全体表示

[ リスト ]

格差

若い人が努力しても報われないって良く言いますが、ある人がどんな努力してるのかって聞いたら、「無言」・「ググってる」・「本を読んでる』。

本位読んで当然、仕事に役立つ勉強もしないで、努力してるって言える頭が信じられない。

高給取りから税金もっと取れって、会社は能力がない人に高い給料払いません。

大体、今でも4%の年収1000万以上の人が、全体の個人所得税の50%納めてます。

努力しなくて格差がないなら、理想的な共産主義ですが、中国でもそんな平等世界では有りません。

勉強も努力もしない働かないのに、格差は駄目だって、馬鹿じゃない。

残業も嫌、働くのも嫌。

呆れる(*゚∀゚)=3

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

今晩は、チャイカです。

古い記事へのコメントについて、申し訳ありませんが、来訪した際、
気に掛かる事がありましたから。

因みに小生は、療養病棟勤務の准看で、臨床の末席を汚しているに過ぎません。しかし、「無言」・「ググってる」・「本を読んでる』。是だけでは、とても、とても。

職場では、定期研修は元より、急性期や救急出身のスタッフが、自弁かつ、自分の時間を潰して、院外研修に参加。そして、業務前に伝達研修を行い、スキルアップを図っています。

因みに貴方はと言われれば、小生も他施設が主催する研修を捜し、自分の時間を潰して、参加。そして、必要に応じて、勤務先で伝達研修を実施しています。先方への参加が無料なのは良いのですが、勿論、勤務先からの見返りは、他スタッフ同様、何一つ有りません。

他分野の人から見ると、安月給で、重責に喘ぎ、自分の時間をワザワザ潰していると言われても、仕方がないです。是は色々な思いの上、選んだ道で、より良い看護を行いたいだけですから。

尤も、他分野でも、スキルアップが必要かと…。

2017/10/10(火) 午後 9:35 [ th3**3 ] 返信する

この投稿は一般的な若い社会人のアンケート結果に基づいて、個人的な感想を書きました。

看護系の仕事が大変なのは私なりに理解はしています、チャイカさんがスキルアップ図られるのは立派だと思いますよ。

でも、楽してお金儲けしたいって輩が多いのも現実ではありませんか?

資格や学歴、勉強した努力←この言葉は嫌いですが。

努力の成果が収入面にも影響すると考えています。

2017/10/10(火) 午後 9:50 [ 斯波 ] 返信する

顔アイコン

小生の投稿に対し、主様からのご返答有難うございます。

確かに楽をしてお金儲けと言うか、大きな対価を得たい人が多いのが、事実です。

他所でも、述べたのですが、最低賃金1500円を要求し、デモを行っていた若者らがいました。しかし、この金額は、資格取得に厳しい修練と国試合格。更にその後の実務でも、普段の努力が欠かせぬ、女性正看護師の時給(看護助手や准看はもっと安い)と同じです。

この金額が欲しければ、下らんデモよりも、自らのスキルアップを図るしか道はないです。小生も、看護助手から、看護学生兼任、そして、今日に至っています。当然、それなりの待遇を得ましたし…。

努力なり、何なりの成果が収入面にも影響するのは、宜なるかなですから。

2017/10/10(火) 午後 10:27 [ th3**3 ] 返信する

私も最低賃金1500円を要求するデモをテレビで見ました、欧米での単純労働の時給を根拠にしていましたが、昨今の円安も影響しています。

1ドル80円なら日本円なら1000円チョイですから、変わらないです。

物価は欧米より安いから、生活水準的に考えたら大差はないと思います。

今の円の貨幣価値考えたら、最低賃金1500円は企業としては、人件費高騰で無理があります。

税金投入でとの主張でしたが、納税額が少ないのに、国家財源を最低賃金の底上げに使うって、エゴでしか有り得ないです。

私の仕事は事務ですが、パソコンの知識もない人に高給払っていたら、会社は成り立ちません。

実用的な資格や技能に対して、技能給払うのは当然です。

ただ単に、楽したいから賃金上げろは、資本主義的発想ではないと思います。

帝政ローマ帝国末期の無産階級の増加と、ローマの滅亡を考えたら、今の日本と重なる部分が多々あるように思えます。

2017/10/11(水) 午後 11:39 [ 斯波 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事