ここから本文です
全国にゴマンとあるという城館を、徒然なるままに紹介する探訪記。ときどき浮気して古墳も紹介。在住地の福島県の城館と古墳が中心。

書庫全体表示

岩出山城

花山館の次に訪ねたのは、大崎市の岩出山城。奥羽仕置から関ヶ原合戦までの間、短いながらも伊達政宗の本城だった城である。それ以前の戦国期は、大崎氏の執事である氏家氏の居城で、岩出沢城と呼ばれていた。政宗が仙台へ移った後は、政宗四男の宗泰が1万4,600石余で配され、仙台藩領の「要害」の1つとなる。

イメージ 1
山上にある南北に細長い本丸。その中ほどから南方を見る。南辺の土塁の途切れている部分に、かつては門があった。その先には金丸と呼ばれる馬出状の曲輪がある。その金丸には伊達政宗の像が立つ。

イメージ 2
本丸とその北にある天王寺館と呼ばれる曲輪を画する堀切。

イメージ 3
天王寺館の北西を画する横堀。堀の左側が、岩出山城で最も有名な遺構と思われる丸馬出、堀の右側が天王寺館。この横堀に、往時は木橋が架けられていたのだろう。

イメージ 4
丸馬出と城外をつなぐ土橋を、城外側の南西から見る。

イメージ 5
天王寺館を区画する長大な横堀。さすが政宗の本城、という感じ。

イメージ 6
城下にある有備館「御改所」から庭園を見る。庭園の奥の山は岩出山城で、岩壁や山容が借景となっている。

イメージ 7
この日の最後に、鳴子温泉まで足をのばし、汗を流して帰宅した。さすが鳴子温泉のポスト。こけし形である。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事