ここから本文です
TORAYA SPORTS トラヤスポーツ
上野・アメ横の登山、スキー用品のお店です。
皆さんこんにちは。
今シーズンは寒波の訪れが遅く、年明けでようやく寒くなり雪も増えてきた模様。
シーズンインが遅れた分濃密に遊んで取り戻しましょう?

さて今回は、入荷が延びておりましたLOWAの新作ウィンターアルパインブーツがようやく到着いたしておりますのでご紹介します。

イメージ 1

LOWA ALPINE ICE GT(アルパインアイスGT)

以前ローバーからラインナップされていたゲイター付きブーツ、ラトックXTの後継モデルです。
スノーゲイターが一体化した構造なので保温性と保護性能に優れ、ゲイターとブーツを一体で設計することにより軽量化できます。このモデルは前身モデルよりもさらに軽量化され重量なんと875g(片足・UK8)。

イメージ 2

ゴアテックスファブリックに保温材を一体化したゴアテックス・インシュレーテッドコンフォートを採用。
踵のフィット感を高めるスリングショット(ライムグリーンの部分)というラバーバンド、ソールは足裏感覚を向上させるために薄くしながら、シャンク部にショックアブソーバーを内蔵しているVibram Alp Trec Iceを採用しています。

イメージ 3

クライミングに縦走に、新世代の技術がふんだんに使用されたこの一足を是非店頭にてお試しください!


オザキ
(株)とらや
台東区上野4-7-6
03-3831-5238
facebook : https://www.facebook.com/toraya.sports.ueno
Instagram : https://www.instagram.com/toraya_sports/

この記事に

開くトラックバック(0)

湯沢スキー

皆さんこんにちは。
昨日の湯沢パークです、都内で所用があり、早あがりを余儀なくされるのはわかっていたのですが上越が雪予報だったのでちょろっと行ってまいりました。

イメージ 1

予想のとうりにパウダーでした。標高が低い山なので少しだけ重たい雪でしたが駅からの近さを考えたらかなりいい状態だったと思います。

イメージ 2

昨日は降り続いていたので終始パウダーだったのではないでしょうか?

イメージ 3

ファットな板の強さを感じた、そんな雪量な日でした、ゲレンデパウダーの方もこの日はあまりいなかったようでリフトもサクサクと乗れました。後ろ髪を引かれる思いで帰路に着きましたが、今シーズン良い感じではないでしょうか?

イメージ 4

雪の量が日増しに増えてるかなと感じます。(例年よりは少ないと思いますが)
それでは皆さん怪我無く良いシーズンを!

オオマエ
(株)とらや
台東区上野4-7-6
 03-3831-5238



この記事に

開くトラックバック(0)

神立スキー

皆さんこんにちは。右目の物もらいが治ったら左目も軽く物もらいになりました、スタッフOです。
さて、スキーのシーズンがインになりまして、スキー場が続々とオープンしているじきです、昨日に行ってまいりました神立です。

イメージ 1

湯沢ICから直ぐという事もあり、車で行く方には馴染み深いスキー場かもしれません、昨日の時点で積雪は約75cm。うーん少ないです…。

イメージ 2

シャバシャバです…。まだ始まったばかりなのでしょうがないかなーと言う感じです。上級者コースはあまり開けてなかったようですが、足ならしには良い感じではないでしょうか?

イメージ 3

今シーズンは雪が今の所、例年より少ないらしいので、今から行くのも有りなんじゃないかと思います。足慣らししてちょうどいい感じになってからのパウダーがつがつ
な形を目指して雪が降るのを祈ります。

イメージ 4

それでは皆さん良いシーズンを、怪我無く迎えましょう!パウダーはこれからです!

オオマエ
(株)とらや
台東区上野4-7-6
 03-3831-5238



この記事に

開くトラックバック(0)

皆さんこんにちは。そろそろ冬の到来が近づいてきました、気温も下がりスキー場のオープンも刻一刻と、その足音を大きくしていますね。
さて、冬物衣料のご紹介です。
ノースフェイス アルパインヌプシフーディ

イメージ 1

イメージ 2


すこし尖った商品になるかもしれませんが、表地にパーテックスカンタムを使用、生地を極限まで薄く仕上げ軽さを追求しています。

ダウンは軽量で保温力も高い900フィルパワーダウンを使用!

さらにダウンの偏りを防ぐシェイプドバッフル構造でコールドスポッドが出来るのを防ぎますので更なる暖かさが!

内衿にはポーラテックのフリースを採用しており衿元から熱が逃げないようになっております。撥水加工もしていますので、真冬の登山、街中、停滞時にも暖かさを提供できる一枚になっております。

オオマエ
(株)とらや
台東区上野4-7-6
 03-3831-5238







この記事に

開くトラックバック(0)

皆さんこんにちは。
今年は秋が暖かく、紅葉の時期も全体的に遅れているのだそうですが、
この週末は雨模様だそうですね。もったいない。

さて、今回ご紹介しますのは、アメリカ東海岸生まれのアウトドアギアブランド、NEMOから発表されましたアウトドアマットレスです。
クローズドセルフォームパッド、いわゆる銀マットは大変古い歴史があり、長年にわたってサーマレストのリッジレスト、及び折り畳み式のZ-Liteシリーズが定番として君臨していました。シンプルでパンク知らず、クッション性に優れ、Z-Liteにおいては蛇腹折りに折り畳んで収納性も考慮と、欠点のない完成された製品だと言えます。
そこにNEMOが、絶対王者サーマレストの鉄壁の牙城を崩さんと登場させたのがこれ。
イメージ 1
NEMO Switchback(スイッチバック)

Z-Liteと同じく蛇腹折りの構造を取り入れながら、より寝心地良く、よりコンパクトにを目標に開発されています。

イメージ 2

ポイントはこの突起部分、よく見ると六角形になっています。そして突起をつなぐリブの部分が、サーマレストは均一対称なのに対し、スイッチバックは不規則に見えるパターンになっています。
これらは全て綿密な計算によるもので、全体の反発力と剛性を高め、従来のマットレスよりつぶれない空間を20%増やし、そこに暖かい空気を溜め込むことにより保温性を向上させています。

イメージ 3

そして突起を精密に成型することでよりぴったりと密着させてコンパクトに折り畳むことができます。

イメージ 4

明らかに薄い。(Z-Lite Sol smallとSwitchback shortを比較、ともに長さ130cm)

【スペック比較】
Z-Lite Sol small: 全長51×130cm 厚み2cm 収納サイズ51×10×14cm 重量290g
Switchback short: 全長51×130cm 厚み2.3cm 収納サイズ51×10.75×13cm 重量300g

厚さ(突起の高さ)はスイッチバックのほうがあり、収納サイズも数値上は厚くなっているのですが、スイッチバックのほうがどう見ても薄く見える。
画像は公平を期すためにどちらも同じ重りを軽く載せ、反発で開かないようにしてるだけなのですが。

たかがウレタンマット一枚にこれ程のこだわりを注ぎ込むというのはすごい。
技術の発展というのは素晴らしいなと感じました。

イメージ 5

長さは全長183cmのレギュラーと130cmのショートの2種類用意しております。
分かりにくいこだわりに心意気を感じて頂けた方は、是非当店店頭にて実物をご覧ください!


オザキ

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事