60おじさん!Part

マイペースでやらしてもらいます!
大会前までの近畿地方の天気は、好天続きでした!
それが寄りによって最悪のめぐりあわせになってしまいました!
多くは降ってませんが、終始降り続いている雨の中を国際B級ライダーからスタートして行きます。
イメージ 1

大会本部裏手に設けられていた、第9セクションでIAスーパークラスの選手を見てみました。
此処は人工セクションで構成されていました。
INから元気よく大きく飛んで行く野崎選手です。
イメージ 30


そして第一関門のジャンボタイヤ!その前輪が着地する地面はタイヤの接地部だけで、そのまま後輪を左に90度振り落とさなければなりません!
イメージ 2

第一関門を過ぎて飛び石を飛んで行く!
イメージ 3

ほぼ最後まで、飛び石を連読で飛んで行きます!
イメージ 4

続いて黒山健ちゃんです。
アシスタントの二郎くんが、前に立っています!

イメージ 5

この様に前輪を下ろしてから、後輪を左に90度振り落とさなければなりません!
イメージ 6

あとは飛び石です!
イメージ 7

飛び石が続きます!
イメージ 8

同じく9セクのINを行く小川選手
イメージ 9

ゼッケン3の様に飛びません!
イメージ 10

そしてタイヤ!
イメージ 11

ここは皆さん慎重に!
イメージ 12

同じく飛び石を難なく行く!
イメージ 13

難なく進んでいきますが、中には後輪を飛ばし過ぎて両足立をしてしまった選手も!勿論点です。
イメージ 14

やはりチャンピオンは慎重に熟していきます。
イメージ 15

そして隣の10セクションの急斜面も、へばり付いてターンし走らなければなりません?
イメージ 16

写真では急斜面を、あらわすことができません!
私のカメラでは?

イメージ 17

同じ場所です。
イメージ 18

更に隣の11セクションです、
やはり元気よく野崎選手がトライ!
イメージ 19

侵入して、直ぐに左ターン

イメージ 20

ダニエル飛んでこの後すぐ右Uターン致します!

イメージ 21

そして先ほど通ったIN前の横を左折して上ります!
ここは誰も足付きなしでは通過できませんでした!

イメージ 22

上って今度は右ターンし、大きなロック越え!

イメージ 23

小川君11セクションのIN前のシーンです!

イメージ 24

そしてIN

イメージ 25

そしてダニエルと言うのでしょうか飛びロックを飛びます!

イメージ 26

IAスーパーライダーはほぼ同じラインをトライします!

イメージ 27

同じく難しい岩盤!

イメージ 28

ここも同じようなラインです?

イメージ 29

神戸から見学に来た、来年レディースクラスエントリーを企んでいるMayumiレディースライダーが近づいてきました?

イメージ 31



今回はいつもと趣向を変えた投稿を試みたつもりです!
かなりの枚数を準備しました、まだまだありますけど?
疲れましたのでこの辺で。











この記事に

開く コメント(2)

4月14・15日に、3年ぶりとなる全日TRの審査委員を任命され、和歌山は湯浅トライアルパークに行ってきました。

今回も加古川の、広内IBライダーのハイエースで、途中明石の喜岡IAライダー神戸の岩見IAライダー達4人便乗での遠征旅である!
このやや高齢気味のライダー達は「温泉は楽し研究所」所属のメンバーである!

加古川バイパス、第2神明、阪神高速、湾岸線、阪和高速と乗り継いで湯浅ICまでのドライブである!
イメージ 1


完璧に設営された「湯浅トライアルパーク」
晴れの舞台となるポーディアムホール

イメージ 3

続々と全国から集結される関係者の皆さん!
常連の懐かしいお方たちとの再会です。
イメージ 2

イメージ 4


レディースクラスの仲良しさんをパチリ!
イメージ 5

そして戦闘服?に身を固めた亜弥ちゃんとチャンスあり待望の記念ショットも!
イメージ 6

そして一夜明けた本戦日は昨夜からの雨は降り止めません!
最悪のコンディションと様変わりしました!
晴れ男の私が加わっていると言うのに?
イメージ 7

イメージ 8


時間切れです、仕事が入りましたので一先ずここで第1部といたします!
続きをお楽しみにお待ちください。




この記事に

開く コメント(4)

タイトルの「CR LIFE CYCLES」4月号雑誌は創刊一周年だそうです。
編集者と知り合いだったのと、我がNPO The Good Times 創始者の古谷錬太郎氏を取材すると言うので協力をいたしました!
そんな訳で本日届けてくれましたので、少しお知らせいたします。

この様な本です、この4月号はカワサキ特集と言えるほどカワサキ記事がいっぱいです!
イメージ 1


54ページ〜57ページにかけてが、今回取材のキーパーソンである「古谷錬太郎のカワサキの販売戦略とは」が4ページにわたって綴られいる。
その中でやはりカワサキを語るには外せられない「カワサキ赤タンクMXチーム」がある!
そこに、僭越ながら私の若かりし「紅顔の美少年時代」の写真で登場しております(^_-)-☆
イメージ 2


もし私の話に疑問を持つお方がおられれば、是非本屋さんで確認してみて下さい!
出来れば購入されると、なおうれしいく思います。"(-""-)"

この記事に

開く コメント(6)

今日はとても良い天気に恵まれ、近畿選手権トライアル第1戦が加古川トライアルパークにて開催されました。
地元の会場なので、応援観戦に行ってきました。

やはり、私よりうんと若い丹治さんは元気に近戦NBに参戦していました!
イメージ 1
丹治さんの連写です!
イメージ 2

同じくその続きです!
その手前Dバッグにニット帽の後姿は、孫のトライを待つ黒山一郎おじいさん。
イメージ 3


そして孫がトライしました、何の心配もなく見事にクリアー大したものです!
イメージ 4

チョコンと乗っております!まだ身体がバイクにマッチングしていません!それでもひょうひょうとこなしていってます。
イメージ 5

黒山家、孫長男は引っかかってしまいました、素早くおじいさんの出番です!
イメージ 6


セクションを変われば、そこにはこの道のベテラン「京都トムス」の吉川が元気な姿を!
イメージ 7


さすが老練なトライを見せております!
イメージ 8


ターンの後のステアケースを豪快に!
イメージ 9


此れ位の難易度であれば、老練技を十分に発揮できる!
イメージ 10


この様になると、安全策を取らざるを得ない!
イメージ 11


神戸市北区から観戦に来られた小笠さん、到着が遅くほぼ選手の競技が終了していました!

イメージ 12


セクションオブザーバーを務めていた川崎氏から、橋本さんのお嬢さんがTRを始められたと聞き、本部にいた私の知人の橋本さんに聞くと別の橋本さんの娘さんでしたが、たまたまその場に噂の本人と遭遇!
噂通りのそのレディースライダーは橋本咲樹さんと言う娘でした!
イメージ 13


今からTVタイムです!「大間の1本釣り」を観ますのでひとまず中断いたします!"(-""-)"

この記事に

開く コメント(10)

多くの皆様から、私が乗ってる写真のリクエストを頂きましたので?頂いた写真をアップさせていただきます!

ほとんど本番競技が終わった後の練習シーンでございます。
苦手とするところの「ステアーケース」の練習です!
イメージ 1


連続写真でございます。

イメージ 2


これは、顔がにやついています!真剣さが足りないと言う事は?
イメージ 3


ここは何でもないです、鮮明に撮れてたのでアップしたまでです!
イメージ 4


この様なダニエルしまくりのA級ライダーたちが大挙押し寄せていました!

イメージ 5


そう言う訳で、超寒いロックベアーではありましたが、私を除いてほとんどのライダーはトライアルが好きでたまらない、トライアルしか知らない?お方ばかりのように見受けました!"(-""-)"
トライアルが楽しくて仕方ないTRバカの集まりと言われても過言ではないと思います!
兎に角、私が知る限りTR競技がモータースポーツの中で群を抜いて超難しく難儀で、奥の深いモノは他に見つかりません。
だから止められないのでは無いでしょうか!
ロードやモトクロスは勿論の事F-1レースやインディーなどと比べようがないほど、スリリングでエキサイトする競技は他に見当たりません!
先ずはどうか見るだけでも、是非トライアル場に足を運んでみてください!
必ずや私が補償いたします!もしそうでなければお代は頂きません(>_<)

この記事に

開く コメント(5)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事