ここから本文です
趣味のモトクロス
マイペ-スで楽しんでストレスフリー!

書庫全体表示

記事検索
検索
昨日、リヤショックのスプリングをソフトから、ノ-マルへもどしましたので、コ−スで試して見る事に。
一昨日は、寒かったですが、日曜は天気も良く暖かいです。
コ−スはYUBA氏が朝からブルを入れてくれてましたので、ベスコンのテスト日和。
イメージ 1
コ−スに着いて、ダンパは標準ノッチの伸び側15、圧側15、高速2回転で走行して見ました。
フロントのエア−も、標準設定の10.5barでセット(ダンパも圧伸び共に15)

リヤのバネレ−トが42N/mから45N/mに強くなった分、伸びが強くて、やや前につんのめる感じがしましたので、乗車サグを再測定。
100mmから、105mmへ微調整。
伸び側ダンパも2ノッチ締めて(13ノッチ)で走行。

すると、セッティングがストライクゾ−ンに入ったようで、前後のバランスも良く、バイクの動きも全体にシャッキリとして、素早い良い動きをしてくれます。

ご一緒だった、YUBA氏が35〜36秒ペ−スで走行されてましたので、後ろに付かせて貰いましたが、良い感じで着いて行けます。

バイクの動きは速くなりましたが、乗り手の動きがそれに対応しきれず、やや置いてきぼり状態で、腕上がりをするようになってしまいました。

こちらは、慣れていくしかないので、頑張って練習あるのみです。

と言う事で、サスセッティング変更の結果は、正解でした。
イメージ 3

WPのサスは、辺りが出るまでに約20h程掛かると言う事の様です。
エンジンもちょうど慣らしが終わって、辺りが出て良く回る様になって来ましたし、これからが、乗ってて一番良いです。
(アワ−メ−タ−横の手書き数字はエンジンオイル交換時期です。)
10h毎の交換をしていますので、あと2.8hで交換予定。
イメージ 2



開くトラックバック(0)

サスセッティング変更

今日はメンテナンスデイ。
FC450のリヤショック、新車時に乗車サグが出なくて、ソフトスプリングにしていましたが、15hを超えた辺りから、馴染みが出てきた様で、良く動くようになったなと思っていました。
昨日、員弁MSLで硬い路面を走った際、入り過ぎて違和感を感じましたので、ノ-マルスプリングに戻す事にしました。
イメージ 1
組み直して、サグ測定してみたところ、スタティック40mmで、乗車100mmとなりましたので、こちらが良いようです。
ショックの性能はノ-マルスプリングで設計されている訳ですから、ダンピング性能や、フロントとのバランスを考えても、やっぱりこの方が良いと思います。
明日、試走して見て答えが出ると思います。
イメージ 2
メンテのついでにリンクのグリスUP。
グリスは、オリジナルのリンク専用モリブデングリス。
イメージ 3
リヤタイヤも、中古ですが、山の有るのに交換。
イメージ 4
自作タイヤチェンジャ−、タイヤをリムから外す際に、下へ押し出せるように、プッシュロッドを改良。
レバ−の支点も強度不足だったので、補強改造しました。
これで、次回から、タイヤをリムから外す際、ハンマ-で叩かなくても作業が出来ます。
イメージ 5
整備のついでに、ブレ−キオイルも交換。
ブレンボ製はDOT4フル−ド指定。
結構汚れてました。
(写真には無いですが、リヤも交換。)
イメージ 6イメージ 7
油圧クラッチも、フル−ド交換。
マグラ製も、同じくDOT4指定なので、同じオイルが使えます。
こちらも、結構汚れてました。
各部のマウントボルトも、締め付け確認。
やや、緩みが有る物も有りました。
イメージ 8イメージ 9

明日は、ご近所のAさんと下市へ行く予定。
サスのセッティングも良い方向へ行くはずですが、楽しみです。





開くトラックバック(0)

今日は祝日なんですが、うちの会社は労働日数調整で出勤日。
でも、「勤労感謝の日」ですし、トラックディ−ラ−さんもお休みなので、有給休暇を使わせてもらう事にしました。

って事で、HPでコースが変わったとなっていました、員弁MSLへお邪魔してきました。
取り敢えず、どんな感じか、見学から。
距離は22mくらいですけど、結構な高さなのと、着地が割とピンポイントです。
パドックでご一緒だったK君、FC450に乗って見たいとの事でしたので、初450体験。
2周目から、普通に乗りこなす所は、適応力が凄いですね。
おっさんがモジモジしてるジャンプもあっさり、綺麗に飛んでます。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4
こうやって見ると、高さ有ります。
イメージ 5イメージ 6イメージ 7イメージ 8
員弁は冬場になると、横風の影響が強いのですが、受付にこんな看板が!!
イメージ 9
これ、目安になってとても良いです。
イメージ 10
でも、この方には問答無用の様で、吹き流しが90度ですが、お構いなし。
イメージ 11
以前、横風で流されて散った経験が、トラウマになってる私は、今日は安全運転です。
新しいジャンプは、距離的には飛べそうですが、無理したら痛い目を見ますので、また今度、風の穏やかな日に再チャレンジです。
イメージ 12
このジャンプ、250Fだとアウト側からで加速が目一杯らしいのですが、K君にFC450乗って貰ってたら、あっさりイン側から綺麗に飛んでました。

その他の写真はこちらにUPしました。

風の冷たい一日でしたが、帰り道、滋賀県側への峠越えの際、山が白くなってました。
今年は暖冬とニュ−スで言ってましたが、季節は確実に冬へと進んでいますね。
そろそろ、スタッドレスタイヤに交換もしないといけませんな。
イメージ 13

開くトラックバック(0)

下市のコ−ス改良

土曜は、FC450のオイルフィルタ−を買いにヒラタ自動車さんへ。
イメージ 1
ついでに、こんなのも買っちゃいました。
フォ−クシ−ルドクタ−。
こんなのまで、ちゃんと、ハスクバ−ナカラ−のバ−ジョンが出てる所が良いですね。お値段もアマゾンより安いし。
イメージ 2
お買い物すんで、コ−スで前後タイヤが使い過ぎてましたので交換。
イメージ 3

今のコ−スになってから、2〜3年は変わって無いので、そろそろリニュ−アルしたいと思ってましたので、軽く打ち合わせした後、お昼休みに下見してみました。

ギャラリ−前2連ジャンプの後、池の周りのOコ−ナ−後の右コ−ナ−を曲がらずに真っ直ぐ上へ駆けあがる様に。
(赤矢印の方向)
イメージ 11
上から見るとこんな感じで、スク−タ−が置いてある先は、断崖絶壁ですので、つなげるにはかなりの量の土が必要です。
イメージ 12
立ち上がりは、矢印の方向へ下っていくようにします。
イメージ 13

と言う事で、やる事が決まったら、早速行動開始です。
13時に作業開始で、とにかく土を集めて、崖の下へ入れていきます。
イメージ 4
この時点では、下の崖はまだまだ程遠いです。
イメージ 5
こんな感じで、ひたすら作業する事、約3時間くらいで、何とか谷を埋めるのに必要な土が集まりました。
夕方から、フミフミさんがブルで応援に駆けつけてくれましたので、一気に作業が捗ります。
私が、ユンボで荒削りした後を、ブルでどんどんと仕上げていって、何とか日没ギリギリで完成。
イメージ 14
翌朝、明るくなってからの完成写真はこんな感じ。
アプロ−チに簡単な飛び出し斜面を付けました。
イメージ 6
着地側はこんな感じ。
イメージ 7
立ち上がり側はこんな感じ。
イメージ 8
下り斜面もコ−ス幅を広く取って有るので、安全です。
イメージ 9

走行動画は、こんな感じで、色んなライン取りが出来て、良くなったと思います。
細かな修正箇所は有りますが、概ね良いのではないでしょうか?




先週、壊れているのが判明した、放送用スピ−カ−もひらっぴ−さんと夕方交換。
良い音出ますよ。
イメージ 10
ヘルカメ、ひらっぴ−さんと走って見ました。


各社の新型モデルの試乗会が開催されて、沢山のお客さんがいらしてました。
写真はお昼のエキシビションレ−スの模様
イメージ 1
ブ−スも盛り沢山です。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 3
イメージ 2


上のモトクロスコ−スは通常営業でしたので、私も運動不足解消に。
イメージ 16
お隣のパドックだった、若手ライダ−さんにデジタル一眼レフあるので、撮らせてとリクエスト。イメージ 6
お天気良くて、埃も立たずで、撮影にはとても好条件でした。
空気が澄んでるので、色が綺麗に出てます。
イメージ 7
ちょいと逆光ですが、このアングルも良い。
イメージ 8
雲一つない青空で、バイクが生えます。
イメージ 9
しっかりカメラ目線!
イメージ 10
フィニッシュの2連ジャンプ、結構上がってます。
イメージ 11
下りテ−ブルを連写モ−ドで。
イメージ 14
イメージ 13
イメージ 12

イメージ 17イメージ 19イメージ 20イメージ 18

イメージ 21イメージ 24イメージ 23イメージ 22
良い画が撮れました。
また、機会が有れば撮りましょう。
イメージ 15

デジタル一眼の動画モ−ドでも撮って見ました。






















開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事