ここから本文です
外野席からもの言うの難しいですね

書庫思ふこと

すべて表示

イメージ 1

モリそば カケそばと言われたソンタク国会も
幕引きとなりました。
これをもってモリ・カケはシャンシャンシャンと
手打ちそばとなるのでしょうか。

イメージ 2
以前の総理大臣は眼力があった

幼き頃「ウソつきは政治家の始まり」なんて
言われました。
その頃の政治家は強面の親分か怪物の様相です。
立派な豪邸に黒塗りの大型乗用車のお迎え。
政治家=お金持ち
お金持ちになるために「ウソ」もつく。
そんなイメージだったでしょうか。
そしてソンタクはお手の物。
我田引水どころか我が田んぼに新幹線の駅を作った
政治家がこの地方にいました。

イメージ 3
田んぼに新幹線の駅を作った大野伴睦

中選挙区制の時代は派閥の統帥、グループの親分子分と
まさしく派閥争いは暴力団のようで派閥力=資金力でした。
しかし今は小選挙区制の時代。

イメージ 4
登場人物はどこか似ていてチョイ役の役者

安倍さんも大変です。
10年も前なら高性能のカメラ、ビデオカメラを
持ち歩くのはごく一部の人でした。
いまやそのカメラを国民の大多数が持ち歩くので
あります。
ゴルフやればカシャッ、ソンタクすればカシャッです。
一億総監視カメラ時代なのであります。
そんな監視の中、あれやこれやと言われると
「スマホ持っている奴、全員共謀罪で逮捕だ〜っ」
と言いたくなるのでは。

イメージ 5

ところで悪態付くところばかりをメディアが
取り上げる我が国の首相。
内閣支持率はさほど下がってはいないようです。

 ・特に20代、30代で支持されている。

   野党がだらしない。

   就職率が良い。

   転職もスムーズに。


イメージ 6

 ・民主党政権で農林漁業者の落ちた支持率
  自民党で回復した。

総合すると現内閣は若き農林漁業者に支持されている。
つまり若者から見ると悪態付く姿がアウトローの
ヒーローに見えるのかも知れません。

若き酪農経営者との会話。

「安倍さん国会では叩かれているけど
 どう思います。」

「どうってことないですよ。」

「そうですか。
 安倍さん盛りそば、かけそばって
 揶揄されてますよね。」

「民主党の時にいろんな補助金が
 ストップされたんですよ。
 安倍政権になってそれが
 おりて来るようになった。
 僕たち補助金があってナンボの世界ですから。」

「その補助金もTPPも絡んで
 規模拡張、自給率アップのところに
 おりてくるんでしょ。」

「理由はなんでも良いんですよ。
 そのおかげで大きなトラクター買えたし。
 草作るのも楽になった。
 TPPがなければ補助金カットされたかも知れない。」

「なるほど。」

現政権は若者のことをよく考えています。
南スーダン撤収もこの辺の配慮かも知れません。
自ら「戦死者が出れば首相を辞任する」と
言っておりました。
が、このところの詭弁術です。
しかしながら戦死者が出れば現政権の若者離れは起きる。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 妊活とムチンと酪農事情

    2017/5/7(日) 午後 7:22

    ある親父と妊活(子作り中)の ムスメとの会話 「病院行ってる?」 「もう、5回替わっちゃった。」 「それにしても妊活は大変だなあ。  そのために会社辞めちゃった訳だし。 ...すべて表示すべて表示

  • 日本全国津々浦々、牛不足は収まりを見せません。 なかでも日本で有数の乳肉複合地帯である 我が県においては初妊不足が深刻です。 またクラスター爆弾(爆発)的に 乳牛増頭目指す農場にとっても、初妊確保は ...すべて表示すべて表示

  • 30数年前、この地方でも当時としては近未来酪農を 予感させるフリーストール・パーラー方式の牧場を あちこちで見かけるようになりました。 当時、私共にも2軒、少頭数フリーストールの 取引先がありました ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事