Walk with Nature

自然の中を、自然と共に歩もう。

全体表示

[ リスト ]

七面山(前編)

七面山(前編)
七面山の位置を知りたい方は、こちら ⇒ ご協力:山どんの資料室

難易度・・・・・★★★
コースの面白さ・・・★★
景色・・・・・・★★★
(5段階評価)

山行日――――2008年4月5日(土)
天候―――――晴
ルート――――明浄院〜神力坊〜肝心坊〜中適坊
            〜晴雲坊〜敬慎院〜大崩展望所
            〜七面山〜希望峰(往復)
最高地点―――1,989m(七面山)
スタート地点―――490m(明浄院付近駐車場)
標高差――――1,499m
所要時間―――(往路)明浄院 6:00 → 神力坊 6:10 → 肝心坊 6:40
               → 中適坊 7:10 → 晴雲坊 8:05
               → 敬慎院 9:10 → 大崩展望所 9:40
               → 七面山 10:15→ 希望峰 10:45 = 4時間45分
           (復路)希望峰 11:10 → 七面山 11:30
               → 大崩展望所 11:45 → 敬慎院 11:55
               → 晴雲坊 12:20 → 中適坊 12:45 → 肝心坊 12:55
               → 神力坊 13:15 → 明浄院 13:20 = 2時間10分
      ※小休止・撮影時間含む

イメージ 1
↑今回のルート。
 赤線の右上がスタート・ゴールの明浄院。
 七面山のピークを越え、左下が希望峰。

イメージ 2
↑このルートは、標高差約1,500mの
 日帰りとしては、若干ハードなルート。
 山行中、お会いした人達は、皆1泊2日だった。

イメージ 3
↑登山口のトイレ。
 水洗で綺麗なトイレだった。

イメージ 4
↑同じく、登山口の案内板。
 中央やや下のオレンジ色の所から、
 右上に向かって蛇行している道が、今回のルート。

イメージ 5
↑登山口の様子。
 この付近に駐車スペースが、10台分くらいある。

イメージ 6
↑登山道の様子。
 敬慎院までは、終始このような階段状になっている。
 普通の坂よりも、筋肉を使わされる。

イメージ 7
↑二つ目の肝心坊の様子。
 他の場所も、このような休憩所がある。

イメージ 8
↑晴雲坊を過ぎると、残雪が出てきた。
 
イメージ 9
↑このようなベンチと、灯篭が細かく設置されている。
 灯篭は、麓から敬慎院までの間に設置されていて、
 一丁目から五十丁目までが記されている。

イメージ 10
↑敬慎院より少し下にある、山門(和光門)。

イメージ 11
↑山門を潜ると、まっすぐな坂道。

イメージ 12
↑登りきった所には、立派な吊鐘があった。

イメージ 13
↑さらに進むと、富士山展望台。
 七面山のライブカメラで映っているのは、ここだ。

イメージ 14
↑そして、これが敬慎院。
 こんな山の上に、こんな立派なものがあるとは思わなかった。

イメージ 15
↑トイレもある。

イメージ 16
↑これが最も立派な建物だった。

イメージ 17
↑宝珠殿(?)と書かれているのだろうか?
 
イメージ 18

イメージ 19  イメージ 20
↑彫り物も立派。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事