全体表示

[ リスト ]

行商専用車ですね

 今回は携帯で撮った画像ですが、京成電鉄の行商専用車の光景をUPしました。

 所用があり京成電鉄を利用したのですが、運良く行商専用車を連結している電車に乗れました。

 常連さんの、まつしまさんも京成の行商電車の事を記事にされていましたが、その時にはもうなくなって
 しまっていたと思ってたので、記事を見てまだ需要があるんだ〜と思ったくらいでした。

 こうやって自分の目で見ると、何か昭和の時代に戻ったような気がして、行商のオバちゃん達は頑張って
 いるんだって感じました。

 行商専用車の隣の車両に乗ったのですが、車内からはオバちゃんたちの元気な会話も聞こえてきたりと。

 目的地の駅に着いたので、ホームから撮る時に荷物がこんなに積んであるとは思いませんでした。

 かつては常磐線でも見た事がありましたが、まだまだ行商という事で頑張っている方達がいるのですね。

 
  それでは画像をご覧くださいませ (H22年6月18日撮影)

イメージ 1



      横のサボには、嵩高荷物専用車と掲示されています
イメージ 2



閉じる コメント(22)

顔アイコン

garatahmetさん、こんばんは。
車両は新しくなっても、この車内は昭和の雰囲気を積んでいそうです。
青電の専用列車は、過去にUPした事がありました。運良く撮れたのですが。
オバちゃん達は、お得意様のところへ重い荷物を持って行くのでしょうが、逞しさを感じさせてくれますね。

2010/6/18(金) 午後 10:03 mrcbcross14 返信する

顔アイコン

舞さん、世代交代という事が今後は行われない仕事でしょうから、この行商専用車もいつまで続くのでしょうか。
ただ元気で張りのある声で会話をしてましたから、こういった仕事そしてる事で元気を保っているのでしょうね。
そうです、頑張れ〜オバちゃんたち〜。。

2010/6/18(金) 午後 10:16 mrcbcross14 返信する

顔アイコン

まだあったんですねぇ、知りませんでした。昔の青電のイメージが強くて。今でもあるってことは、銀色になる前の赤電とかも存在したということなんでしょうね。時代のギャップがありますが、まだ昭和が残っているという感動があります。 削除

2010/6/18(金) 午後 11:34 [ キハ181つばさ ] 返信する

顔アイコン

近鉄上本町発の、伊勢行きの、『 魚列車 』
山陰線下関行きの、『 カンカン部隊 』

行商列車は、まだまだ現役ですよ〜♪

2010/6/19(土) 午前 0:20 [ フラフラ01 ] 返信する

顔アイコン

ラストはひょっとすると鬼越駅?

このサボ、塗装の剥がれ具合になんとも風味がありますね♪

新3000系といえどもお客さんのためならエーンヤコラ!ってところでしょうか。いかにも京成らしい、垢抜けしないけれど胸の奥に暖かいなにかがほんのりと灯るような列車ではないかと思っております♪

傑作ポチをば!

2010/6/19(土) 午前 0:24 まつしま 返信する

顔アイコン

今だ背負子を担いで売りに出てるんですね。
やはり成田からなんですか。運転区間、種別も気になります。昔は魚なども多かったですが、最近は野菜が主なのかな。 削除

2010/6/19(土) 午後 6:34 [ line ] 返信する

顔アイコン

こんな新型車両で行商列車なんて信じられませんです。
異様な光景です。
それにしても電車に荷物を積み込み過ぎのような・・・。
ゴミ屋敷に見えます(笑)

2010/6/19(土) 午後 8:58 [ - ] 返信する

顔アイコン

つばささん、これぞ京成電鉄という感じがして、鉄道と生活が密着しているってようですね。
これもリアルに見ないと、まだこういった専用車があるんだなぁ〜って思いますね。
身近な鉄道でこういった昭和イズムが残っているのは貴重ですね。

2010/6/19(土) 午後 9:31 mrcbcross14 返信する

顔アイコン

フラフラさん、両方の列車を検索してみましたが、両方とも鮮魚を運んでいるようですね。
近鉄の方は、電車の先頭車の字幕に「鮮魚」という表示がされていて凄いです。
行商列車、知られざるところで活躍しているんですね。

2010/6/19(土) 午後 10:33 mrcbcross14 返信する

顔アイコン

まつしまさん、鬼越駅…大正解です。さすがにお目が高いです。
車内から下げられているサボですが、行商専用車かと思いきや嵩高荷物専用車の表記とは思いもしませんでした。
運用の絡みとはいえ、こういった車両を専用車にしちゃうところ、京成電鉄の懐の深さを感じてしまいます。
機会があれば、荷物をおろしているシーンなども撮ってみたいなんて思ったりもしています。
傑ポチ〜有難うございます。

2010/6/19(土) 午後 11:10 mrcbcross14 返信する

顔アイコン

lineさん、背負子に荷物を積んで、そして両手にも荷物を持つという荒業ですが、小柄な女性ながらも逞しさを感じさせますね。
成田方面からなんでしょうね。国鉄時代、常磐快速電車からゾロゾロと日暮里駅で下車したのを見た事ありますが、あれも成田線利用の方だったかも。
やはり自分の畑で採れた野菜類が多いかもしれないですね。

2010/6/20(日) 午後 3:36 mrcbcross14 返信する

顔アイコン

おびとけさん、関西でも近鉄の鮮魚列車が運行されてるようですね。
おびとけさん、お得意さんに売る商売物ですよ〜、そういった事を言うと、この車内に乗車させて、オバちゃんたちのお相手してもらいますよ〜(笑) たぶん荷物運びをさせられるでしょう。

2010/6/20(日) 午後 4:16 mrcbcross14 返信する

荷物専用車・・はじめて見ました。
こんな電車があるんですね。
ところで、一枚目の写真よく撮れましたね。
どう見てもミニスカートのおねえさんの足にピントが合ってるように
見えます。@@;

2010/6/25(金) 午後 8:38 くりーちゃー 返信する

顔アイコン

しっかりした需要があるのですね。
先日総武線では荷物室を確認しました。
千葉には地道な昭和が生きていますね。 削除

2010/6/27(日) 午前 7:46 [ tgv844 ] 返信する

顔アイコン

くりーちゃーさん、京成電鉄は昔からこういった行商専用の車両を設けていました。
1枚目の方ですか(笑)女性のアンヨがバッチリのようですが、狙って撮ったのではないんですよ。狙って撮ってたらもっとビシッと決めます〜なんちゃってクマちゃん(^_-)-☆

2010/6/29(火) 午後 10:59 mrcbcross14 返信する

顔アイコン

こんばんは。

「行商専用車」という車両があることに驚きましたが、今の時代になっても「行商」がまだ存在していることに、さらに驚きました。
これこそ自分の足で稼ぐ・・・といった商売の基本という感じがしますが、大変なご苦労もあるのでしょうね。
実は私も行商専用車に興味を持ちつつも、ミニスカートのお姉さんの足に目が行ってしまいました(笑)。

2010/6/30(水) 午後 10:36 [ 水無月 ] 返信する

顔アイコン

tgv844さん、担ぎ屋のオバちゃん達は現役でした。
京成電鉄もこういった専用車を残しているっていうのも、粋な事をやってるな〜って思います。
千葉駅も改修に入る事が決まってますので、また周辺地域の昭和がなくなってしまうのでしょう。

2010/7/2(金) 午後 11:00 mrcbcross14 返信する

顔アイコン

水無月さん、こんばんは。
行商専用車両の存在は、高校時代に知ったのですが当時は専用電車もありました。
今では専用車両という事で通常の列車に使用されていますが。
こういった、オバちゃんたちも生きがいの一つとなっているのでしょう。
お姉さんの足に注目ですか、それなら北海道に行ったら水無月さんの足を撮りますよ〜(笑)

2010/7/2(金) 午後 11:30 mrcbcross14 返信する

行商専用車、京成で走っていましたね。とても懐かしく感じます。あの、おばちゃん達は、どこに行ってしまったのでしょうか?志津駅の上りホームには、その時の名残として、重たい荷物を背負い直す時の為の、木製の棚が残っていますよ。歴史を感じます。マサでした。

2017/11/16(木) 午後 6:16 マサ 返信する

顔アイコン

マサさん、こんばんは。
俗に、カツギ屋さんと呼んでいました。
私は常磐線日暮里駅で下車している、オバさん達を見た事がありますが、よく担げるな〜って思ってました。
こういった事も、昔ながらの記録の一つですね。

2017/11/17(金) 午後 6:15 mrcbcross14 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事