ここから本文です
全国にゴマンとあるという城館を、徒然なるままに紹介する探訪記。ときどき浮気して古墳も紹介。在住地の福島県の城館と古墳が中心。

書庫宮城県の城館

記事検索
検索

全1ページ

[1]

白石城

村田城の後、南下して白石城へ向かう。仙台藩重臣の片倉小十郎の居城である。

イメージ 1
文禄期の構築とされる石垣。白石城へ行ったら必見である。

イメージ 2
木造復元された三階櫓。石垣は現代の積み直し。

イメージ 3
三階櫓から見た本丸の土塁。

イメージ 4
城下に残る武家屋敷。城下町の雰囲気が残る街並みを、白石城から歩いて10分ぐらい。

イメージ 5
市役所の駐車場から城内まで、シロクロードが整備されている。ネーミングがうける。

村田城

今日は、職場のバスツアーの下見に出かけた。テーマは宮城県南部の城と城下の探訪。まず訪ねたのは、村田町の村田城。

イメージ 1
本丸の北西を画する規模の大きな堀切。

イメージ 2
広い本丸。ちょうど桜が見頃だった。

イメージ 3
本丸南西部縁の土塁。けっこう規模が大きく、外側には横堀が沿う。

イメージ 4
本丸から城下の方向を見る。手前の小学校や役場の敷地となっている場所に、江戸時代の二の丸があった。

イメージ 5
願勝寺の山門。二の丸の城門が移築されたもの。往時は茅葺だったらしい。

イメージ 6
村田は蔵の街並みで有名である。江戸や上方へ紅花を運ぶ商人が活躍したとのこと。

村田城は、戦国期までは村田氏の居城だったが、江戸期には仙台藩の「所」となり、山麓に二の丸が構えられた。戦国期の景観をとどめる本丸の周辺は、公園として整備されているので、とても見学しやすかった。城下の蔵の街並みも必見である。

岩出山城

花山館の次に訪ねたのは、大崎市の岩出山城。奥羽仕置から関ヶ原合戦までの間、短いながらも伊達政宗の本城だった城である。それ以前の戦国期は、大崎氏の執事である氏家氏の居城で、岩出沢城と呼ばれていた。政宗が仙台へ移った後は、政宗四男の宗泰が1万4,600石余で配され、仙台藩領の「要害」の1つとなる。

イメージ 1
山上にある南北に細長い本丸。その中ほどから南方を見る。南辺の土塁の途切れている部分に、かつては門があった。その先には金丸と呼ばれる馬出状の曲輪がある。その金丸には伊達政宗の像が立つ。

イメージ 2
本丸とその北にある天王寺館と呼ばれる曲輪を画する堀切。

イメージ 3
天王寺館の北西を画する横堀。堀の左側が、岩出山城で最も有名な遺構と思われる丸馬出、堀の右側が天王寺館。この横堀に、往時は木橋が架けられていたのだろう。

イメージ 4
丸馬出と城外をつなぐ土橋を、城外側の南西から見る。

イメージ 5
天王寺館を区画する長大な横堀。さすが政宗の本城、という感じ。

イメージ 6
城下にある有備館「御改所」から庭園を見る。庭園の奥の山は岩出山城で、岩壁や山容が借景となっている。

イメージ 7
この日の最後に、鳴子温泉まで足をのばし、汗を流して帰宅した。さすが鳴子温泉のポスト。こけし形である。

開くトラックバック(0)

花山館

姫松館の次に訪ねたのは同じく栗原市の花山館。一迫川上流の山間地に立地し、現況では西・南・東の三方が花山ダム湖に囲まれている。随所に二重の横堀がある。

イメージ 1
主郭東側の二重横堀のうち下段のもの。写真の右側が城外。

イメージ 2
主郭東側の二重横堀のうち上段のもの。写真左側の外に先ほどの下段横堀があり、写真右側の斜面の上に主郭がある。

イメージ 3
副郭西辺の二重横堀。写真左端の窪みが内側上段の横堀、まん中の盛り上がりが横堀間の土手、写真右端の窪みが外側下段の横堀。

イメージ 4
副郭南端から見た南方の眺め。土地勘がないので地名まではわからないが、けっこう遠くまで見える。これから行く岩出山も見えているのだろうか。手前の湖は花山ダム湖。

花山館の特徴は、なんといっても二重の横堀を多用していること。先ほど訪ねた姫松館とよく似ているように感じた。同じ時期に、同じ主体によって取り立てられたのではないだろうか。姫松館は、大崎・葛西一揆の際に伊達政宗のテコ入れで築城されたとの考えもあるようだが、大崎氏をめぐっては戦国期にたびたび紛争がおきており、そのゴタゴタの折の城館ではあるまいかと妄想する。

開くトラックバック(0)

姫松館

今日は宮城県の大崎地方に遠征した。まず訪ねたのは、宮城県随一の縄張を持つとも評される栗原市の姫松館。確かな文献史料はなく来歴など謎が多いが、大崎・葛西一揆の際に伊達政宗のテコ入れで築城されたと考えられているようだ。東西に伸びる稜線上に曲輪群が連結する。

イメージ 1
最も西側の曲輪、現地の看板で「西館」とされている曲輪の北辺の横堀。写真の左側が「西館」。

イメージ 2
「西館」の東側にある「中館」とされる曲輪の西側を画する堀切。なんと三重になっている。奥の2本は東側に折れて「中館」の北辺を画する二重の横堀となる。写真右側の土橋は園路の敷設に際して埋められた後世の改変だろう。

イメージ 3
「中館」の曲輪の北辺を画する上段の横堀。「中館」の北辺および西辺には土塁が構築されている。

イメージ 4
「中館」の東側にある「東館」とされる曲輪の東辺を画する二重の堀切。写真中ほどの土橋は、先ほどと同じく園路敷設の折の後世の改変だろう。

イメージ 5
「東館」の東側にも複数の曲輪があり、その最も東側の曲輪の南斜面には竪堀と竪土塁が伸びる。写真左側の藪の中に竪堀がある。写真中ほどの竪土塁の右側が城内。

イメージ 6
最も東側の曲輪の東辺から南辺は二重の横堀で画されている。写真の手前下が外側下段の横堀、写真奥が内側上段の横堀。最も東側の曲輪は藪が濃い。下草刈りをしたら立派な遺構が現れるので、栗原市には頑張って下草刈りの予算をつけてほしい。

姫松館の特徴は、稜線上に曲輪が連なり、それぞれが並立的なところ。そしてその曲輪取りに横堀や堀切が多用され、二重になっている部分が多いこと。堀は非常に立派なのだが、虎口がはっきりしない。今回確認できたのは、最も東側の曲輪の南辺中ほどに開くもののみ。この虎口は、内側上段の横堀を土橋で渡り、曲輪の縁でルートが屈曲して内枡形状になるが、非常に貧弱である。伊達政宗が築城や運用に関与しているのであれば、もう少し立派な虎口がありそうな気がする。ただし、多重化した横堀などは伊達氏の特徴のようにも見えるので、悩ましい。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事