ここから本文です
全国にゴマンとあるという城館を、徒然なるままに紹介する探訪記。ときどき浮気して古墳も紹介。在住地の福島県の城館と古墳が中心。

書庫全体表示

小館

今日は久しぶりに城へ行った。ここのところ気になっている馬出つながりで、川俣町羽田の小館を訪ねた。高橋圭次氏が作成した縄張図(高橋「小館の縄張りから見た大内定綱の伊達領小手郷侵略」『福島史学研究』第97号 2019年)に刺激されてのことだ。

イメージ 1
城域の南側を画する竪堀を斜面上方の東から見る。

イメージ 2
主要部の南東に開く虎口。手前から奥へ進み、正面の壁の手前で左に折れるルート。

イメージ 3
城域の南西部にある丸馬出を北東から見る。写真の手前左側が横堀、右側が馬出へ出る土橋。

イメージ 4
丸馬出を形成する切岸を北から見る。

イメージ 5
城域の西側を画する横堀を南から見る。

小館は、確かに丸馬出を構えた城だった。伊達郡と安達郡の境界近くにあるので、高橋氏が評価するように、伊達氏と大内氏の緊張時に取り立てられた可能性が高い、と思う。それにしても、福島県中通り地方で丸馬出は珍しい。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事