いろいろなメディア

漫画・映画・TVドラマ・ゲーム、現代思想などの感想

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Buono!とは
バラエティで知名度のある「ももち」こと嗣永桃子
ハロプロのユニット℃-uteの鈴木愛理
同じくBerryz工房の夏焼雅の3人からなる選抜女子ユニット

元々は「しゅごキャラ」というアニメのための
オープニング、エンディング曲を歌うためのユニットだったらしい
ハロプロはこの「しゅごキャラ」にいくつかのハロ選抜チームをつくり
曲を歌っていたようだ。
ガーディアンズ4(光井愛佳、熊井友理奈、菅谷梨沙子、中島早貴)
しゅごきゃらエッグ!
(1期 前田憂佳、佐保明梨、福田花音、和田彩花
2期 譜久村聖、佐保明梨、前田彩里、田辺奈菜美)
とその人選を見ると
のちのハロプロユニットのリーダーやセンターとなる人材を
投入していることがわかる。

その中でも、Buono!の楽曲が当時のアニソンからみれば
ロック、パンク、ダンスミュージック系へと向かった秀作が多く
とくに作詞岩里裕穂、作曲AKIRASTARが創出したものは
数年たった今でも十分に十代の子に感銘を与えるのではないかとおもう。
オリジナルアルバム1作目のCafe Buono! (2008年)には
ロック系の 泣き虫少年、ロックの神様 がおさめられている。
youtubeで人気の「初恋サイダー」は
ミニアルバムSHERBETにおさめられているようだ。

Buono!の一人一人の歌唱力が高いこともあるが
そのコーラスが声質との相性の良さも加わってか
優れた音の厚みをもたらし心地よいものをつくりだしている。

何曲か本人やハロプロの後輩たちが
Buono!曲を歌っているが
たぶん歌唱の技術面などは向上しているんだろうけど
3人のコーラスによる音の厚みが決定的に違う

つまりBuono!ていうユニットはコーラスグループの側面が
かなり優秀だった。
その上でのリズムテンポの速いロックティストがいかされた。
そんな感想をもった。

Buono!の曲はyoutubeに専用チャンネルがあり数曲PVが公開されている。
今はそれぞれ所属する別ユニットの活動があるため休止ぽい

ガールズロックと称するアイドルグループが数多い今日だが
Buono!はその中でも突き抜けた稀なユニットのような気がした。

開く コメント(0)

女子アイドルグループは2010年あたりから
弱小、中堅、大手と次から次へと事務所の中から外から
人を集めてユニークな特色で売り込む手法が盛んになり

当時の投稿動画サイトからも有名踊り手3人を集め
初期ダンスロイドというグループなどがつくられていた。
この人気の下地になっていたのが「踊ってみた」というムーブメント
この類似のカテゴリーにハロプロのグループのアイドルダンスの
振りコピというカルチャーもあったようだ。

振りコピのファン?オタク?には
パフューム、ハロプロ、ももクロという三大勢力がいるらしく
例えばニコ動でもこの三者の踊ってみたでは超辛口コメでしめられるらしい
特にパフュームは振付師が神的な存在らしく
同業の振付師でさえ別格あつかいで振りコピしにくいレベルのダンスとのこと

以上のことを踏まえ、個人的な考察でいえば、
アイドルのダンスのレベルがパフューム以降では格段に違うものになった
とされているが、振りコピしにくい独自性の強いダンスが影響を与えたとは思えない。

古くはスクルーメイツなどが踊っていたモダンジャズ系のダンスが
一般のダンススクールなどで幼児教育のもと広まり
これが投稿動画の踊ってみたで次から次へと投稿者をうみだす
下地になったかと思われる。
声優のハルヒ人気によって繰り出されたダンスと楽曲が初期の踊ってみたの
中心的な位置を占める頃あたりから
いわゆる振りコピ層と面白動画としての踊ってみた層がクロスオーバーし
ここに愛川こずえが振付したルカルカが注目されることになった。

最近3期のダンスロイドが解散という流れになったらしい
歌わないライブアイドル特化の限界ということなのか
他の要因によるものなのかわからないが・・・
同じような時期から結成され今季ひとつ頭が抜き出たグループに
PASSPO☆というグループがいるが
当初このグループもよくニコ生配信などに積極的だったが
途中からTVの露出が増えるにつれヨウツベや他のサイトへと移って行った。
このグループの振付師は元タレントらしいので
柔軟性のあるふり幅の大きい対応によって2012年あたり積極的に
踊ってみたというカテゴリーでPASSPO☆のダンス風景を
ヨウツベに投稿している。
さらにこのメンバーの一人が仮面ライダーのヒロイン役に抜擢され
知名度を上げたのも追い風になったかと思われる。
(ヤフーのモバイル宣伝動画でもゾンビに追われている子)
また新しいショールームとかいうアイドルを集めたサイトにも
積極的に参加したり未だに面白動画をヨウツベなどに上げている。
こういう努力が他のグループと大きく差をつけることになった気がする。

参考動画

http://www.youtube.com/watch?v=gDMGc82ZMRo
http://www.youtube.com/watch?v=GvKaEds3r78
http://www.youtube.com/watch?v=TMGt4wNbyBM
http://www.youtube.com/watch?v=ZTJH5Rpju1w

開く コメント(0)

ヨウツベでユニコーンがらみのイベントのシャアの肖像ていうのを見た。

ユニコーン製作者から見た総括的フロンタル像
ある意味シャアの亡霊に対峙する姿勢から
物語を継続させるための仕掛けとしてのコンセプト

ニュータイプになりそこなったシャアという観点

または不条理な現実に対する負の感情が累積したキャラとしてのシャア

しかしこの視点じゃシャアもうかばれまいと思ったw
何よりシャアを演じてきた人に失礼極まる誤読とさえいえる。

ニュータイプはヒトの可能性を暗示させる地平であって
それは真実でもなく事実でもなく歴史でもなく正義でもなく
悪でさえなく、世界ですらない価値に属するもので
あえていうなら
意味が現れてくる構造を了解する姿勢でしかない
そのため予見、予測、先読みの能力と描写される。

言語は何百とありながら人は意志疎通を可能としてきた一方
どれほどの言語や数字が発見されようと
意味はひとつの体験としてしか了解されない限界もかかえている。
そういう構造理解の地平を知ることがニュータイプの一歩でしかない

しかしながら30年もたっていまだにそれすら理解できないものが
物語を作り続けているのも皮肉なものだ
とシャアならいうんじゃないかとおもったwww

開く コメント(0)

踊ってみた一押しとかいってる時点で
「わし」とかいって某有名大所帯のグループを押している
某有名漫画家・作家さんと同類みたいな気がするけれどw

オジサン世代になると可愛い子を遠くから見ているのが
なんかちょうどいい塩梅で
鬱な気分を払しょくしてくれる感じがして
つい見てしまう(動画を)

当然、こちらが見ていることなど知らないだろうし
たぶん、半径1キロ以内に接近する機会もないので
いわゆるアイドルファンではないとおもいつつ
つい書き込んじゃうw

最近一年ぶりのソロ動画があがったとか思ってたら

https://www.youtube.com/watch?v=I8Gq6kkvErA

ようつべのほうに別の動画が上がっていて
本人の声を初めて聞いた。
可愛い声でびっくりしました。
動画によるとフィリピンで行われる
アニメコスプレのイベントに呼ばれ参加することになったとか

https://www.youtube.com/watch?v=sjlPzJ-Nsh0

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

DOCTORSを見た

DOCTORS最強の医師というドラマは面白い

すでに放送は終了しているけれど
DVDになっていたり再放送されてたりしている。

いわゆる医療ドラマではあるが
コメディ部分の展開が秀逸で
策士でありながら聖人君子のような相良浩介と
2代目院長を約束された天然ワガママキャラの森山卓

この2人のやりとりを核に展開していく医療ドラマ

相良は優秀な外科医ではあるが
スーパーテクニックがあるわけではなく
現代医療はチーム医療であるという認識の上で
難しい手術に挑んでいく
ストイックな医師
日本では珍しいタイプの医療ドラマ
(ただし制作側はスーパードクターというあつかいらしいw)

チーム医療は海外の医療ドラマじゃよくあるけれど
それでも主人公は天才的ひらめきで病気の原因を解き
治療に至ることが多いし
やはりどこかしかエリート的というか権威的

しかしこのドラマでは森山卓というキャラが
「こどもな大人」で、マンガのキャラのように大袈裟に
面白おかしく高嶋政伸が演じているせいで
権威性が崩れているのがいい塩梅になっている。
スピンオフの2時間枠があっても面白いんじゃないかと思うくらいw
そのキャラをあやすのが叔母である堂上院長や大人対応の相良

難しい手術をこなすところを見どころとしたい制作側のおもいを
越えて「卓ちゃん」の暴走の面白さは
何度見ても面白い
陰鬱な気分を晴らしたいときに見るといいかもしれない

開く コメント(0)

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事