ここから本文です
全国にゴマンとあるという城館を、徒然なるままに紹介する探訪記。ときどき浮気して古墳も紹介。在住地の福島県の城館と古墳が中心。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

桑折西山城

小館の後、福島盆地を北上して桑折西山城に向かう。伊達稙宗が梁川城から移り、晴宗が米沢城へ転じるまでの間、戦国大名伊達氏の本城であった。最近整備されたとのことなので、久しぶりに訪ねることにした。

イメージ 1
桑折町の町場にある桑折寺の山門。桑折西山城の城門が、同城の破却に際して移築されたと伝わる。上下のボリュームがアンバランスな感じ。屋根に比べて柱が細いせいだろうか。見たところ、柱は後世に取り換えられているようだ。

イメージ 2
桑折西山城の南域を画するとされる産ヶ沢に架かる橋。落とし物の取り扱いに関連し、伊達氏の『塵芥集』に橋が登場するのだが、その橋もこの場所に架かっていたのだろうか。写真の奥に見える丘陵が桑折西山城。

イメージ 3
城の南麓にある観音寺の観音堂。桜が見頃であった。

イメージ 4
本丸と呼ばれている曲輪を南から見る。写真の中ほど左よりの白く見える部分が、本丸の大手の虎口。発掘調査によって、門の跡や破却されていたことなどが確認された。もしかしたら、桑折寺の山門は、往時はそこにあったのかもしれない。

イメージ 5
本丸の中心的な建物。柱の配置が復元されている。

イメージ 6
中館と呼ばれる曲輪の枡形虎口。土塁がL字状に屈曲しているのがよくわかる。

イメージ 7
中館と西館の間の横堀。堀の左側が中館、右側が西館。

イメージ 8
西館の北西辺を画する横堀。

桑折西山城の最大の特徴は、本丸・二の丸と中館と西館の3つの曲輪群が並立しているところ。本丸・二の丸が最も規模が大きく、中心となる存在であるのは明確なのだが、麓から各曲輪への城道がそれぞれ別にあるようだ。稙宗期における伊達氏権力の属性を反映しているのだろう。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事