松山労山のブログ(四国) プロフィール写真は奥穂登攀するK女史

山の会の掲示板 新会員募集中です 見学、お試し登山大歓迎 投稿大歓迎

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

西穂独標、乗鞍岳

GWに西穂の独標と乗鞍岳に行きました。
メンバー S、会員外2
行程
27日 夕方松山発、新穂高温泉無料駐車場で仮眠
新穂高温泉無料駐車場07:26→07:34新穂高温泉バス停→07:38中崎山荘 奥飛騨の湯→08:02新穂高温泉駅08:29→08:34鍋平高原駅08:47→しらかば平駅08:48→09:01西穂高口(千石平)09:25→09:49旧ボッカ道分岐→10:29西穂山荘10:58→11:21西穂丸山11:221→12:49西穂独標13:21→14:07西穂丸山14:17→16:43新穂高登山指導センター16:44新穂高温泉バス停16:44ゴール地点G 奥飛騨リバーサイドキャプ場泊

 当初は常念岳方面で縦走の計画でしたがメンバーの体調不良等で宿泊は麓のキャンプ場を利用することにしました。40年ぶりの新穂高温泉、計画段階でキャンプ場がなくなっていたのにびっくりでしたが、到着したら、駐車場にあった公衆電話BOXは撤去、登山センターの建物も変わり、川の対岸にある中崎山荘は木造の本館が跡形もなくRC造の新館も閉鎖されていて時の流れを感じさせられました。スキー場があったように思うのですが・・・・・
 
 翌朝、ロープウェイ駅に向かう途中に移転した中崎山荘を発見。
 朝一のロープウェイはすでに満員で乗車できずでした。ロープウェイ終点の西穂高口駅の展望台で風景を楽しんだあと西穂山荘に向かいました。山荘までアイゼンを使用することはありませんでしたが、アイゼン装着の方もありました。コースタイム分の90分しっかり歩かされると思っていたのに1Pで西穂山荘に到着。

 山荘からはアイゼンを付けました。明け方の真っ青な空とまではいきませんが、まずまずの天候でした。山荘からは足取り重たく、駅から山荘までと山荘から独標までが同じコースタイムなのは納得行かないとブツブツ言いながら西穂に独標に到着。丸山から独標を見た時は、大勢の人でしたが我々があがった時は、数人の登山者のみ。しばらくすると後続の登山者が続き、独標手前の岩場は登下の登山者で大渋滞の様相。

 アイゼン引っ掛けないように慎重に下ります、岩場を抜けてもペースは上がらず、夜行運転の疲れか、ロープウェイの終発までに間に合えばなんとかなるという気の緩みか。

イメージ 1
新穂高登山センター駐車場から笠ヶ岳方面を望む

イメージ 2
ロープウェイの中から笠ヶ岳方面

イメージ 4
 西穂高口ロープウェイ駅展望台から望む御嶽山

イメージ 3

西穂山荘テン場
イメージ 5
丸山付近から 下の谷底は上高地 右は乗鞍岳
イメージ 6
 丸山から笠ヶ岳

イメージ 7
西穂独標から、独標手前の岩場
イメージ 8
独標から西穂

イメージ 9
西穂独標から 富士山 富士山の右手前は甲斐駒ケ岳

時間はあるとのんびり下る、ロープウエイの待ち時間もあり、新穂高登山指導センターに下ると17:00前、キャンプ場の管理人さんから現在地の確認の電話がかかってきた。

イメージ 10

奥飛騨リバーサイドキャプ場は桜が満開、荷物を広げてゆったりとテントを設営する、今夜はバイクのツーリングのグループ、家族連れなど12張り程度のテント村となった。



登山学校(地図読み)

日時:2019年4月13日(水)20時〜22時
場所:松山労山会事務所
講師:A
参加:7名

4/21の定例山行で登る大森山、佐々連尾山を教材にして、地図読みの勉強をしました。
まずは基本のおさらい。
地図の種類(登山地図、ガイドブック、地形図)と読み方。
私はもっぱらスマホアプリで地図を見ているのですが、スマホは電池が切れたらアウトなので、紙の地図を持参するのは大事です。
次に自分が今どこにいるのかを常に意識して周りの情報を読み取る事の重要さも教わりました。
尾根なのか、沢なのか、地図と比較しながら登っていくとより現在地が把握できて、道迷いの防止に繋がります。
山行前に地図を読み込んで、登山ルートをイメージしておくと、より地図読みが楽しくなるそうです。
実際に地図に尾根と沢に色付けして、大森山〜佐々連尾山の登山ルートをイメージしてみました。
次に、コンパスを使って目指す方向を導き出す方法、山座同定の仕方を実際に方角を向いて試してみました。
正しく使えばコンパスは常に行くべき道を示してくれる、大切な道具であることを実感しました。
4/21の山行ではさっそく学んだことを試してみようと思います。

K
イメージ 1
イメージ 2

極山(564m)明浜町

■極山
日時:2019.03.17(日) 
場所:極山(564m)明浜町
参加:O、A、A、G、K(記録)、会員外
移動距離:3.2 km
高低差:143 m
累積標高(登り/下り):351m / 332m
道路脇スタート08:30→09:17極山→10:31→ゴール

 南予二日目の午前中は極山薬師の祀ってある極山へ。
 参詣口では無い所からスタートしたので藪っています。

 道中は見晴らしも良くないのですが、1カ所開けた場所から周りの景色が見えました。
極山のピークへ。ここは三角点だけで看板もなくさみしい頂上でした。あまり来る人はいない様子です。
 しばらく進むと極山薬師が祀られているのでご挨拶。古い祠で、歴史を感じます。
ここから隣のピークへ。この道中の岩から宇和海の景色が見えるポイントがありました。
途中でツツジの花を一輪見つけました。もう春ですね。昨日の雪が嘘のようです。
隣のピークを踏んだら、車道に下りて駐車場まで歩いて戻りました

 車道を歩く途中で極山薬師の参詣登山口を見つけたました。
 参詣者はここから登るようです。参詣道は整備されているんでしょうね。

イメージ 2

イメージ 1




日時:2019.03.17(日) 
場所:笠置峠古墳(410m)宇和町
参加:O、A、A、G、K(記録)、会員外
移動距離:5.6 km
高低差:204 m
累積標高(登り/下り):447m / 454m
JR伊予石城駅11:04→笠置峠12:33→JR伊予石城駅14:01

 南予二日目午後は、笠置峠古墳へ。初めて古墳の中を見ました。
JR伊予石城駅から歩いて、笠置峠古墳には1時間弱で着きました
道筋には各所に案内板があり、途中の周辺地図には無料のパンフレットまで置いていてとても整備されています。

 古墳からは四方が見渡せて眺めも良くて、気持ちの良い午後を過ごせました。
この古墳は徒歩でも車でも上がって来られます。
(道路は林道で舗装されてないので、普通自動車の場合はゆっくり上がってください)
峠の茶屋跡の休憩場所や、水洗ではありませんが和式トイレもあるので散歩がてら来るのも良いですね.

 この日古墳に来ていたのは私達グループだけで、貸し切りでした。
 午後から晴れて、遠くまで見渡せたので、気持ちよく過ごせました
帰り道ではつくし採りを楽しみました。
私達の住む所ではつくしを食べるのが春の楽しみですが、南予ではあまり食べないそうです。
愛媛県内でも、地域の食文化は色々ですね。

イメージ 1イメージ 2
■2019年度上期の定例山行計画
松山労山では以下の通り、毎月の定例山行を計画しています。
これ以外にも、山行予定がありますので、会員外の方のお試し登山も大歓迎です。
興味のある方は、メールでご連絡をお願いいたします。

04/21 佐々連尾山(アケボノツツジ観賞)
05/12 テンプラ山行(大月山)山で山菜てんぷらを堪能します  
05/26 白髭山(シャクナゲ観賞)
06/02 クリーンハイク(手箱、岩黒山)
07/14 面河尾根(笹ユリ観賞)
08/04 稗己屋山、千本山、甚吉森(テント泊+熊出没注意)
09/07 お月見山行 20時に皿ヶ嶺に集合(希望者は避難小屋泊)
09/08 希望者は皿ヶ嶺へ


事務部K

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事