ここから本文です
趣味のモトクロス
マイペ-スで楽しんでストレスフリー!

書庫全体表示

記事検索
検索
翌、日曜はコ−スリニュ−アルされた、RP生駒さんへ行って来ました。
朝の間、タマさんがミニユンボで、カチパンのコ−スをほじほじしてくださってました。
イメージ 1
なぜ、ミニユンボなのかな?と思ったら、ブルは修理中でした。
何処のコ−スも、古くなった重機の故障はつきもの。
早く治るといいですね。
イメージ 2
新3連ジャンプ!
イメージ 3
フ−プス。
イメージ 4
下市はサイレントデイ、阪下さんはAコ−ス貸し切りとの事で、大賑わいのパドック
イメージ 5
GoProで動画も撮って見ました。
最初、RM125のSさん、両足離れてちょっとヤバかったです。
後半はKXFのAさん、CRFのIさん、KTMのTさん。
450はトルクがあるので、3速のままでも走れるのですが、タイトタ−ンでクラッチ切るタイミングが悪いとエンスト連発でした。

デジイチ持って行ってましたので、写真もちょっとだけUP
イメージ 6イメージ 7イメージ 8イメージ 9イメージ 10イメージ 11イメージ 12イメージ 13イメージ 14イメージ 15イメージ 16イメージ 17イメージ 18イメージ 19
いつも、素敵な写真を撮って下さるカメラマンに写真を撮られるところを、こちらも、デジイチで撮る!(ナンノコッチャ!)
イメージ 20
と言う事で、コ−スリニュ−アルされた、RP生駒さんでした。
メリハリ効かせて、コ−ナ−リングの練習には良いと思いますが、休む所が無いので、体力のない私は10分が限界でした。
ここからは、このカメラマンさんから頂いた画像です!
いつもありがとう御座います。
イメージ 25イメージ 27イメージ 28イメージ 29イメージ 30イメージ 22イメージ 24イメージ 23イメージ 26
こちらも、カメラマさんのFBから、動画を戴きました。
フ−プス編!
こうやって見たら、YZ85のJ君、FC450の私、CRF450の塾長と3台見比べても、コ−ナ−の進入からのフ-プスの速度は悪くないかな。
(あくまでも、自己満足です)






エンジンオイル油温は85℃、適温でした。
イメージ 21

開くトラックバック(0)

200系ハイエ−スですが、駆動系オイルの交換時期になりましたので、土曜はヒラタ自動車さんへ行って来ました。
イメージ 1
まずはデフオイル交換から。
イメージ 2
オイルは、ASHのノンポリマー化学合成油PSEギヤ75W−90。
油量は約3Lです。
イメージ 3
勿論、ギヤオイル専用モリブデンも忘れず注入!
イメージ 4
お次はATF交換。
こちらは、ASHのVFSを6L。
イメージ 5
こちも、ATF専用モリブデンを注入。
イメージ 6
この日は、お知り合いのE24キャラバンにお乗りのSさんもデフオイル交換に来られてました。
イメージ 7

それで、交換後の変化ですが、駆動系のオイルを交換すると、フリクションが大幅に減るのが体感出来ます。
Dレンジにいれて、アイドリングのクリ−プ状態で車が凄く進みます。
今までブレ−キを引きずってたのを、解除したかと思うくらい違います。
そこからアクセルを踏んで行って加速し始めると、別の車に乗り換えたかと思うくらい軽く進みます。

凄く軽いので、燃費も伸びるだろうと思い、帰り道に満タン法で測定して見ましたら、リッタ−15.1km/Lの数値が出ました。

先週、同じ条件で帰り道に測定したのですが、13.1km/Lでしたので、2キロも伸びました。(約15%UP!


オイル交換後はコ−ス整備して置きました。
イメージ 8イメージ 9
ビフォ−
イメージ 10
アフタ−
イメージ 11




開くトラックバック(0)

今季一番の寒気

ニュ−スなどで報道されて関東より北の方は雪で大変との事ですが、近畿でも雪はちらほらで積もりはしていませんが、とにかく寒い。
イメージ 1
土曜は、下市へ行ってましたが、午前中はずっとミゾレ交じりの雪で、気温4度。
イメージ 2
2週間乗って無いし、せっかく用意して行ったので、乗りましたが、手はかじかむし、顔は雪で痛いし、コ−スはどんどんとマディになって行くコンディションでしたが、トラコン付き450の威力発揮で、何とか乗れました。
走行後の洗車は、たっぷり時間掛かりましたけど・・・。
写真はNAのカズヤくん、今年は選手権復活するらしいので、頑張って夕方まで乗り込んではりました。
他にも、ジュニアライダ−さん数名もマディ−練習されてました。
イメージ 3
午後、雪も止んで少し路面が良くなって来た時の動画。
パドックで使うスク−タ−、後輪の泥除けが割れて短くなってましたので、工場に捨ててあったビニ−ルシ−トの切れ端で、延長してみました。
これがないと、背中が泥はねで凄い事になってましたので、快適になりました。
イメージ 4

日曜は、員弁さん。
京都市内から滋賀県にかけてはずっと雪雲に覆われて道路も濡れてましたので、また、マディ−かと思いましたが、石榑峠のトンネルを抜けると、太平洋側の気候で晴れて乾いてます。
イメージ 5
いつも、捻ってるIさん。
イメージ 6
その他の写真はこちら。

IAの池谷選手の走りを撮ってみました。
マイクに当たる風の音が凄い事になって、お聞き苦しいです。

久しぶりのカチパンドライ路面に翻弄されつつ乗ってます。
それより、とにかく風が強くて、車が風で煽られて揺れ動くくらい凄い。
コ−スもちょこちょこ変わっていますが、イマイチ対応しきれずでした。
とにかく、風が強くて気温以上に体感温度が寒く、ジャンプも微妙に流されるし、午前中でテンションダダ下がり。
寒い時期に、無理して乗っても体が固いしそのうち集中力が切れて、怪我するのがオチなので、午前中だけ走って早めに撤収しました。
写真はお知り合いからFB経由で戴きました。着込み過ぎてモコモコです(笑)
イメージ 7

オマケ!

帰り道は、高速代節約で、R307信楽経由。
この辺り、内陸なので、昼間なのに、2℃くらいでした。
イメージ 8

員弁さん、レンタルバイク用に新車2台おろされてました!
イメージ 9

ネット動画で見つけた、便利そうな工具!
モンキ−レンチと、バイスプライヤ−が一緒になってます。
手の届かない車体の裏側とかにナットで締まってる場所など、一人で作業しにくい時に役立ちそうなので、買ってみました。
イメージ 10


開くトラックバック(0)

先週、インフルエンザに掛かって体調を崩しておりましたが、予防接種を受けていたのと、抗ウイルス薬が効いた様で、比較的早く熱は下がりました。
本来ですと、一週間休みを取るようにとの事らしいですが、サ−ビス一人の営業所ではそうも言ってられず、何とか月曜から、溜まった仕事をボチボチやっておりました。
週末は1日だけでもバイクに乗ってストレス解消とも思いましたが、天候不良でコースコンディションもイマイチの様ですし、無理せず養生する事にしました。
動画サイト見ながら、ダラダラしております。
にゃんこはいつもダラダラしてますけど。
イメージ 1

動画サイトのお勧めに上がって来ていたので、何気なく再生してみて、「なんだこの歌唱力は!!!」と、鳥肌が立ちました。
インタ−ネットでどういう方なのか調べてみると、福井県の現役高校生「荒巻勇仁くん」がボランティアで歌っているとの事。
素人の私に、音楽の何処が良いとかは分かりませんが、聞いていて歌に引き込まれるようなオ−ラを凄く感じます。



色々と関連動画を見ていると、お父さんの勧めでオ−ディションに応募して、その歌唱力を認められてプロデビュ−が決まったそうです。





話は変わりますけど、「ガレドリ改」さんの動画を色々と見ていると、エンジンチュ−ンの基本は吸排気の効率UPからで、インタ−ク−ラ−を大容量な物に変えたり、エアクリ−ナ−BOXの通りを良くしたりで、ノ−マルエンジンでも、吹けが改善するのを見て、自家用の200系ハイエ−ス、インタ−ク−ラ−を効率の良い物に取り換えて有る事を思い出しました。
お知り合いから譲ってもらった、Flex社製の高効率IC。青のガンコ−ト塗装で放熱効果もUPしているはず。
イメージ 2
それならば、エアクリ−ナ−も通りの良いのにしないと、効果半減だなと思いつき、こんなのをポチしました。
イメージ 3
但しこの製品、センタ−のロックナットで締め付けると、赤丸部分の樹脂が振動で割れやすい欠点が有ります。
製品の注意書きにも、強く締めないでくださいと書かれています。
イメージ 4
それじゃ、オフセットするスペ−サ−を作って、周りの外筒を押し上げるようにすれば良いなと思いつき、有り合わせの鉄板で自作してみました。
イメージ 5
こんな感じで、真ん中のM8ナットを締めれば、外側の筒全体を押し上げてくれるので、樹脂部分にストレスが掛からず、安心して使えます。
肝心の、エアクリ−ナ−を通りの良い物にしての効果ですが、エンジンのレスポンスは全体に上がりました。
アクセル踏み込んだ時の、タ−ボブ−スト感はかなり力強くなりました。
2.5Lのディ−ゼルエンジンですが、結構良い感じのトルク感で、背中をグイっと押してくれる感じになりました。
オマケ効果として、タ−ボがフルブ−ストしてる時に、アクセル抜くと、「パヒュ−!」と言う音がエアクリ辺りからするようになりました。
嫌な音では無いので、ありですかね。
イメージ 6
もう一つ、いつもお世話になっておりますモリブデン屋さんからの提案で、バッテリ−のターミナルにモリブデンのドライスプレ−を塗布すると、端子の粉吹き防止と通電性が上がって、電気の流れが良くなるとの事で、テスト。
イメージ 7
マイナス端子を外して、ターミナルのオスメス共に塗布。
塗布後に気が付いたのですが、普通、マイナスを外すとECUの学習値がリセットされるので、エンジン始動後暫くは噴射補正が掛かまで、振動と音がガタガタうるさいのですが、今回は全然しませんでした。
セルモ−タ−も心なしか、元気になった感じ。
フラシ−ボなのかわかりませんが、スム−ズさが増した気がします。
イメージ 8


先週の土日、寒いのに、車中泊したり、雨の中濡れながらバイクに乗ったりと、50代後半のオッサンには体力的にストレスが溜まってたみたいで、火曜の夜家に帰ると、やや寒気が。
熱めのお風呂に浸かって、速めの就寝!これで回復のつもりが、・・・。
チ−ン!
水曜の朝起きると、喉は痛い、体中の関節が痛い、なんか熱っぽい。
でも、前日に途中まで作業した修理車両が工場に有るし、納車の日時も決まってるので、取り敢えずコンビニで、ビタミンゼリ−とバナナを買って会社へ。
こういう時、一人でやってるサ−ビス工場は替えが効かないので、ホント困るんですよね。
市販の風邪薬PLも飲んで、気合で作業しますが、どう頑張っても、体に力が入らない!
このままだと、途中で動けなくなる予感がしてきたので、急遽予定変更で、今ある修理車両を取り敢えず動かせる所まで修理して、急がない修理項目の部分は後日に回すことに。
お客さんに、事情を説明して、なんとか理解して頂き、残りは後日入庫して頂く事で
OK。
何とか、昼頃までに作業を終えて、動けなくなる前に退社。
イメージ 1
掛かり付けの診療所が午後1時までの受付なので、ギリギリ滑り込み。
先生に、症状を説明すると、インフルエンザでしょうとの事で、検査。
感染からの時間の関係で検査結果に出ませんでしたが、症状からインフルエンザで間違いないだろうとの事で、治療薬を処方してもらいました。
イメージ 2
定番のインフルエンザ治療薬「タミフル」です。
イメージ 3
解熱鎮痛剤の「カロナ−ル」
イメージ 4
先生の診立て通り、その日の夕方には39℃近い高熱が出て、完全なインフルエンザの症状です。
処方された薬を飲んで、一晩寝ると、37℃台まで熱は下がりました。
イメージ 5
さて、ここからが大変です。
会社には、診療所でインフルエンザの診断だった事を報告、総務部は感染を防ぐため、一週間休んでくださいと簡単に言ってくれますが、一人で、修理も部品手配もやってる小さな営業所では、一週間も休んだら、大変な事になってしまいますので、取り敢えず、木曜、金曜を休めは、土曜日曜含めてと4日休めますので、何とか回復するでしょうって事で、2日間の休暇申請。
家に帰っても、会社の携帯電話で修理依頼や部品問い合わせもちょくちょくあるし、メ−ルも入って来ますが、事情を説明して、なんとか週明けに回してますが、手元のメモに沢山の項目があるのと、会社の事務所の机の上にも山の様にFAXが届いてるだろうと想像すると、いまから憂鬱です。
勿論、工場にも、修理待ちの車両が何台か入ってますし、以前からの修理予約分も何台も有りますしね。
イメージ 6
このブログを書いています、土曜の朝には何とか平熱近くまで下がりました。
症状が残っているのは、しつこい咳は有りますが、そのほかの症状はほぼ治まりましたので、日曜は工場に出て、事務所の書類をかたずけたり、部品手配とか、月曜の朝一番からの段取りはやっておかないと、ヤバそうです。

そういえば、今回のインフルエンザ、何処で感染したのかなと、考えても特に思い当たる物が無いのですけど、こんな記事がネットに出てましたので、コンビニやス−パ−でも感染はあるって事ですよね。

それと、インフルエンザの予防注射はしてたのに、感染したのはなぜ?と思ったら、完全に掛からないのではなく、掛かっても症状が易しいとの事らしいです。



インフルエンザで自宅療養中ひまなので、動画サイト見まくり中。
車関係のを良く見てます。
整備動画は色んなやり方が有るので、参考にする部分が結構有ります。

よく見てるチャンネルは

森本モ−タ−ス
ま-さんガレ−ジ
しょぼ-んの研究所
綾人サロン
車屋BOLD
たぬぐつチャンネル
トヨタムズ
グッド スピ−ド
GUNMA-17
京都はんなりチャンネル
RED MEMORY
ガレドリ改
(順不同)

200系ハイエ−スのデフ交換
ガレドリ改さん、免許取り立ての息子さんに、ドリフトを1から教える動画。
免許取り立ての初心者マ−クで、いきなりドリフト練習。
変な癖がつく前に、マシンコントロ−ルの基礎を体で覚えられるので、上達速いでしょうね!
バイクでも、他のスポ−ツでも同じでしょけど、最初が肝心なんですよね。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事