ここから本文です
外野席からもの言うの難しいですね

書庫牛ごたく

すべて表示

イメージ 1

30数年前、この地方でも当時としては近未来酪農を
予感させるフリーストール・パーラー方式の牧場を
あちこちで見かけるようになりました。
当時、私共にも2軒、少頭数フリーストールの
取引先がありました。
繋留牛舎のO酪農家から増頭を視野にパーラー方式は
どうだろう」と相談を受け、当時としては先進地
十勝にあったフリーストール牛舎を数軒視察しました。
そしてやはりと言えばやはり彼の地でも蹄病は
悩ましい問題でありました。

多頭化されると蹄、病畜の管理が難しくなること。
おそらく搾乳作業、繁殖管理、周産期牛の管理、
糞尿処理を考えるとパーラー方式は省力化に
繋がらないこと。
結局、規模拡大でレイヤー、豚の後を追ことになり
家族経営の規模では成り立たなくなること。
以上の理由でパーラー方式への移行は勧めませんでした。

イメージ 4

しかしながらメガファームの林立時代の今日。
懸念されたことは払拭されたのであります。

産業獣医の出現
  
  蹄、病畜の管理。
  周産期牛の管理。
  繁殖管理。

コピュータ(スマホ)、インターネットの出現

  周産期牛の管理。
  繁殖管理。
  ICT、IoT。

フリーバーン牛舎

  蹄病、糞尿処理の解決。

つまり今や多頭化どころかメガ、ギガファームも
可能となりました。

ところで超多頭化が可能となり家族経営の酪農家は
レイヤー、豚と同じ道を辿るのか。

 ・他の畜種に比べ大規模化すべてが省力化に
  繋がらない。逆にロスも増えることも。

   疾病の見逃し。
   乳量主義により耐用年数縮小。
  
 ・大規模農場は初妊導入。和牛交配、受精卵により
  乳牛の腹は肉用牛生産。

 ・クラスターなど補助事業がいつまで続くのか。

   機械の修理、更新費用まで補助されない。

 ・雇用問題、人件費

   今の財務状況でセットされている。

では家族労働の酪農家のとるべき道は?

 ・自家育成による乳牛生産。

   外国からの生体輸入はどこまで可能か。

 ・切磋琢磨による個体管理。

   人の目は機械より優っている。

    繁殖こそ命。
    出血、粘液は人の目がたより。
    エサ食い。糞の状況。
    過肥、削痩など体型からの牛のサインを
    見逃さない。
      事故を未然に防ぐことができる。

 ・国に踊らされての補助金に飛びつかない。

   補助には借金が付き物。
    状況悪化でリースなど分割払いが
    重荷となる。
      補助事業には現金払いがベター。
 
さて、ようやくここからが主題であります。

再帰的酪農法 (冒頭の毛が3本のどるえもん図参照)

  1.乳牛は分娩により再生する。

    分娩後すぐ、次の再生(分娩)への
    準備が始まる。

      分娩と分娩の間に副産物(牛乳)が
      生産される。
       ただしこのサイクルにはENDがある。
       ENDは個体によって違う。
       ENDを決めるのも再帰法の重要な作業。

  2.生まれた♀子牛も2年後には再帰的酪農に参加する。

  1.と2.の効率的な牛の再生産で育成牛舎の
  スペース=育成頭数は最大半分で済む。
  (更新率と産次数の表参照)
イメージ 2

ここ20年酪農界は疲弊しその本筋たる再帰的酪農が
まったく無意味でありました。
今はそのおかげと言うのか我が国は牛不足で大変な状況です。
この際、牛乳生産はメガファームにお願いし、乳牛生産
励むのも家族経営にとって一案かと思います。

イメージ 3

そしてもう一つ。
メガファームにおいても家族経営においても重要な共通の
キーワードがあります。
それは
「乾物摂取量(DMI)を最大に」
であります。
メガファームと家族経営の「水と油」は
DMI最大により共存共栄の混ざり合い(乳化)乳白色の牛乳を
生み出すのであります。

謝辞:
前出の酪農家Oさん。6年前に逝去され今は立派な
後継者が引き継いでおられます。(繋ぎ牛舎)
お父様には酪農のイロハ、特に繁殖について
お父様の助言により私共の繁殖管理プログラムが
できました。
私にとって、戦友でもあり良き理解者でもあった
Oさんに感謝する次第です。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • ボタンのかけ間違い拠出金

    2017/3/12(日) 午後 7:25

    グラフは搾乳牛2歳〜4歳へ今のまま和牛交配が 行われた場合の3年先までのシミュレーションです。 この説明によれば3年後 7万頭の乳牛が減る そうです。 そして和牛交配率を減ら ...すべて表示すべて表示

  • アタFTA交渉

    2017/3/5(日) 午後 9:44

    昨年11月のトランプ安倍会談のおり 「実はあなたと私には共通点がある」 と 安倍首相が言ったそうであります。 共にマスコミ(朝日、ニューヨークタイムズ)に たたかれ、そして打ち勝った。 そう言えば安 ...すべて表示すべて表示

  • 森乳と森友

    2017/2/28(火) 午後 9:23

    前回のブログで森永製菓と森永乳業の統合を 話題としました。 森永と言えば安倍首相の奥様が創業家のご出身。 今、森友学園で何かと取り沙汰されている方であります。 旦那様が日本国 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事