KMプロデュースのブログ

アタック25や日記などをメインで頑張って更新しています

全体表示

[ リスト ]

(2019年3月10日放送分)


問題1
元サッカー日本代表のある人物が6年半にわたって全国を旅して出会った日本の「わざ」と「こころ」を紹介する書籍 『に・ほ・ん・も・の』が話題です。イタリアのリーグ・セリエAでも活躍した、この人は誰でしょう?

1…三浦知良
2…前園真聖
3…中田英寿

正解…3

解説

日本やヨーロッパでサッカー選手として活躍し、W杯3大会連続出場を果たした中田英寿さんは、2006年ドイツワールドカップ終了を最後に現役引退してから世界中を旅する旅人となりました。
世界の旅を通じて日本に再注目し、全国47都道府県のあらゆる「人」「コト」「モノ」を巡る旅に出たのは2009年からで、2015年に6年半の歳月をかけて旅した軌跡を紹介した『ReVALUENIPPON』の英語化と、中田が旅した中から厳選した日本の逸品や一流の人々を紹介する書籍が第一弾として、日本語版の書籍『に・ほ・ん・も・の』が2018年12月6日、株式会社KADOKAWAより発売されました。土地と暮らしに密着したものづくりや食文化を経験し、人とのつながりを学んだからこそ日本のみならず世界中の人に知ってもらいたい、日本のホンモノの作り手たちを紹介するものです。世界の人に誇りたい日本の逸品や、日本人も知らない日本の本当にいいものを、「ものづくり」「やど」「たべもの」「てみやげ」「さけ」の5つのジャンルにわけて紹介しています。
発売の1か月ほど前に行われた10月26日に株式会社HPと『ReVALUENIPPON』とのコラボレーション発表会に登壇した中田英寿さんは、日本文化や作り手の魅力を発信する現在の活動について、

「毎日の生活の中で、食べるものや使うものには、人の手で作られるものが沢山ある。それが文化につながっているということに気づいたので、全国を旅する間にあらゆる作り手を訪ねました。彼らの技術や考え方に触れ、作業を一緒にさせてもらいながら体で感じることができた。いいものを作るということを人生の目標にしているということが、作り手に対して尊みを感じます。だからこそ、自分が体験した知識や情報、そういった人たちのことを伝えていきたいと思っています。」

と、話しました。
ここでサッカー選手だった中田英寿さんが何故日本全国47都道府県を旅したのかというと、

「いつかくる未来のために、自分の時間を使うことが最大の投資だと思います。誰かに頼まれたわけでもなく、仕事でもなく、結果やリターンを求めて旅をしていたわけではありません。僕は自分が好きなこと、楽しいと思うことを常にしてきました。8歳からサッカーを始めて、人生の多くの時間を費やした結果、プロになりました。プロになりたいと思ってやっていたのではなく、楽しかったから、何よりも好きだったからやっていただけ。仕事や、お金のためにサッカーを選択したわけではありません。旅も同じです。旅が大好きで、そのためにたくさんの時間を費やしてきたことが、結果的に僕自身の今の活動につながっているんだと思います。
もともと自分が日本酒が好きだったというわけではなく、旅を通してその美味しさや奥深さを知り、もっと多くの人に知ってもらいたいと思いました。日本酒だけでなく、農業や伝統工芸……旅でいろいろなものに触れましたが、何よりも人との出会いが最大の収穫でした。6年半の間に出会った人は1万人を超えると思います。たくさんの方々と話し、時間を過ごし、その考え方や哲学に触れたことで、日本の素晴らしさを知りました。
僕の旅は、ガイドブックに載っているような名所を巡る観光旅行ではありません。学びたい、吸収したいという思いがあるから、できる限り多くの人や場所を訪ねます。夜明けとともに神社仏閣を参拝したり、農家で作業を手伝ったり、陶芸家の所で自ら作陶する。そうやって自分の身体を動かしてみて、はじめて気づくことが多いんです。楽と楽しいは同じ漢字だけど意味が違う。僕は楽しいことは好きだけど、楽をしたいわけではありません。楽ではないけど、楽しい。つらかったり、厳しかったりするけど、やりきった時に楽しさを感じる。そういうことがたくさんあります。ネットやガイドブックで見たり読んだりするだけでなく、自ら体験することで、本物の知識が身につくと思っています。」

と述べています。
日本酒を始めとする日本文化の魅力を国内外に広めるために、旅を終えてから翌年にあたる2016年に日本文化のPRを手がける「JAPAN CRAFT SAKE CAMPANY」というの会社を設立し、PRのためのイベントを各地で開催し、自身の会社が主催する「CRAFT SAKE WEEK」は、去る10月に国際PR協会の「ゴールデン・ワールド・アワーズ」最優秀賞を受賞するなど、世界的にも高い評価を受けています。
中田英寿さん曰く「旅は人生」という事を学び、現在もあちこちへ旅するそうです。


【書籍概要】
■タイトル:『に・ほ・ん・も・の』(監修:中田英寿)
■発売日:12月6日予定
■定価:1,900円+税
■発行:株式会社KADOKAWA
 ■収録内容:工芸/宿/レストラン/手みやげ/日本酒から厳選した53コンテンツ(詳細は次頁)
書籍「に・ほ・ん・も・の」収録内容
●ものづくり
志村ふくみ(京都/着物)
山本茜(京都/ガラス)
楽吉左衛門(京都/陶芸)
雲龍庵・北村辰夫(石川/漆)
室瀬和美(東京/漆)
見附正康(石川/陶芸)
武関翠篁(東京/竹工芸)
新里明士(岐阜/陶芸)
四代 田辺竹雲斎(大阪/竹工芸)
●やど
沼津倶楽部(静岡)
御宿 竹林亭(佐賀)
妙見温泉石原荘(鹿児島)
強羅花壇(神奈川)
角館山荘侘桜(秋田)
名月荘(山形)
秘境 白川源 泉山荘「竹ふえ」(熊本)
汀渚 ばさら邸(三重)
HOTELLI aalto(福島)
Hotel bi.ble(北海道)
●てみやげ
ブーランジェリーブルージュプリュス 生クリームあんパン(岩手)
末富 京ふうせん(京都)
北菓楼 シュークリーム(北海道)
ももいちご(徳島)
NASUラスク こげパンだ(福島)
アテスウェイショートケーキ(東京)
梨「与佐ヱ門」(千葉)
腰掛庵 わらびもち(山形)
BON DABON 生ハム(岐阜)
福内商店のコロッケ(東京)
●たべもの
レフェルヴェソンス(東京/フレンチ)
柳家(岐阜/郷土料理)
神楽坂 石かわ(東京/和食)
La Barrique Tokyo(東京/イタリアン)
よろにく(東京/焼肉)
天寿し 京町店(福岡/寿司)
欅苑(新潟/和食)
四 三谷(東京/寿司)
田ざわ(北海道/天ぷら)
L’evo.(富山/前衛的地方料理)
●さけ
高木酒造株式会社(山形/十四代)
新政酒造(秋田/新政)
株式会社新澤醸造店(宮城/伯楽星)
せんきん(栃木/仙禽)
桝田酒造店(富山/満寿泉)
清水清三郎商店(三重/作)
松本酒造(京都/澤屋まつもと)
木屋正酒造合資会社(三重/而今)
勝山酒造(宮城/勝山)
澄川酒造場(山口/東洋美人)
磯自慢酒造(静岡/磯自慢)
黒龍酒造(福井/黒龍)
平和酒造(和歌山/紀土)
富久千代酒造(佐賀/鍋島)



三浦知良さんは横浜FCでこの放送日現在52歳になった今もなお現役を続けていています。

一方の前園真聖さんは2005年引退後にサッカー解説者、2007年からJFAアンバサダーとしても活躍し、2008年には中田英寿さんが立ち上げた元サッカー選手で構成するサッカーチーム「TAKE ACTION FC.」の一員になっています。さらに2014年からフジテレビ系の「ワイドナショー」出演をきっかけにタレント活動を始めました。





問題2
日本原産の犬の保存活動などを行う日本犬保存会は6種類の日本犬を大型・中型・小型の3つの型に分類しています。そのうち、唯一の小型犬は何でしょう?

1…柴犬
2…秋田犬
3…紀州犬

正解…1

解説

日本原産の日本犬の一種であり、オスは体高38〜41cm、メスは35〜38cmとされている柴犬(しばいぬ)は、日本の天然記念物に指定された7つの日本犬種(現存は6犬種)の1つで、日本の飼育頭数が約80%と多く、小型犬に分類されます。
この「柴犬」という名前は中央高地で使われていたもので、文献上昭和初期の日本犬保存会の会誌「日本犬」で用いられていて、「柴」は小ぶりな雑木を指します。由来には諸説があり、
・柴藪を巧みにくぐり抜けて猟を助けることから
・赤褐色の毛色が枯れ柴に似ている(柴赤)ことから
・小さなものを表す古語の「柴」から
の3つが代表的な説です。
好んで飼われている最大の理由として、日本の温暖湿潤気候が適している犬種だからと言われています。一般に主人に対しては非常に忠実、よそ者に対しては馴れ馴れしくせず、賢く勇敢で警戒心も強いため、番犬にも適しています。本来は山地や山あいで小動物の狩猟、モンキードックなど手伝ってきた犬ですが、現在は家庭犬として愛されてます。
性格は古代犬種に良く見られるように大胆で独立心が強く、頑固な面を持ち合わせています。日本犬の一般的な性格として主人と認めた人間に比較的忠実であり、かつ警戒心と攻撃性が強めという傾向もあり、獲物を直接追う猟犬として使われてきた長い歴史から役割分担に従って多くの品種を派生させた欧州のガンドッグなどと比べて、視界を動くものを追って攻撃して捕らえようとする捕食本能が極めて強いです。
 
柴犬の一般的な特徴は短毛・立ち耳・巻き尾などにあり、毛色は赤(茶)・胡麻・黒、希に白などがあります。
尾形も左巻き・右巻き・さし尾など、個体によって違い、被毛は真っ直ぐで硬いトップコートと柔らかく縮れたアンダーコートによる二重被毛であり、年2回毛が生え替わります。特に赤毛は、柴犬の飼育数の中で8割ほどを占める人気の色で、胡麻毛は色の組み合わせが繊細で生まれる確率が低いため、飼育数が一番少ないそうです。


小型犬は柴犬以外に、イタリアングレーハウンド、ウェルシュテリア、ウエストハイランドホワイトテリア、ケアーンテリア、シーズー、シーリハムテリア、シェットランドシープドッグ、ジャックラッセルテリア、スキッパーキ、スコティッシュテリア、チベタンスパニエル、チャイニーズ・クレステッド・ドッグ、狆(チン)、ノーフォークテリア、ノーリッチテリア、パグ、ビションフリーゼ、ペキニーズ、ボストンテリア、マンチェスターテリア、ミニチュアシュナウザー、ミニチュアダックス、ミニチュアプードル、ラサアプソ、レークランドテリア、ワイアーフォックステリアがいます。

なお、紀州犬は中型犬で、秋田犬は大型犬です。







問題3
地域気象観測システム・アメダスの観測所は全国に約何カ所あるでしょう?

1…800カ所
2…1300カ所
3…1800カ所

正解…2

解説

アメダス(AMeDAS:Automated Meteorological Data Acquisition System:自動気象データ収集システム)は、日本国内の気象観測所で構成される気象庁の無人観測施設である「地域気象観測システム」の通称です。
観測網の密度は降水量が約17km(=17km四方の正方形につき1か所)、4要素の観測点は約20kmほどで20km - 200km規模の現象を捉えることができて、都府県レベルの気象現象の把握には効果を発揮しますが、近年起こっている集中豪雨や雷、突風などのより狭い範囲の局地的な現象の把握は、対応するためには観測点を数十倍に増やす必要があるためデータ収集が難しいと言われています。ただ、局地現象に対しては気象レーダーの方が効率的なため、こちらが増強される傾向があります。
降水量、気温、日照時間、風向・風速の4気象要素を観測している地点が日本全国で570カ所と多く、北海道といった豪雪地帯においては積雪の深さも観測しています。観測で得られたデータはISDN回線などを通じて気象庁内の地域気象観測センター(通称アメダスセンター)へ10分ごとに集信され、データの品質チェックを経たのち全国へ配信される仕組みになっていて、これらのデータは気象庁ウェブサイトで公開されているような地図・表形式の観測値として利用されるほかに、数値予報の入力データとしても用いられています。

アメダスの歴史は1960年代から1970年代前半ごろ、日本国内の公的な気象観測地点が、おおむね100km間隔に配置された気象官署と気象レーダー、そして気象通報所(有人の気象通報拠点、現在の地域気象観測所)と区内観測所(委託式の気象観測所)しかありませんでした。各地域の天候の記録や気象予報を強化していくためには大雨・突風・大雪などの気象状況をきめ細かくより迅速に把握することが求められました。当時の区内観測所は観測点数では現在のアメダス観測所の総数を超えていたものの、観測が人の手で行われていたためにデータの報告速度や誤差に限界がありました。観測の自動化・無人化によって報告速度を上げ、きめ細かい気象観測は気象官署に限定してデータの精密さを向上させることなどを目的に新たに開発されたのが現在のアメダスです。

1974年11月1日…運用開始(1979年3月には国内1,316地点に観測所が整備され、一応完成しました)
1977年12月1日…秋田県内で積雪深計が試験運用の形で始まる
1979年11月1日…積雪深計正式運用開始
1993年2月…10分ごとの臨時配信が開始
2006年3月18日…空港出張所、航空測候所、航空地方気象台の観測値がアメダスに取り込まれる
2007年度…無人観測所の685か所で改良を行う
2008年3月26日…アメダスデータ等統合処理システムの運用を開始し、従来は10分間隔で観測していた気温や風速について、気温は10秒間隔で観測を行い、さらに最大瞬間風速の観測を開始(開始当初は気象台・測候所・特別地域気象観測所及びアメダス観測所の計384か所が接続され、残りの地点は2008年度以降順次接続を行っています)

名前の由来ですが、「地域気象観測システム」の英語訳が"Automatic Meteorological Data Acquisition System"であった時代にその略称を考えようとした際に、単にAMDASとするのではなく、AMeDAS(雨出す)としたほうが面白かったからという理由で略称を"AMeDAS"、読みが「アメダス」になりました。
後に英語訳が"Automatic→Automated"へと変更されましたが、略称で使っているアルファベット全て使えるため、略称を変更する必要もなくそのまま使用されています。

観測している気象要素は降水量、気温、日照時間、風向風速、積雪の深さの5種類です。
・降水量は、0.5mm単位で観測(統計値は1mm単位、2008年3月26日より0.5mm単位)していて、雪・あられ等は溶かして液体の水にし、雨と合わせて雨量計として計測する仕組みとなっています。これは転倒ます型雨量計を採用しています。
・気温は、摂氏0.1度単位で温度変化による白金の電気抵抗の変化を応用したタイプの電気式温度計による計測を行っています。
・日照時間は、太陽が照らした時間を2分単位で観測し、アメダスデータ等統合処理システムへの移行が行われた地点は1分単位(統計値は0.1時間単位)。
日照に関しては2005年10月から回転式日照計になっていて、気象官署では測器が異なり、1996年2月以降、太陽追尾式日照計を用いています。
・風向風速で、風向を、北、北北東、北東、東北東、東、東南東、南東、南南東、南、南南西、南西、西南西、西、西北西、北西、北北西の16方位で表していて、風速をアメダスデータ等統合処理システムへの移行が行われた地点は0.1m/s単位で示しています。なお、移行が行われていない地点は1m/s単位です。
発表されている値は観測時刻までの10分間平均値で、風車型風向風速計により計測を行ってます。
・積雪は主に雪の多い地域で、積もっている雪の地面からの高さを1cm単位で1時間毎に、積雪面と超音波の反射時間の変化を測定するタイプの超音波式積雪計、もしくはレーザーを用いた光電式積雪計どちらかを使用して計測を行っています。

観測される気象データをより精密なものとするために気象業務法第9条により、観測を行う機器は気象測器検定に合格したものでなければならないと規定されていて、
アメダス観測所や観測所内の機器の設置環境にも工夫がされています。
観測機器を集めて設置している真下の地面には30平方メートル以上(1辺5.48m以上の正方形)の芝生を設置し、地面からの反射日射を減らし、雨粒の跳ね返りを少なくしています。さらに観測所の周囲には風の通りを妨げないような柵を設置し、外部からの侵入をできるだけ防ぎ、その周囲は開けた場所にして樹木や建物などによって日光が遮られたり、風通しが悪くなったりしないよう配慮されています。ただし盆地内にあり風の測定に影響がある雲仙岳特別地域気象観測所のように、近くの山頂に測風塔のみ移設して風を観測する場合もあります。
積雪計は日本海側・山岳地の豪雪地帯などに集中的に設置され、それ以外の地域では気象台に併設するアメダスのみ設置となっている場合が多く、積雪がほとんどない暖候地では、気象台も含めて1台も設置されていない県があります。(静岡県・宮崎県・沖縄県など) 設置される機器をみると、まず観測データを集めてアメダスセンターに送ったり電源を供給したりするデータ変換装置が筐体に収納される形で多くが屋外に設置されています。

「アメダス」の「ダス」を名称や略称を「○○ダス」とする例も多く、鉄道において地震の発生時に速報を行うユレダス、バンダイナムコが発売している商品名のカードダスなど意味は同じです。「イミダス」の印象と相まって、情報システムやデータベースなどの名称に使われることもあります。

なお、アメダスの観測所数は気象台別にまとめると、この日の放送日現在で以下となります。
札幌管区気象台 北海道地方…221 
仙台管区気象台 東北地方…223 
東京管区気象台 関東地方、中部地方、三重県…388 
大阪管区気象台 近畿地方(三重県を除く)、中国地方(山口県を除く)、四国地方…268 
福岡管区気象台 山口県、九州地方(沖縄県を除く)…186 
沖縄気象台 沖縄県…25 
合計すると1311カ所あるため、およそ1300カ所であると言えます。 


※警告
以前「アメダス観測所を設置している機関に対して直接電話や訪問などが多々行われた」ことで機関の迷惑にならないようにする配慮から観測所の詳細な所在地(地番)は原則非公開としていますので、絶対に公開してはいけません。
これが理由で万が一アメダス観測所へ侵入し、観測機器を故意に壊した者は、気象業務法37条により3年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑に処せられて前科一犯がつきますので、たとえ見つけたとしても絶対に壊してはいけません。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事