そんなもんじゃない?

これからちょぼちょぼ更新していきます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全114ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今日は12月30日
あと1日半で2018年が終わります。
年を取るにつれ、年末感も失われ、淡々と過ぎていくようになりますが、
さすがにこの年の暮になって、玄関飾りや神棚の掃除などをすると
あぁ年が変わるのだなと実感を持ちます

今年はなんといっても地震が最大の出来事でした。
今日の早朝にも地震をいただきましたが、
9月6日午前3時8分にいただいた地震。
もはやおなかいっぱいです。
一生分の地震をいただいた気分です。
正直、寝起きということもあり、揺れの凄さという記憶があやふやなのですが
「死ぬかも」と思ったことだけは鮮明に覚えています。
実は、「死ぬかも」と思ったのは2回目です。
1回目も地震。釧路という港町でいただいた一発でした。
たまたまお客さんと2時まで飲んで、朝4時の地震という
酔ってるんだか揺れているんだかわからない感じでしたが、
出張先でいただく地震というのも強烈なものです
その時は震度5弱だったんですが、今回は震度5強。
家や家族に被害がなく、それは不幸中の幸いだったのですが
それに伴う停電にはまいりました。
それでも、あの時に見た満天の星空は一生忘れないでしょう。

「絆」ということばもかみしめました。
肉親はともかく、隣近所、通りがかった方たちとも励ましあい、
この状況を乗り切る力になりました。
災害は乗り越える力は人と人にあるということを見せつけてくれます。
また、人間性が出るともいえましょう。
家族、隣近所みなさんすばらしい人だということが確認できました。
「命あっての物種」
生きているからこそこうやって振り返ることができる。
生きていることのありがたさを再確認したできごとでした。 

今年は学びの1年でもありました。
社内では大きな行事の幹事を仰せつかり
大人数を動かす大変さを学び
社外の研修では、課題に取り組み
グループディスカッションを通じ
人の考え方を学び自分の不足を感じました。
不足を感じるということは、まだ伸びる要素があるということ。
これからも一生懸命自分なりに生きていこうと思います。

来年2019年は元号が変わります。
そして年男。
環境も大きく変わります。
自分をしっかり持って頑張ろうと思います。

年に数回はこちらも更新しようと思っています。
また来年もよろしくお願いいたします。
先日家族旅行で上海ディズニーランドに行ってきました。
息子が来年小学校に上がるので、入学前の思い出作りとして
家内が主導して計画していってきました。

ワタクシ、TDRには4回ほど行きました。
正直うんざりしてました。どんなアトラクションにも60分以上の待ち時間。
最後に行ったとき、あるアトラクションのファストパスを取得しようと朝一に列に90分並び、
受け取ったパスが夜の9時だったときに「ディズニーにはもう行かない」と誓ったものでした。

今回も気乗りがせず。ただ、海外旅行に家族で行くのもいいかと
そのぐらいの気持ちで行きました。
海外だろうが、うんざりするぐらい待たされるんだろな
折も折、彼の地は秋の大型連休『国慶節』のど真ん中。
日本で言えばGWに突入するようなものです。

さぁ着きました。帰ってきました。
いや〜〜〜楽しかった。
どのアトラクションも長くて待ち時間60分。
ほとんどのアトラクションは30分待ち以外。
おなか一杯になるぐらい堪能しました。
息子に至ってはバズのプラネットレスキューに
2日で7回乗ったぐらい。
ディズニーが好きになって帰ってきました。
もう東京なんかいかなくていいぐらい。

そこでね考えたわけですよ。
なぜ人はTDRに集まるのか。
だってうんざりするくらい混むのわかってるんですよ。
それなりにお金もかかるんですよ。
首都圏に住んでいる人ならともかく地方の人も
好き好んで人ごみに突入するわけです。

TDRしか選択肢がないこともあるでしょう。
それでも、混んでいても「楽しい」というのはなんででしょう。
M気質ではないかと。
混んでいる中に突入して楽しんでる自分って素敵!
っていうM気質。
そうでなければ行く理由が見つかりません。
上海の快適さを体験した後ではね。
この人ごみの中にいる選民感というのでしょうかね。

これは何かに似ているなと
そうだラーメン二郎だ!
と思い当たったわけです。
ジロリアンには申し訳ないですが、
あんまりうまいと思って食べたことないのです。
しかし、あんなに中毒症状を催す方がたくさんいる。
その販売戦略には感服するのですが、
あれはうまいまずいよりも、あのもやしの塔に挑戦する気概でしょうね。

あの人ごみに挑戦する気概とイコールにはなりませんか。

あぁ、また上海に行きたい。

震災から12日

敬老の日です。

あの地震から12日経ちました。
ようやく街中は平静を取り戻したようですが
今朝もでかいのをいただきました。

カタカタって家具が揺れだしたと思ったら
グラングラン
どこまで揺れるんだろうという恐怖心
昼間いただく地震もいやですけど
真夜中にいただく地震はもっと嫌です。

心理学的はフラッシュバックっていうんでしょうか
頭の中はあの時と同じです。
怖い
いい年したおっさんも怖いのです。
我が子はというと、気づかず寝ていました。
妻が覆いかぶさったので起きたぐらい。
大物です。

スーパーマーケットも生鮮品中心に元通りです。
ただ、乳製品と乾電池はありません。
徐々にもどってくるんでしょう。
店の中は暗いです。節電中だからです。

いろんな意見はあるでしょう。
しかし、今与えられた状況の中で精いっぱい生活するしかないのです。
余震がいまだに続いているので
北海道は安全ですから遊びに来てください。
と胸を張って言えない状況です。

でも、あえて言いましょう。
元気です!北海道!

生きてますよ!

さて、生きてます。
このブログも生きてます!奇蹟だ

ニュース等でご存知かと思いますが、
2018年9月6日午前3時8分最大震度7の地震が北海道を襲いました。

僕の住んでいる地域は震度6強
ただしくは震度計のある2地点の真ん中ぐらいに住んでいるので
震度5.9ぐらいだったのかとも思いますが、
まぁビビりました。
当然熟睡中。
ドン!という音が聞こえ目が覚め。そのあとはグラングラン
だんだん激しくなる揺れに恐怖も増幅され生きた心地のしない数十秒でした。
すぐにテレビをつけるが間もなく停電。
夜明け前だったので懐中電灯を点灯。携帯ラジオで情報収集するも
震度の情報だけ。
小刻みにくる余震に眠ることもできず朝を迎えました。
停電は復旧することもなく、結局停電は37時間続きました。

あのね、人生観変わりますよ。
生きていることのありがたさ。ライフラインが機能しているありがたさ。
家族のありがたさ。近所のありがたさ。
すべてがありがたく思います。

一応「被災者」なんですけど、被害なんかかみしめる余裕もなく
考えることは目の前の生活だけ。
しかし、自分でライフラインを復旧させることはできないわけで、
ひたすらに誰かががんばってくれるのを待つだけ。
電気がついたときは本当にうれしかったです。
停電が終わったから言えることですけど、
札幌全市停電中の中見た星空は本当にきれいで、
一生忘れることのできない星空でした。

「被災者」側から見ると、東京から発せられる情報の腹立たしさ。
我々が欲しい情報は停電がなぜ起こった、のではなくて
停電がいつ、どの地域で解消されるのか
ほくでんを責めることではなく、ほくでんの作業はどこまで進んでいるのか、
それを大臣の口からではなく、ほくでんの口からききたかった。

正直、まだ余震の恐怖と戦ってます。
これだけの規模の地震の割には大きな余震がすくない。
エネルギーを小出しにしているのか、エネルギーをため込んでいるのか
地球の考えることはわかりませんが、
できればこのまま落ち着いてほしい。

とりとめのない文章ですが、ここでつながっていた仲間のみなさまへ
生存連絡です。

ども。韓国です

お久しぶりです。
 
ただいま韓国です。
ま、出張なんですけど。
 
今年に入って海外出張2回目。
なぜか海外づいています。
が、2回とも仕事。
今回はお世話になっている韓国の問屋さんの展示会応援。
 
でも、正直なところ、海外はレジャーで行くところですね。
仕事となるとものすごい欲張っちゃって
キチキチのスケジュールになってしまいます。
今日は朝札幌を発って昼にはソウル。
荷物をほどく暇なく、韓国のデパートに行って市場を見て回り
交通機関もよくわからないので歩きまくり。
いまホテルでぐったりしています。
 
外国語ができないプレッシャーに押しつぶされ
英語ならなんとか読めるもののハングルはさっぱりわからず。
デパートの陳列を見ても商品と値札がさっぱり一致せず。
それでもなんとか見て回り。
勉強にはなります。ものすごく。
生かすも殺すも自分次第なんですけど、ものすごく勉強になります。
 
皆さんもご存知の通り、彼の国とわが国は微妙な関係が続いています。
庶民レベルになると関係ないですけど、それはわかっていてもなんとなく
気まずいものです。
 
それにしても、数少ない海外経験ではありますが
意外と海外につよいやまさん。
今回もすんなりなじんでいる。気がします(笑)
 
今回は木曜日まで滞在します。
文化の違いを感じ取るのは非常に楽しいものです。
今日夕食で食べたチゲはおいしかった。
たぶん、日本では受けない味だと思いますけど
それでもその土地で味わう料理ってのはいいものです。
 
あしたっからもがんばります!

全114ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事