そんなもんじゃない?

これからちょぼちょぼ更新していきます

全体表示

[ リスト ]

今年、札幌でノルディック世界選手権が行われることをご存知ですか?

ノルディックとはスペシャルジャンプ、クロスカントリー、クロカンとジャンプをあわせた複合

の3カテゴリーにあわせて熱戦を繰り広げられます。

組織委員会も悩んでましたが、

アジアで初めてのノルディック世界選手権なのですが、

日本のノルディック陣は長野オリンピック以降どうにも世界に対して旗色が悪い

ってなことで集客が伸び悩んでいるようです。

日本の不審の原因はやはりジュニア育成の滞りだと思います。

なんせ、ジャンプに限って言えば長野五輪とほとんど顔ぶれが変っていない。

ベテランが頑張っているといえば聞こえはいいのですが、

やはりスポーツは肉体競技でありますから

体が動く若い選手が台頭していかなければその国のスポーツの進化はないように感じます。

いまではワールドカップ参加組みが帰国しての大会でも

海外の修行組にあっさり負けてしまう始末。

だが、日本は低迷期をきちんと乗り越えてきました。

複合も荻原健司の引退以来、複合競技では苦戦を強いられています。

ヨーロッパ選手の有利なようにルール改正が行われてから、

距離の訓練を重ねているうちにジャンプにおいても抜かれてしまったようです。

それにしても、スポーツというのはお国柄が出るものだなぁと思います。

伝統の強みという形にならないもののすごさを感じざるを得ません。

スキーはヨーロッパのものであるし、野球はアメリカのもの

こういう暗黙の了解が成り立つ世界だなぁと思ってしまいます。

日本にも柔道という伝統という底から湧き出るものを力として

世界と闘っている競技もあります。

しかし、日本で世界選手権が開催されるというのは大変な意義があります。

なんせ、オリンピックに並び称されるほどの規模の大会です。

まさしく「世界の一線級」が全員顔をそろえます。

そのレベルを目の当たりにすることにより

国内競技のレベルアップが図られることでしょう。

やはり世界で戦える選手が増えれば増えるほど

競技の注目度も上がってきます。

ノルディックの世界も世界で戦えれば

注目度もあがり、競技人口も増え、レベルも将来的に上がっていく

という好循環が現れてくるはずです。

そのためにも、まず世界のレベルをみんなで見ましょう。

いよいよ今週末開幕です!

ニュースその他、または会場に足を運んで世界を肌で感じましょ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事