石は漫画の続きを早く読みたいんだけど、2巻の途中でたしか5話まで観てたアニメに追いついてしまったので、アニメを観なきゃなんだけど、ちょっと落ち着かない。夜は寒くなって布団の中で漫画読むかプライム観るか(最近観てないけど)なのでプライムじゃない宝石は漫画で先にネタバレしてから観てもいいかな。違い、もしくは忠実度合いを楽しむ。でも早くあのシーンが観たいみたいに急き立てられるのも考えもの。しかし寒いの我慢して28インチモニタで観るなら幾原作品一挙見直しとかやりたい。まとまらない。

この記事に

開く コメント(0)

したい

いきてるってふしぎ。異常なことだとおもう。無機物が物質の本来の姿。そういう気がした。

それよかクジラ、まったく観る気がしなくなった。ちょい困った。Kindleコミックまで買ったのに、あのシーンを読みたくなくて、そっちも進んでない。再開しようと思えばまだ出来るはずなんだけど宝石だけでいいや。

この記事に

開く コメント(0)

いや、BD持ってるけど

中二病でもがちょっと取り出せないのでプライムで観たいのでプライムに入って欲しい。
この際、片付けたい気持ちも多少はある。
隣の部屋は空いたけど、いや空いてたけど、まだ自分のもの置く気にはならない。
この部屋の中とせいぜい廊下の物入れでやりくりしたい。

この記事に

開く コメント(0)

これをラブプライムショックと言いたい。
いや、BD持ってるけど。

この記事に

開く コメント(0)

どうにもならないけど死亡診断書の誤嚥性肺炎っつーのは誤嚥させたの俺じゃんみたいに気に病むだろうからなるべく目に触れないようにそっとしておこう。心臓やばいって聞いてたし心臓だよみたいな感じで。
結局この土日もサンシャイン観てないな。
次はちょっと葬式だし。
気分転換にいいか。
ラブライブ無印がプライムから外れてたのを今日知ったのが地味にショックだった。
そんなときに病院から電話食らった。

この記事に

開く コメント(0)

『新米姉妹のふたりごはん』が1巻期間限定無料版でとったので即ダウンロードしたところ、前情報どおり姉妹百合ではなかったものの、安易にちゅっちゅしてしまう百合ものよりもやっぱこういうふうなのがいいなと思いますた。あおのあと同じ作者の安易にちゅっちゅする同人百合ものを探し出して読んでしまいますたが......。かなりヒットです。アニメ化して欲しいです。アニメ化されるでしょう。されないかな。アニメ化されたらKindle版が安くなったりポイントがついたりするので、それまでは期間限定無料版の記憶を抱きしめて待ちたいと思います。嘘です。そのうち買います。まだ4巻なので。ただKindleはわりと値段が上下するのでしばらく値下げを期待しときます。コミックス版を買って母に読ませていいくらいだけど、2巻以降百合百合になったりしたらあれなのでKindle検閲をその前に済ませたいのです。

この記事に

開く コメント(0)

あとは佳作と駄作

もっとなんか書きたかったんだけど、昨日はなんか眠かった。

関係ないけど源氏物語が面白いです。
源氏が嘘つきで抑制の出来ない男なのが素晴らしい。
若紫を攫って、その祖父に「わたしはいったいどうすれば」みたいな愚痴られても「どうでもいいよ。帰りたけりゃ帰れよ、車はだしてやるから」みたいなところがあって、惚れました。
ぬけぬけと嘘をつく場面は枚挙に暇がないので読んでいて気持ちがいいです。

この記事に

開く コメント(0)

まとめサイト等であらすじ(というかすじ、ストーリー、芝居にいたるまで)を熟知した上で観たサンシャインの1期は、それでも9話は号泣ものだったが、デレマスは不発。残念だ。中古BDとか買い集めてなくてよかった。

それよか、『ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ』は表題作だけだけど、傑作。あとは佳作と駄作。

この記事に

開く コメント(0)

訳ありませんでした

そういやSHIROBAKO2クール目BDチェック止まったままだったな。
忙しい。
デレマスは先日録画チェック終わってスッキリしたけど、感動がなかった。
不幸な出会い方をしてしまったのかもしれない。
あらすじを知って、というか調べて、これは泣けそうだな、と期待をしてしまったんだけど、名シーンと思われるものがやや虚ろに響いた。何も知らずに毎週毎週1話ずつ観ていたらドハマリできていたかも。

この記事に

開く コメント(0)

っつーことがわかった

とりあえず女の子同士きゃっきゃさせとけば百合オタが釣れるとか思ってんじゃあねーぞ、この○ソがぁあああッ!
っつーような低俗な、まあ男が絡まないだけマシという程度の作品ばかりなのかと百合漫画を侮っていました。申し訳ありませんでした。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事