松山労山のブログ(四国) プロフィール写真は奥穂登攀するK女史

山の会の掲示板 新会員募集中です 見学、お試し登山大歓迎 投稿大歓迎

全体表示

[ リスト ]


日時  2019年 5月25日(土)
場所  白髪山(本山町) 
コース 蛇野登山口(行川ルート)〜林道登山口〜白髪山〜八反奈路〜(林道経由)〜林道登山口〜蛇野登山口

シャクナゲの花のシーズン到来、高知県本山町の白髪山へ行ってきました。

行川ルートの林道登山口を目指しましたが、林道通行止めの案内板があり、断念。蛇野の道路脇のスペースに駐車させていただき、ここから登山開始しました。蛇野から林道登山口までの道は、落ち葉多めで滑りやすいですが、道もはっきりしていてテープも多くわかりやすいです。
林道合流後、しばらくの林道歩き、新緑が美しいです。林道登山口からは、階段状に整備された登山道に変わりました。
しばらく歩くと、満開のシャクナゲに囲まれた道に。盆栽のように複雑な形をした木々とのコラボ。素晴らしい景色です。シャクナゲのピンク色は、日陰でもよく映えます。株によって、ピンクの濃さが違うので、それぞれに見とれてしまいます。
イメージ 1

しばらくシャクナゲを見ながら歩くと「左 風穴」の看板のある場所に。登山道左側から冷風が流れてきました。苔むした岩の登山道から流れてくる冷風に、この日はとても暑かったので助けられました。
最後の急坂を上ると見晴の良い山頂に。少し張り出した岩状の山頂は展望が最高です。新緑の中から檜の白骨林が連なっています。
イメージ 2

山頂から、八反奈路を目指しました。道標もあり、わかりやすい登山道です。
八反奈路のエリア、足を踏み入れると空気感が変わります。勾配が緩やかになり、檜以外の木々も大きく神聖な雰囲気です。エリア内には、次々と檜の巨木が現れます。なんでこんな形に??と思うような巨木もあり、観察しているとどんどん時間が過ぎていってしまいます。ここで、立ち止まってゆっくり過ごしたい!と思いましたが、私たちは愛媛まで帰らないといけないので、後ろ髪ひかれながら歩きます。巨木たちの足元には、ニックネームと推定樹齢、樹高、直径、値下がりの高さ、着生植物を紹介したプレートが控えめに添えられていました。一本一本じっくり観察してみたかったです。
イメージ 3
イメージ 4

八反奈路から元来た場所に戻り、林道を経由して林道登山口に戻りました。この林道、数か所崩落していて、石やら倒木やらを乗り越えて歩く必要があります。
林道登山口からは元来た道を蛇野まで戻りました。
白髪山、見どころ満載の素晴らしいお山です。時間が足りない。
今日もとても楽しい山行でした!
   

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事