知らないと怖〜い整骨院の話(Yahoo版)

整(接)骨院ではびこる健康保険詐欺は年間4千億円以上の医療費に!!

全体表示

[ リスト ]

HP
http:// syugiry oin-ota ni.jimd o.com/

↓記事内容↓(一部編集を加えています)


 柔道整復師とは「整骨術(ほねつぎ)」の技術を身につけ、接骨院などで骨や関節の障害を改善させる人のことだ。肩こりや腰痛などの慢性的な疾患や病状には健康保険が使えないが、不正請求は後を絶たない。知らないうちに加担しているケースもあるから要注意だ。

 都内の会社に勤務する40代の女性は、10年以上もの間、肩こりや腰痛に悩んできた。自宅の近所に整骨院ができると、渡りに船と通うようになった。1回の施術時間は30〜40分。支払額は1500円ほどだったが、整骨院のスタッフから言われるままに、健康保険を使っていた。

「健康保険が使える、という看板が出ていたので、『ここならいいかな』と思ったんです」

 そんなとき、友人から、慢性的な肩こりや腰痛には健康保険が使えず、保険を使うのは違法行為だと指摘された。

「どんな治療に健康保険が使えるのか、あのような看板ではわからない。こういうことはもっと早く知りたかった」

 この女性は不正請求があることを知ったいま、整骨院には通っていないという。

 接骨院や整骨院による健康保険の不正請求は、これまでもさまざまな形で報道されてきた。医業類似行為の問題に取り組む整形外科医のK医師(K整形外科院長=大阪府M市)は、こうした問題が起こる背景について、「多くの人が、柔道整復師の本来の業務について詳しく知らないので、つい彼らに言われるまま健康保険を使ってしまっているのではないか」と指摘する。

 そもそも柔道整復師の業務範囲は、打撲やねんざ、肉離れ、骨折、脱臼で、主に急性のものに限られる。骨折や脱臼は応急手当てを除き医師の同意が必要だ。これは整形外科医がいまほど多くなかった時代に、骨折など急性の外傷の応急処置を柔道整復師が担っていたためだ。そしてこの5疾患では、確かに健康保険を使って施術を受けられる。

 一方で、「肩こりや腰痛の改善、疲労回復などを目的にしたマッサージは、柔道整復師の業務範囲ではない」とK医師は説明する。

マッサージや指圧を生業としたいのであれば、『あん摩マッサージ指圧師』の資格を別に取る必要があり、この資格がなければ、無資格者による施術と変わりありません。いまは骨折や脱臼をしたら、整形外科医に通うのがご時世で、接骨院や整骨院が本来の業務だけで生計を立てるのは非常にむずかしい。だから範囲を超えた施術をしてしまうわけです」(K医師)

 ほかにも、診察やX線検査などをして診断することや、外科手術や薬を投与するなどの治療は認められていない。

 健康保険の不正請求の実態については、会計検査院が2010年に報告した調査がある。長期間、あるいは3カ所以上にわたって何らかの施術を受けた人(203施術所、940人)に対し、面会または電話で聞き取りした内容がまとめられている。

 これによると、施術所(接骨院や整骨院)が保険者(健康保険組合など)に提出する「療養費支給申請書」に記載した負傷部位と、施術を受けた人が施術所に申告している負傷部位が異なっていたものが、66%もあった。また、実際の施術を受けた原因が日常生活で起こる肩こりなど、本来なら健康保険が認められない症状だったものが50.7%と、半数以上に及んでいた

 整形外科院長Y医師によると、

「根底には養成学校の乱立、卒業後すぐに開業出来る事等があり、制度上の問題解決が重要です」

また、こうした整骨院の問題はマスコミにも一因があるとK医師は語る。

テレビ番組等で、柔道整復師が肩凝りや腰痛、疲労など、本来柔道整復師の施術対象では無い症状に対し、施術を行うシーンが放送されている。あるカリスマ柔整師が、腰痛持ちの芸能人に対し、診断行為を行なった上施術を行いますが、これは柔整師法だけではなく、医師法違反にも触れる内容になっており、視聴者の誤解を生みます」

Y医師も

「テレビに出る柔整師がこういう施術ををすれば、それを行う職業だと思われます。なかには、医学的に大変危険な行為と思われるものもあり、重大な健康被害を生む問題を含んでいます」と語った。

もうひとつ誤解を生むのが「各種保険使えます」「各種保険取り扱い」といった看板の文言だ。

本来、接骨院・整骨院の看板は、氏名、住所、施術所名等、決められた内容しか広告出来ないのだが、上記の「各種保険使えます」や、「肩、首の痛み」などの違法看板が後を絶たない。

奈良県橿原市は、こうした違法看板について取り締まりを、昨年4月から指導員を雇い、訪問指導を行っている。

保険医療課職員は、「確かに違法看板は多いが、指導すると案外しっかり対応してくれる。行政の取り組みが必要だと思います」と語る。

Y医師は、「本来、保険請求が適正かどうかは、保険者が調査、判断すべきです。また、一般の人にも適切な施術を受ける様啓蒙活動も大切」と、健康保険組合の取り組み不足を指摘した。

一方、柔道整復師側の考えを聞こうと、日本柔道整復師会のK会長に取材を申し込んだが、事務方が、事前に取材内容を詳細に示さない事を理由に拒否にあった。

(以下、省略)


★応援メッセージを戴きました★
 
同業者の方からのメールは大変勇気付けられますし、是非、声を上げる事もお願いしたいです。

ブログ↓で紹介している大阪府、厚生局、厚労省のHPから「整骨院の不正請求何とかしてくれ!」の声を集める事です。

お願いします。


■件名


■お問い合わせ内容
先生はじめまして。
実費診療で二本の腕だけで頑張っておりますが、先生の情報は以前から読ませていただいておりました!

関西で開業してますと、よく「保険で安く揉んで欲しい!」とか「あそこの整骨院だと保険がきくのに、ここは高い!」とかという、不条理なことを経験することが多く、そんな「他人の家の芝生」をなるべく気にしない様にしていても、経営には直結するので、やっぱり困りますわ。

最近でも、交通事故の詐欺なんてのもまたあって、そういうのがまた美容鍼灸や耳つぼダイエットなんてのまで手広く商売しよります。

なんでもありのカネ稼ぎ・・・

特にグループでやってるとこなんか、宣伝や看板もなんでもありで、ほんま困ったもんです。

先生、頑張って下さい!



★このブログ主は、整骨院で整体の施術を受け、重大な健康被害を受けた方です。

「なんとなく脳脊髄液減少症・・・」
http:// blog.go o.ne.jp /myswee tdaddy

↑↑整骨院で整体を受け重傷を負った方のブログ-ご覧下さい

肩こりの治療に整骨院を選び、整体の頚椎スラスト術を受けた事で、脳脊髄液減少症に似た症状に陥り、普通の日常生活すら送れなくなった方のブログを紹介します。

(注)脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)とは、脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏出することで減少し、頭痛やめまい、耳鳴り、倦怠など様々な症状を呈する疾患(Wikipediaより)



★整骨院の不正請求に健保組合が怒りの制裁(超オススメ!)

過去にTV報道された映像をご覧下さい。また、コメンテーターの方々の意見も是非、参考にして下さい!!


http:// www.veo h.com/w atch/v1 7470111 QY6egAw 3

http:// gogoued a.exblo g.jp/ ←(↑の映像後にどうぞ)


★不正請求が多発するワケ…接骨院業界の討論会で見たり

http:// www.veo h.com/w atch/v1 6675565 rEaPP2X j


情報提供のお願い。


整骨院の不正請求に関わった事のある方も情報をお待ちしています。

1:肩こり、腰痛などの生活習慣症状で健康保険を使えた方

2:医師の同意書が無いのに、鍼・灸の施術で保険を使えた方

3:通院回数が実際よりも多く保険請求されていた方(願:写真添付)

4:その他、整骨院の不正請求に関わる話がある方(無免許者に施術された等)

是非、お願いします。



「お問い合わせ」↓(返信用メルアドお願いします)

http:// www2.hp -ez.com /hp/syu gi-otan i/page6




★整骨院の不正請求を通報したい方は↓

●近畿厚生局 HP上にある「ご意見・ご要望 、お問い合わせ(ご質問)」から


http:// kouseik yoku.mh lw.go.j p/kinki /

(各県にも支部があるので、そちらへもどうぞ)
 
●大阪府 福祉部 地域福祉推進室 指導監査課

メール お問い合わせ

https:/ /www.sh insei.p ref.osa ka.lg.j p/ers/i nput.do ?tetudu kiId=20 1210001 4

電話:06-6944-6682 06-6944-6660
 FAX:06-6944-1982

その他、各市町村国保、加入されている健保組合への通報先は各自でお調べ下さい。



★厚労省が認めた「医業類似行為に免許は必要だ!」(最後の2分に回答あり)


http:// www.you tube.co m/watch ?v=HjkG 6rcxx4s &featur e=youtu .be


★読売テレビ「ten!」で放送された整骨院不正請求映像-完全版です。
(1)


http:// www.you tube.co m/watch ?v=OUa2 JQ_1IMM

(2)


http:// www.you tube.co m/watch ?v=TWOy zMy1OQ8

(3)


http:// www.you tube.co m/watch ?v=tLbN lvvvYSg






★とくダネで放送された「整骨院不正請求」の映像がyou tubeにupされていましたが削除されました。

再UP御願いします。

放送内容は

http:// blogs.y ahoo.co .jp/mot orboy39 /308376 98.html




★整骨院で整体を受け重傷を負った方のブログ-ご覧下さい★

肩こりの治療に整骨院を選び、整体の頚椎スラスト術を受けた事で、脳脊髄液減少症に似た症状に陥り、普通の日常生活すら送れなくなった方のブログを紹介します。

「なんとなく脳脊髄液減少症・・・」
http:// blog.go o.ne.jp /myswee tdaddy

(注)脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)とは、脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏出することで減少し、頭痛やめまい、耳鳴り、倦怠など様々な症状を呈する疾患(Wikipediaより)





★整骨院・接骨院の不正請求撲滅の声を届けましょう★

社会保障制度改革国民会議 御意見募集(個人用)

https:/ /www.ka ntei.go .jp/jp/ singi/k okumink aigi/go ikenbos yu_koji n.html




★整骨院の不正請求報道や、国民生活センターで報告された「マッサージ・整体・カイロなど」の施術による健康被害報告など、多数の資料を以下でご覧になれます。

↓(資料館をクリック)

http:// syugiry oin-ota ni.jimd o.com/




◎整骨院不正請求は、国保・後期高齢者医療制度が圧倒的に多いという事実が、以下のデータでご理解出来ます。是非、ご覧下さい。

=全国保険医団体連合会-平成19年度=

整形外科診療所 入院外レセプト   
5820万件中、捻挫打撲全体で360万件(6.1%)
三部位以上の捻挫打撲は9万件(2.4%)

柔道整復 レセプト   
3700万件中、捻挫打撲全体で3680万件(99.2%)
三部位以上の捻挫打撲は1870万件(50.5%)


★企業健保組合の3部位以上の都道府県別構成(平成23年4月〜9月)

多い県

奈良県 1部位(5%)  2部位(66%) 3部位(29%)
福岡県    (8%)     (67%)    (26%)
大阪府    (6%)     (68%)    (26%)
徳島県   (10%)     (69%)    (21%)

少ない県

愛媛県 1部位(34%) 2部位(63%) 3部位(3%)
宮崎県    (34%)    (61%)    (5%)
山形県    (38%)    (56%)    (6%)
青森県    (25%)    (68%)    (8%)

平均 1部位(15%) 2部位(67%) 3部位(18%)



★国保・高齢者医療制度加入者の三部位以上の捻挫・打撲(厚労省22年度)


大阪府 74.5%(79.5%)
徳島県 72.4%(77.6%)
奈良県 65.4%(76.9%)
兵庫県 62.0%(78.1%)

岩手県 15.6%(19。0%)
山形県 18.3%(23.6%)
青森県 20.2%(26.3%)
愛媛県 21.6%(24.0%)



上記データを見ても、3部位以上で柔道整復師を受診したと推計される1.860万件は、整形外科を受診した9万件の約200倍となり、柔道整復師の請求の50.5%が3部位以上であることは、如何に「整骨院内で不正な請求」が行われているか判る内容になっている。

また、健保組合での三部位以上の捻挫・打撲率も、審査の甘い国保・後期高齢者医療制度が圧倒的に多く、整骨院が狙い打ちしている事も判ります。




旧HP(文字が大きく見易いです)
http:// www2.hp -ez.com /hp/syu gi-otan i/page1 /124341 0895

知らないと怖〜い整骨院の話(Yahoo blog版)
http:// blogs.y ahoo.co .jp/mot orboy39

知らないと怖〜い整骨院の話(excite版)
http:// honesag i.exblo g.jp/

続:知らないと怖〜い整骨院の話
http:// plaza.r akuten. co.jp/s irakowa /

旧:知らないと怖〜い整骨院の話
http:// plaza.r akuten. co.jp/s irakowa seikots u


この記事に


.


みんなの更新記事