エコガーデニング

すべて表示

「エコガーデニング・レッスン」開講

 このブログを休刊してから、はや4年以上も経過してしまいました。 この間の私の動静については、HP 「ミスターTの優雅なカントリーライフ」 やその続編である「波羅斐荘の日々」 をご覧ください。

 今回は、「ひるぜんリザーブ」での新たな展開についてのご報告です。

 私が提唱する新しい庭づくりの考え方「エコガ−デニング」のモデル庭園として2004年春以来制作してきた「ひるぜんリザーブ」庭園が10余年の歳月を経てようやくその形を成してきました。

 私が2003年に設立した「エコガーデニング協会」のミッションは、「エコガ−デニング」という新しい庭づくりの考え方を広く提案することにより、生活者が家庭での日々の庭づくり/ガーデニングを通じて、地域の生態系への理解を深め、生態系の保全と生物の多様性の保全に貢献すると共に、そのライフスタイルを生き物のつながりや物質循環、エネルギーの流れなどに配慮したものに転換して、21世紀の課題である「持続可能な社会の形成」に貢献できるようにすることです。

 提唱者の私としては、「エコガーデニング」の考え方は、時代の要請であり、特別な普及活動を実施しなくとも、やがて庭づくりの普遍的な考え方になるものと確信していましたので、これまでは情報提供のみを実施してきました。 しかし、実際に自ら「ひるぜんリザーブ」というモデル庭園を制作してみて、「エコガーデニング」の考え方が極めて当を得たものであり、またその実践結果として得られる庭が、想像していた以上に素晴らしいものであることが確認できましたので、これからは、少しでも早く、より多くの人たちにこの考え方を理解し、実践してもらい、その結果として、ガーデニングの新たな喜びを体感してもらうために、エコガーデニングのモデル庭園において、実地レッスンをはじめることにしました。

 時期的には、来春の雪解け頃から開講とし、「エコガーデニング」のモデル庭園「ひるぜんリザーブ」を教育センターとして、実地レッスンをはじめます。 その内容については、PRサイト『ひるぜんリザーブ』 ( http://mrt158.wix.com/hiruzen-reserve )を作成しましたので、ぜひご覧ください。 
イメージ 1
エコガーデニング協会・教育センター『ひるぜんリザーブ』 PRサイトのトップページ

  

その他の最新記事

すべて表示

 先回の講義をもって私の「エコガーデニング」講座を終了しました。 話足りなかったところもずいぶんとありますが、「エコガーデニング」の考え方について、その概要をご理解いただけたことと思います。   地域生態系と生物多様性に配慮した庭 ...すべて表示すべて表示

=雑草という名の植物はない=  私たちはよく野の草花を見て「雑草」と呼びますが、雑草と言う名の草本はこの世に存在しません。  人間が栽培する作物や利用する草花以外の草本を雑草と呼んでいるに過ぎないのです。 つまり「雑 ...すべて表示すべて表示

第十六回 「土壌と肥料」

2010/1/11(月) 午前 10:24

  日本の森林の林床1屬砲蓮▲潺潺鎖匹、ヤスデ数十匹、トビムシ数万匹、ササラダニ数万匹、線虫類数十万匹が棲息しているといわれています。  さらに土壌中の細菌類になると、なんと土1g当たり数千万から数十億にも達します。 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事