全体表示

[ リスト ]

先週末から上映されている映画「未来の食卓」を観て来ました。
フランスの田舎町で、学校給食をオーガニックに変えようという運動を描いた
ドキュメンタリー映画。

フランスといえば食料自給率100%以上の農業王国。
特に地方はほとんどが農業で、ワイン用の葡萄生産者やフランスパン用の小麦生産者も多い。

その村で、子供が生まれながらにして体内に化学物質を持って生まれてくるという、
あまり知られていない現実を、数字とともに紹介してくる。

今まで、あまりにも多くの農薬や殺虫剤を使用して来た結果で、
もう手遅れなのかもしれないが、未来=子供たちに食べさせるものから改善しようと、
行政と学校が農家と一緒に給食の内容をオーガニックなものに変えていく様子を描いている。

日本も同じ状況だが、もしかしたら、フランスではもっと深刻な状況なのかもしれない。

ゴア・アメリカ前副大統領が描いた「不都合な真実」にも劣らない内容だったが、
渋谷のアップリンクという小さなミニシアターでの上映なのが残念。
もっと多くの人に見てもらいたい、特に地方の農家の生産者に観てもらいたい内容だった。
いや、正確に言うとJAや市場関係者、大型スーパーの経営者などにぜひ、観て欲しい。

アップリンクの人に聞いたら、地方でも箱が用意できて100人くらい集まれば
出張上映できるとのこと。時期は12月以降。
田舎の町でJAや農家を集めて上映会を開いてみようかと思う。

「未来の食卓」公式サイト
http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事