「グリーンシグナル」同様、いやそれ以上に、本欄も失礼しっぱなしでした。
皆様にお詫びいたします。
若干、心の余裕がここのところ出来てきた感じですので、これから少しづつ記していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

それにしてもyoutube動画は、かつてのmotorracingの懐かしいマシン群等を掲載していてくれ、楽しませてもらっています。

この辺から次回ははいっていくつもりです。
よろしくお願いいたします。
Youtubeで懐かしい動画を発見し、しばし楽しんだ。
ひとつは(CAN−AM用?)チャパラル(シャパラルともいう)2Jで、いわゆるファンカー。
F1でもアルファロメオが採用したことがあったが、私が直接動く形で「Jカー」を見たのは多分始めてだと思う。
ジム・ホールの作品は、ほとんどが野心作といえるが、Jカーのそれは、巨大な2枚のファンがうなりを上げるど迫力あるもの。

もうひとつはバイクだが、Honda250sixのウオーム、そして走行が物凄く、、夢に出てきそうな迫力であった。
250ccで並列6気筒という、当時信じ難いレイアウトのマシンのうなりは、これまたど迫力そのもの。

いづれも1960年代のものだが、今の画一的なF1カー、2輪グランプリマシンのレイアウトからは想像外のものである。
別に現状を否定してこれを書いたわけではないが、メランコリックなものを求めていたのもこれまた真音である。
雑感もので失礼しました。
kei.
当方の都合で誠に申し訳ありません。
これまで1回しかアップしていませんが、「F1ドライバーズ・プロフィール」を中止させて頂きます。
別の機会に、続きか似たような企画を掲載することをお約束してお許しを乞う次第です。
kei.
本ブログのテーマのひとつであった「−seen1991」のベーシックとなるべき、1990年ドライバーズ・プロフィールのミニ資料がひょんなところから出てきた。
もちろん1990年のドライバーズに関する資料は他にも十分にある。
が、今回紹介しようというのは、取材時に文字通りポケットに常時しのばせていたミニ本(豆本)で、私にとっては、当時かなりの役に立ってくれた代物である。
それだけに、すべてに渡って簡潔に記載されている。
タイトルは「1990 Grand Prix Driver Guide」−Marlboro AUTOCOURSE」−100ページにも満たないものだが、35人プラス1のドライバーのプロフィ−ルが各自見開きに展開されている。
ゼッケン順(13番は欠番)に配された最初のページは1番がフェラーリのアラン・プロスト、2番が同じくフェラーリのナイジェル・マンセル。
右ページに顔写真、その下に自筆のサイン、反対ページに生まれ、デビュー、戦績等が記されている。
各回、2名づつ紹介していこうと思っているが、記している段階でスペイン・グランプリの本番が迫ってきたので、残念ながら今回はここまでで勘弁して頂くことにしたい。
そう時間をかけないで再開することを約束して....。
スターリング・モスが最近、「ポルシェ・スパイダーRS61」をオークションで落札したというニュースを知った。
値段が1億5000円、モスが80歳、病床中での落札と聞いてびっくりしている。
 
1961年製RS61の製造台数は14台と言われる。
希少価値が高いのは当然かもしれない。
 
マニュファクチャラーズ・チャンピオンシップに出場していたポルシェ・ワークスが、タルガフロリオなどに、1960年代前後に走らせたのがRS550、RS60、RS61などであった。
(レンシュポルトの頭文字を取ったのがRSと認識している)
 
そしてRS60/61(写真)が挙げた勝利は10勝以上だったと言われている。
 
私は、この時代の、このRSシリーズがたまらなく好きだった。
だから、今、このRS61にお眼にかかれるとは想像もしていなかったので、どんな形であれビックリと同時にうれしさがこみ上げてきたので採り上げた次第。
 
ただこの辺を語り始めると、とめどがないので、モス氏の健康回復を祈って今回はここまでにする。

イメージ 1

イメージ 1

いよいよ始まったF1グランエプルーブ。
もちろんF1もいいけれど、3.15に発表されたル。マン24時間挑戦車「audi R15Plus]も、久々に見るプロトタイプスポーツカーとして、ある種の興奮を伴って見させてもらった。

去年の同レースで、プジョーに勝利の座を奪われたアウディ・チームが、雪辱を期して製作した野心作である。
でかいヘッドライトを擁した精悍なフロント部、流れるようなエアロボディ...ますますの熟成を重ねるアウディ車「R15Plus]は、この後フロリダ・セブリングで十分なテストを受けた後、ル・マンの本番を迎えることになる。

photo:audi motorsport

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事