いろいろなメディア

漫画・映画・TVドラマ・ゲーム、現代思想などの感想

全体表示

[ リスト ]

最近の海外TVドラマはほとんど有料放送で流されるか
3年遅れでDVDで見るパターンになって久しい。

人気ある海外TVドラマはメンタリストやキャッスル
モンクのような犯罪推理ものが根強く
アクション強化されたパーソンオブインタレストなども
人気があるようだ。

それとは別に法廷裁判ものが米国では人気があるらしいが
日本ではいまひとつのような気がする。

メンタリストのベイカーが主役のヒューマニスト
激ポチャの女子が主人公のラブリーガル
たぶん物語構成の影響が大きかったローアンドオーダーなど
たいてい事件というか事案が2つ以上同時に進行していく

それに取り掛かるのは万能な主人公ではなく
警察や法律事務所に勤務している平凡な人物たち
ある意味群像劇ぽい複数の主人公がいる感じのもの
人気低迷のデトロイト187という刑事ものでは
二つの事件捜査が日常的に別々の捜査チームで進行していくだけ

犯罪捜査は少し派手な演出はあるもの
ヒューマニストのような弁護士物語では
事件は地味な日常的な争いとその人間心理の彩りに重きが置かれている。


日本のドラマではこれとは逆に
ガリレオ、相棒(右京)、古畑任三郎のように
じっくりひとつの事件の謎を解いていく推理ものが人気がある。
複数の事件があったとしても
万能というか秀才天才の主人公が絡まった謎を
ひとつの糸に解きほぐしていく
その醍醐味に面白さを演出している。

相棒の亜流が量産されている昨今だが
それが面白くないのは中途半端に海外TV法廷捜査ものを
コピーしているからなのかもしれない。
日本語の流れだと説明で1時間消費してしまい
とうてい1時間の枠で面白い展開にいたらず
まず次回作を見る視聴者を獲得できないのではないだろうか
今期、説明の必要がないガリレオのひとり勝ちと
いわれるのも当然なのかもしれない

トカゲの演出も中途半端で
仮面ライダーばりの運動神経あるキャラなのか
推理力も完全記憶女、サイク並みの異能者なのか
だから練られていないシナリオの粗さが目に付く

やっぱり古畑なきいまは右京だけに期待されるのだろう
とおもったw

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事