ここから本文です
趣味一筋30年〜オオクワガタブリーディングを楽しんでいます!
毎度ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お気に入り+お友達登録も含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


本日フォーテックさんからクヌギマット到着〜元祖MOTOKI-WE系統のマット交換は昨日報告済み???別ロッドの成長が早くマットが全く足りなくなり緊急SOSした次第です(笑)

イメージ 14



● 昨日に続き本日も元祖MOTOKI-WE系統のマットボトル交換やりました!!

イメージ 2


幼虫飼育講座の目的は安全にオオクワガタを成虫まで育てること!ということで栄養素など無添加のフォーテック製「産卵1番マット」大きく育てることは期待できませんが安全に育てるという意味ではピッタリ??ですね(笑)

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


● ちなみ超爆発ライン♀コーナー/残っていた最終ロッドもパターン通り低温庫に移動〜これでH29ver♀は全て低温休眠期間となりました。今後は低温庫から戻すタイミングだけで希望通りに蛹〜羽化時期をコントロールできます。

イメージ 6


自然早期蛹化〜羽化しているボトルはないか?低温庫に移動するときは注意深くチェックします。

イメージ 13


このまま放置しておけば蛹化しそうな雰囲気???幼虫任せの自然早期より通常パターン!迷わず低温休眠です。

イメージ 8


こういうタイプは温室に移動することで簡単に蛹化を誘発できます。もちろん体重的にここで蛹化させてもそれなり以上は確定??当方の楽しみはそういうことではないんですよね(笑)

イメージ 11


イメージ 12



低温庫での管理はキノコの発生に要注意!マスキングテープで蓋を固定することは基本です。それにしてもデカイ!!ボトル期首からかなり成長している様ですね(笑)

イメージ 7


イメージ 9


● スッキリした超爆発ライン♀コーナー&元祖MOTOKI-WE系統のマットボトル〜今日もいい仕事しましたね(笑)

イメージ 10

この記事に

毎度ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お気に入り+お友達登録も含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


イメージ 2



日々、たくさんの子供さんからオオクワガタのお礼のお手紙が当方の手元に届きます。ここ最近の内容は新年早々に福島県ムシテックワールドにて開催されたプレゼント企画に当選された子供さんからの様ですね。「一人でも多くの子供さんにオオクワガタを楽しんでもらいたい」今シーズンもコンセプトは同じです(笑)

イメージ 3


昨年末ムシテックワールドに送ったたくさんのオオクワガタは展示用?プレゼント用?正直、寄贈した後のことは担当者さんに全て一任しており子供さんからのお手紙で初めて用途を知る訳です(笑)

イメージ 4



● オリジナル純血種作出計画/Yahoo!ブログバージョン

イメージ 13



● 今シーズンも「白い眼のオオクワガタ幼虫飼育講座」全開バリバリで開催します(笑)

イメージ 5


元祖MOTOKI-WE系統コーナー/基本的に幼虫飼育講座用に育てています。

イメージ 6


子供さんを対象にした飼育講座につき安全第一を前提にマット飼育!少しでも大きく育てる意味で当方のブリーディングルームではプリンカップにて飼育しています(笑)

イメージ 7


元祖MOTOKI-WE系統の飼育パターンとしてはプリンカップで3齢まで育てマット飼育に切り替えます。

イメージ 16


イメージ 8


ムシテックワールドのスタッフさんは昆虫飼育に関して素人??ここまで育てておけば何も心配はありませんね(笑)

イメージ 9


マット飼育に使用するマットは昔からの知り合いフォーテック製のクヌギマットです。

イメージ 15


イメージ 14


イメージ 10


簡単なラベルを貼って完成です!!

イメージ 11


産卵セット→超初齢で割り出し→プリンカップにセット→マットボトルに交換→ムシテックワールドに発送!!そういう流れで元祖MOTOKI-WE系統は年中ブリーディングしています(大笑)

イメージ 12


● 福島県ムシテックワールド内に設置して頂いている当方の展示コーナー/オオクワガタに関してだけは昆虫専門店に負けないレベルにすることが当方の念願です。

イメージ 17


イメージ 18

この記事に

毎度ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お気に入り+お友達登録も含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 2


正月3日開催に続いて今週は京都・中山・中京の3場開催!昨日の土曜競馬は全敗で連敗記録更新・・・今日こそ中山メイン京成杯で連敗ストップ!といきたいですね(笑)本命はエイムアンドエイド〜もちろん人気はありません(大笑)

イメージ 3


オシャレでも同期圧倒??ファッションリーダー清宮幸太郎???さすが大スポの記事ですね(笑)

イメージ 1


● 本日は早朝から菌糸ボトル詰め!仕上げボトル1400タイプと800タイプを各20個詰めました(笑)

イメージ 4


本業多忙につき現在ではほとんど既製品ボトルを使用していますが基本的に菌糸ボトル詰めは大好き???絶対に自作ボトルを使いたい時や時間に余裕があるときは率先してボトルを詰めています(笑)

イメージ 5


タイミングにもよりますが当方が使用するブロックはできるだけフレッシュなモノを工場から直送してもらいます。皮膜がほとんどありませんが菌糸さえしっかり回っていれば何ら問題はありません。

イメージ 22



本日の予定はブロック10個〜その程度の詰め作業そのものは何ら問題はありませんが几帳面で潔癖症につき詰めるまでの準備と作業後の掃除の方が大変ですね(笑)

イメージ 6


衣装ケースはもちろん、使用する器具など作業前は必ず熱湯やアルコールで消毒しています。

イメージ 12


イメージ 13



せっかく自作するのですからゆっくり時間を掛けて可能な限り丁寧に詰めます。今回は最終ボトルに使用する仕上げボトル〜詰め加減にも当方なりのこだわりがあります(笑)

イメージ 7


キノコはもちろん!菌糸の皮膜は可能な限り取り除きます。

イメージ 8


過去の専門誌にも書いていますが仮に当方がオオクワガタ専門店という立場なら使用するステージに合わせた詰め加減の菌糸ボトルをご用意します(笑)

イメージ 9


クワガタ友達の虎壱さんから頂いた「アトム号」菌糸ボトル詰めがますます楽しくなりました。

イメージ 14


イメージ 15



ブロック10個から仕上げボトル1400タイプと800タイプを各20個詰めました。ブロックの水分量や菌糸状態もバッチリ!5日後〜かなり良い仕上げボトルが出来上がるでしょう(笑)

イメージ 10


イメージ 11


詰め作業の後は徹底的に大掃除!潔癖症につきどちらかというとこちらの方が大変です(笑)

イメージ 16


掃除機はもちろん衣装ケースなどもキレイに洗浄〜大事なプレス機も外で掃除します。

イメージ 17


イメージ 18


作業場のアルコール殺菌やゴミ箱などの殺虫剤は基本!ちなみにそれが原因でオオクワガタが死んだことはありません。

イメージ 20


作業前の状態に戻してお香を焚いて本日の詰め作業は終了となります(笑)

イメージ 19


イメージ 21

この記事に

毎度ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お気に入り+お友達登録も含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


本日(1/13)の大阪市中央市場〜夜明け直前の気温は0℃???朝の早い仕事には辛い季節・・・とはいえストーブや暖房器具ご法度の鮮魚や水産関係業者さんから比べればエアコン全開の当社なんて全然マシ!とのこと、今さらですが楽な仕事はないですね(笑)

イメージ 2


イメージ 14



● オリジナル純血種作出計画/Yahoo!ブログバージョン

イメージ 11



● 昨日ご紹介したMOTOSP系統♀コーナーは蛹〜羽化ラッシュ!!

イメージ 3


蛹化中のボトルにキノコ発生!!この時期は菌糸ボトルの日数や雰囲気に関係なくキノコが発生することがよくあります。蛹室内にキノコが見える場合は要注意です。

イメージ 4


蓋を開けると・・・菌糸ボトルに発生するキノコは生理的にダメ!蛹が大丈夫とかではなくこういう場合は迷わず人工蛹室に移動します!!

イメージ 5


イメージ 6


デカイ!!このレベルの特大♀をキノコが理由で羽化不全では飼育技術を問われますね(笑)

イメージ 7


イメージ 12


ちなみにラベルのサイズは楽に50mmUPですね(笑)

イメージ 17


こちらもデカイ!!というか長い(笑)

イメージ 8


イメージ 13



基本的に人工蛹室に移動するのは得意中の得意!!ついでにちなみ系統超爆発ラインの特大蛹も取り出しました(笑)

イメージ 9


デカイ!!というか太い!体長的にMOTOSP♀と同レベルだとしても超爆発ラインはやっぱり迫力が違います(笑)ちなみにこの特大蛹は当方の嫌いなボトル2本の自然早期蛹化パターンですが・・・もしかしたら超優良♀かも???(笑)

イメージ 16


イメージ 15



特大蛹×3頭は人工蛹室に移動完了!蛹の雰囲気からまず完品羽化??今シーズンも当方のブリーディングルームは絶好調の予感ですね(笑)

イメージ 10

この記事に

毎度ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お気に入り+お友達登録も含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


本日の大阪は最高気温5℃??オオクワガタの低温庫(8〜10℃)よりはるかに寒い1日でした。午後から少し時間ができたので久しぶりにDVD観賞「野菊の如き君なりき」伊藤左千夫先生の名作「野菊の墓」を映画化した大ヒット作!木下恵介監督の映画は大好きです。

イメージ 2


イメージ 12



● オリジナル純血種作出計画/Yahoo!ブログバージョン

イメージ 10



● MOTOSP系統♀コーナー/通常パターンはもちろん!強制早期パターンもパターン通り蛹化〜羽化ラッシュ!!完璧にハマっていますね(笑)

イメージ 3


強制早期パターンや通常パターンに関わらず当方の飼育パターンの肝は「低温休眠」低温休眠→常温→ボトル交換でキッチリ蛹化を誘発します。

イメージ 4


これまでの経験からオクワガタブリーディングのメカニズムは自分なりに把握しているつもり?とにかく♂♀を問わずここで蛹化させたい!というタイミングを狙って飼育しています(笑)

イメージ 5


1〜2月に羽化予定のロッドは全て蛹〜羽化!パターン通り!完璧ですね(笑)


イメージ 6


自然早期羽化と強制早期パターン〜どちらもボトル2本は同じですが幼虫任せの個体と意図的に管理した個体とではオオクワガタとしてのレベルが違いすぎますね(笑)

イメージ 7


ボトル交換直後に蛹化スイッチON!使用したボトルは捨てボトルになりますが菌糸状態も良好でほとんど完品羽化にもっていけます。

イメージ 8


羽化中の特大♀〜上翅ピッタリ完品羽化!サイズ的にもかなりデカイですね(笑)

イメージ 9



♂コーナー/早くも通常パターンから期待して良いレベルの個体が蛹化しています(笑)

イメージ 11

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事