ここから本文です
全国にゴマンとあるという城館を、徒然なるままに紹介する探訪記。ときどき浮気して古墳も紹介。在住地の福島県の城館と古墳が中心。

書庫全体表示

団子山古墳

以前このブログに記したように、ここ最近、福島県の前期古墳について調べている。といっても本格的に研究しているわけではなく、現地を訪ねたり、出土品を見たりするぐらいである。その一環として、昨年の11月30日に須賀川市の団子山古墳を訪ねた。福島大学による近年の調査で、全長65メートルの前期の前方後円墳であることが判明した。

イメージ 1
後円部を平地側の北西から見たところ。見上げるように大きい。丘陵先端部に後円部を造営して、平地側から墳丘が大きく見えるようにしているのだろう。

イメージ 2
解説板。

イメージ 3
後円部を山側の東から見たところ。前方部は完全に削平されており、現況ではわからない。発掘調査が実施されるまでは円墳と考えられていたのも仕方ない。

イメージ 4
須賀川市立博物館に常設展示されている団子山古墳採集の円筒埴輪。同じ年の9月に同館を訪ねた際に撮影。同館建設のきっかけの1つとなった首藤保之助氏のコレクションに含まれる。近年の研究で、前期後半の埴輪であることが明らかとなった。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事