ここから本文です
コキバラ ブログ
ちょい工事中

書庫全体表示

うだうだカメ

台風で早帰り、思う事をそのままアウトプット


カメの飼育は入荷状態が大事。
ソリガメで言うと
難しい難しいと巷で言われてるけど飼育自体はそれ程ではない。
入手時の状態に左右されるんではないかな。
まだ1年しか飼育してないし、1匹死なせてしまってるので説得力無いけど。

いなくなってしまった1匹は今いる2匹よりかなり手こずりました。低調維持と言うか。
新たに2匹迎えて状態の違いが良くわかった。
未知の種類は比較対象がいないと何とも言えません。
状態の良し悪しを判断するには同種の個体をたくさん見るしかないのかな
種類毎の特徴を覚えると言うか
特にソリガメは他のリクガメに比べて特殊ですし。

その中でこの種のはこう有るべきって感覚が掴めれば良いかと。

時間はかかるけど飼育の基本を徹底し、日々の観察を怠らなければわかってくるかと。

日々の観察をしっかりやらないと丈夫と言われるヘルマンやホウシャの飼育もおぼつかないと思う。

何が言いたいかと言うと
リクガメは長寿であるから好きでないと飽きが来る、そこにミスが発生したり世話がナァナァになってしまう。
カメに関わる時間が1日1時間としてもそれを30年程続ける熱意が必要なわけです。
リクガメは毎日の世話が基本でヌマガメみたいに週2で水替えってワケにはいかない。
流通量や価格で妥協せず本気で飼ってみたい種類を飼う。
それが状態良く飼う為には必要な気もする。


さて
現時点の我が家のソリガメの状態を「良」とし、まずは維持する事に努力します。

今の2匹を結石か事故以外で殺さない自信は有るけどどちらかがダメだったらソリガメ諦めるかも

後は
ウチの2匹はワイルドだと思うけど
EUCBは飼いやすいんじゃないかなと思ってる
他種と同じケージで飼ってる方がいるけど順調に飼えてるみたい


クセが有るけど魅力的なソリガメさん

イメージ 1


イメージ 2

つぶらな瞳

イメージ 3

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事