松山労山のブログ(四国) プロフィール写真は奥穂登攀するK女史

山の会の掲示板 新会員募集中です 見学、お試し登山大歓迎 投稿大歓迎

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
2018/10/17-20 奥入瀬渓流、八甲田山、岩木山に行きまた。

詳細は酔った後に

天から旅行クーポン券が降ってきた。これは行かねばならない、何処に? 四国から一番行きにくい場所は何処なのか? 北海道は直行便がある。九州はフェリーと車で行ける。沖縄はこれといった山が無い。
南方の島は相棒の好みでない。中国地方、近畿、信州も車で行ける範囲、関東はこれまた直行便を使えば近い。東北はどうだろう、直行便は無い、車で行くには遠い、しかも一人で運転するのは大変。
ならば行こう、東北へ・・・相棒は奥入瀬渓流に行きたいと言うので奥入瀬渓流メインで行く事に。私は乳頭温泉に行きたいので松山空港から秋田空港へ、秋田空港でレンタカーを借りて北上する事にした。
(当初は青森をくまなくレンタカーで回る事も検討したが申し込む時期が遅くなり旅券が取れない事もあった)

主目的は 1.奥入瀬渓流の堪能 2.温泉巡り 3.百名山2山登頂


1日目 2時間41分 休憩2分 合計2時間43分
Sスタート地点13:3714:26古城山(小松山)16:03アルパこまくさ 駒ヶ岳情報センター16:17鶴ノ湯16:1916:20宿泊地泊

2日目 8時間27分 休憩 20分 合計 8時間47分
泊宿泊地07:3507:38アルパこまくさ 駒ヶ岳情報センター10:19発荷峠10:46子ノ口10:46子の口のレストラン10:5811:08銚子大滝11:08奥入瀬渓流11:09九段ノ滝11:21馬門岩11:32石ヶ戸休憩所11:3511:59馬門岩12:0013:33九段ノ滝13:39奥入瀬渓流13:44銚子大滝14:05子ノ口14:07子の口のレストラン14:07子ノ口14:52おいらせ渓流観光センター15:13蔦温泉バス停15:33蔦温泉15:33蔦温泉バス停15:37瓢箪沼15:39蔦温泉15:39蔦温泉バス停15:46赤沼登山口15:4715:48赤沼登山口(仙人橋側)15:48仙人橋バス停15:48仙人橋駐車場15:52谷地ゲート(394号線側)15:53谷地ゲート(394号線側)15:53谷地ゲート(103号線側)15:59睡蓮沼16:01石倉岳登山口16:04酸ヶ湯ゲート16:04地獄沼16:0516:07酸ヶ湯ゲート16:11八甲田ホテル16:16日本山脈縦走起点16:16大岳登山口16:16酸ヶ湯公共駐車場16:17酸ヶ湯温泉16:19大岳登山口(湯坂側)16:2116:22酸ヶ湯公共駐車場泊

3日目 5時間55分 休憩 58分 合計 6時間53分
泊酸ヶ湯公共駐車場07:3908:21残雪期道迷い注意地点08:2308:37南八甲田展望所08:40地獄湯ノ沢08:4108:46銚子の首08:4709:00仙人岱(八甲田清水)09:0109:07仙人岱ヒュッテ09:1309:16仙人岱(八甲田清水)09:1709:19八甲田大岳・小岳・仙人岱 分岐09:38八甲田大岳森林限界09:3909:48鏡沼09:5009:57八甲田大岳10:0710:32大岳鞍部避難小屋10:3610:39大岳避難小屋前分岐10:44大岳鞍部避難小屋10:4510:45大岳避難小屋前分岐11:13毛無岱分岐11:26上毛無岱休憩所11:2911:37毛無岱の階段11:46下毛無岱休憩所11:4712:12城ヶ倉分岐12:40大岳登山口(湯坂側)12:4212:40酸ヶ湯温泉12:46酸ヶ湯温泉12:4812:52大岳登山口(湯坂側)12:55酸ヶ湯公共駐車場12:56大岳登山口12:56日本山脈縦走起点13:0813:55日本山脈縦走起点13:56大岳登山口13:56酸ヶ湯公共駐車場14:0414:24酸ヶ湯温泉14:28大岳登山口(湯坂側)14:29酸ヶ湯温泉14:30宿泊地泊

4日目
山行 1時間48分  休憩 18分  合計 2時間6分
泊岩木山八合目駐車場08:2508:49岩木山九合目分岐08:5009:02鳳鳴ヒュッテ09:0409:14長平登山道分岐09:30岩木山09:3309:39岩木山山頂避難小屋09:4109:49長平登山道分岐09:5110:02鳳鳴ヒュッテ10:0310:12岩木山九合目分岐10:1910:31岩木山八合目駐車場G
2時間21分  休憩45分 合計3時間6分
泊宿泊地10:5311:07嶽コース登山口11:3211:33嶽温泉神社11:3911:42嶽コース登山口11:5612:05岩木山神社前バス停13:59源常林の大銀杏泊

10/17 初日
松山空港から羽田へ、羽田から秋田空港に飛んだ

1154 多分鳥海山 山頂に溶岩ドームらしきものが見えます

秋田空港から乳頭温泉まで時間がある、角館と田沢湖に行く事にした

角館で昼食 13時過ぎて車で角館をうろうろ、昼時を過ぎていたので人気の蕎麦店に入る事が出来た。
平日、水曜日だからだろう。駐車場も一台開いていたのですぐに駐車し店に入る。

1359 きり長助 こしのある十割蕎麦 麺がちょっと太くてシコシコしてます。美味い



1423 武家屋敷です 武家屋敷には着物が似合いますね 歩く時間は無いので車でさっと通って角館はおしまい。
角館からは羽州街道-R105-R60-で行く予定だったのだがナビを信じて走るとR46-R341で田沢湖レストハウス側に出た。ちょうどたつこ像の対面側に出てしまった。仕方なく田沢湖を左回りで一周する事にした。

1508 田沢湖レストハウスの秋田犬 この子はまだ1年齢の子供です



1533 たつ子象


太陽が隠れてしまって田沢湖ブルーになりません ちょっと残念

R127-R194-林道で今日の宿、乳頭温泉 鶴の湯に行きます。


1606 R194との分岐 秘湯、乳頭温泉 その中でも300年の歴史を持つ 鶴の湯 に行きます
この分岐から林道かな? 鶴の湯が近くなるとダートだった
日産レンタカー、依頼してなくても四駆のスタッドレスを準備してくれていた。ありがたい事です。
通常秋田空港営業所は11月からスタッドレスに変更するそうです。


1629 鶴の湯に着きました



茅葺きの囲炉裏のある本陣、我々は東本陣だった。
次来るときがあれば囲炉裏のある本陣に泊まりたいですね


1701 内湯 こじんまりした湯舟 乳白色がいいね〜 入浴剤は入ってません。



1730 乳頭の名前の通り乳白色の温泉 風情のある湯舟
男性が入れる風呂は露天2ヶ所、内湯2ヶ所あった
一番風情のある露天風呂の写真を撮りたかったのですが混浴なのでNG


1815 今宵の御馳走 若者には好かれないかもしれないが私達にはピッタリ。
地元の食材を生かした料理、私の求めていたものでした。
料理は3人前とも思われるほどの量でおひつのごはんは半分残してしまった。
ここで牛のステーキが出て来たら興ざめでしょうね。


2007 食後の入浴 この後露天風呂にも入りました。

一番いいお風呂、露天風呂の写真は残念ながらありません。
混浴だからです。若い人も入ってました。女性も。夜で暗いので見られることも見る事もありません。


2053 囲炉裏のある本陣


0645 水車が回ってます。蕎麦を引いているのかな〜



0653 朝食も御馳走



0805 宝仙湖 ダム湖



0823 綺麗な紅葉です 標高550mくらいです


0832 玉川温泉に行く橋の上から  標高720m付近 


1023 発荷峠から十和田湖を見渡します

子ノ口に何とか車を停める事が出来た。
子ノ口からバスに乗り石ヶ戸で降車し子ノ口まで歩く事にした。


1136 石ヶ戸



1142 絵の方が自然の景色より美しい かな




1147 紅葉の時期もいいけど新緑の時期もいいでしょうね



1204 

すれ違う人、追い抜いていく人、抜いていく人 半数以上 いや7割くらいが中国人か韓国人です。
平日だからなのか 直行便があるからなのか
たまに日本人に出会うとまあまあ高齢の方ばかり 平日だからね。


1226
 

1311 



1342 銚子の滝


1408 十和田湖に出てきました


蔦沼 早朝の紅葉が綺麗らしいです。
この時間もそこそこ美しかった




地獄沼


まんじゅうふかし 地熱を使った暖かいベンチがあります。

今日の宿は 酸ヶ湯 明日は八甲田山に登る 天気はどうなのか


今日も御馳走、ついつい食べてしまいます。


紅葉の綺麗な登山口



火山らしい岩がゴロゴロした登山道を歩きます。



相棒は硫化水素が怖くて早歩きだったそうな
風があるので大丈夫と言っているのに・・・





仙人岱

仙人岱避難小屋にも行ってみました。四国とは違って大雪に耐えられる構造物でした


残念な鏡沼 


山頂で青空が見えたのはこの一瞬だけ


井戸岳と大岳避難小屋 今回は時間が無いので井戸岳は行きません







上毛無岱から振り返って八甲田山


池塘のある下毛無岱


この日八甲田山は雲で見え隠れしてました



もうすぐ下山
酸ヶ湯周辺は紅葉真っ盛りでした




時間があるので酸ヶ湯周辺の散策をします
東北大学の植物園を回る事に










キャンプ場横のブナ林です


ブナ??


この酸ヶ湯キャンプ場 綺麗な所です、テント泊したくなりますね
雲に隠れた八甲田山



今日も御馳走です
相棒は体調すぐれずアルコールを控えているので宴会は出来ません


紅葉の綺麗な場所のはずなのですが太陽が隠れて見えません 映えません


岩木山が見えます、天気良さそうです


山頂は見えてます



8合目までは車で来れます。なんとカーブの数は69ヶ所
時間が無いのでリフトで上がるつもりでしたがリフトの営業は0900時から 9時まで待てば歩くより遅くなる。仕方なく歩いて時間を稼ぎます。今日の飛行機に乗れなかったら家に帰れません。


ガスがでて景色は見えません。山頂は晴れるのでしょうか


コルに出ると火山らしい景色になりました






あちらにリフト乗場が見えます





溶岩ドームでしょうか。


有難い避難小屋があります。


岩がゴロゴロしてます。

山頂手前で滑落事故もあったとか、初心者でしょうか。


コルから山頂を目指します。あとひと登りです。


南東方面はガスが湧いてきました



天空からの景色 晴れて360度見渡せる山、独立峰ならではの景色が見えると良いですね


竜飛岬と北海道が見えます


雲海が広がり始めました




下りはガスも掛かっていたのでリフトで降ります。



下山後は岩城スカイラインの登り口から一番近い嶽温泉に入りました



岩木山 山頂は暑い雲に覆われてしまいました。良い時間に山頂に立てて良かった


また蕎麦を食べました。何気なく入った地元の蕎麦屋 美味しかったです。
ぱっと見は普通の民家と見間違えるような店構えでした。


八甲田山の山頂は今日も雲の中 早朝と夕刻しか晴れないようです


青森空港から岩木山が見えます。名残惜しい












今日も無事下山 合掌
201/10/08 石鎚山に行きました。

なんと写真が撮れてなかった。登山開始から10枚ほどしかメモリーカードに残ってませんでした。

山頂の紅葉はピークと思われるこの時期に、素晴らしい写真が撮れたと思って喜んで自宅に帰ってお楽しみの写真を見ると無い 無い 今日取りに撮った写真が無い。
これは確実に撮れる一眼レフカメラを買う必要が出てきたのか・・・。交渉してみよう。

三連休、またまた台風25号、9月の三連休も24号でつぶされ10月の三連休も台風、これからは地球温暖化、海水温上昇で台風が頻繁に発生し日本にやってくるのでしょうか。

三連休の最終日、天気予報はまあまあ良さそうである。ならば行こう、石鎚山へ
前日の15時に家を出ようと思ったが相棒が前泊は辛い と言うので止め。
いつもよりちょっと早めの0515分に出発したのだが・・・関門に着くと既に30台ほど車が並んでした。
この三連休、初日、中日と天気が悪かった。そして最終日は一番天気の良いので集中したのだろう。
三連休なので県外ナンバーの車も目立った。これが混雑の要因だろうか。
関門に着くと のんびり山歩さん、Tさん、Kさん・・・皆さんやはりこの日を選んだようです。

0515自宅発→関門→0655ゲート開門→国民宿舎側P→登山開始Sスタート地点07:40→08:42東稜分岐08:43→09:20二の鎖下09:2409:32三ノ鎖(下)09:3909:51石鎚山・弥山09:5210:14石鎚山10:1610:26南尖峰12:1813:23東稜分岐13:3414:29ゴール地点G →1500土小屋発→1710自宅着

当初の計画では登りに東陵コース、下りは一般登山道としてました。東陵基部までの笹の表面の水滴を観察していると朝の早い時間に東陵を登るとずぶ濡れになりそうです。よって登りは一般登山道で行く事にしました。

山頂付近の写真無しのブログになってしまった。何故 TG−5 写真が撮れてなかったのか、謎である。帰宅して設定ダイヤルをいろいろ変更してみて再現を試みたが駄目でした。







国民宿舎側の駐車場に車を停めました。
道からの階段は苔むしています。
ここからのの方が土小屋からよりちょっと近いかも。


土小屋からの登山道と合流



天気は期待出来そうです。


山頂付近はいい感じにガスが掛かってます。
昨日から山頂にいた写真家さんはいい写真が撮れたかな


矢筈岩がガスに隠れてます
この辺りももうすぐ紅葉真っ盛りになる


2018/09/23 寒風山-笹ヶ峰に行きました 
  寒風山登山口-笹ヶ峰南面-寒風山登山口周回 相棒と

9/22〜24の三連休、天気が良くない、信州方面の山に行こうと考えていたが秋雨前線が消えそうにない。
で、仕方なく中四国の山に一泊二日くらいで行こうと計画したが3日間雨になりそうだ。
直前になり9/22のみ晴れマークが出たので仕方なく日帰り登山にした。
最初は4人で行く予定だったか体調不良で2人でジムニーで行く事に。
ロングコースも考えましたが新人(未知数)といっしょに山に行くので寒風山のピストンで計画しましたが予定が変わり周回コースにしました。

主目的は1.新人を山に連れていく でしたが体調不良で次回に持ち越しです。

0605自宅発→松山IC→寒風山(伊予富士)登山口07:52 08:40桑瀬峠09:35寒風山(西峰)09:37 09:40寒風山09:41 11:10笹ヶ峰11:4013:08南尾根登山口13:09 14:05寒風山(伊予富士)登山口14:12 14:38東黒森14:42自念子ノ頭14:51瓶ヶ森登山口15:03伊吹山15:16土小屋15:1719:13ゴール地点G





出発時刻/高度: 07:43 / 1137m   到着時刻/高度: 14:11 / 1130m
合計時間: 6時間27分        合計距離: 10.87km
最高点の標高: 1842m        最低点の標高: 1062m
累積標高(上り): 1218m     累積標高(下り): 1197m


登山口は満車状態 まだ紅葉も始まってないのに何故? 県外№も多くみられた。
帰ってくると路駐だらけだった 人気の山ですね


また4トン車以上は通れません。ジムニーの次の車は4トン未満にします。
雨量による通行規制もありますので情報確認を


アケボノソウ 寒風山では珍しい花です。瓶ヶ森には沢山咲いてます。


桑瀬峠 高曇りで山々は見渡せます。


伊予富士方面 この日は伊予富士の方が多かったかな


シコクフウロ まだ咲いてました。


ダイモンジソウ


センダイソウ



妖精


冠山 高知方面はこの後青空が

石鎚山 2019年 1月14日

行程
ロープウェイバス停横駐車場08:25→ロープウェイ下谷駅08:40→08:49成就駅09:00→09:21成就社09:35→八丁コル09:54→前社ケ森10:44→11:03夜明峠11:07→11:32ニノ鎖小屋11:49→12:14弥山12:56→夜明峠13:30→13:44前社ケ森→13:47→14:16八丁コル14:25→14:46成就社14:51→15:12成就駅15:20→15:31ロープウェイバス停横駐車場


12月はじめに左足の捻挫、その後のぎっくり腰で正月休みはおとなしくしていたため、新年最初の山行となる。
前日13日に石鎚に行ったY氏から雪がないとの連絡がある。星空が明けた14日、当然雪は増えていない。

 ただ、雪山の経験の少ない某女史と同行なので、ほっとする面があったのも事実。
イメージ 1
夜明峠

ニノ鎖小屋の下でシンカザマ氏と対面、西之川から刀掛を経由して夜明峠のルートを上がってきたとのこと。7:00頃に出発してロープウェイの始発に乗った同行者に追いついた?、先について待ってた?
 とにかく私にはそんな体力はない。
イメージ 2
弥山から二の森方面

 八丁のコルでアイゼンを外すと足が軽くて軽くて。足に重りつけて歩いていた三浦さんに脱帽。m(_ _)m
                                                                                                                                  By S


 

年末のご挨拶

2019-12-29  年末のご挨拶
 今年も残すところわずかとなりました。
会員の方で年末年始で、山行を計画されてる方もおられると思いますが、年末年始は強い寒気による荒天が予想されます、登山計画を十分に考慮し、装備の確認・登山届の提出等々留意し、安全に山を楽しんでください。
 この所、ブログの更新がなかなか出来てません、会員の皆様それぞれ山行されているようですが、ブログアップして頂けるよう皆さんの協力をお願いします。
山岳会として山の情報を提供していきたいと思います。
 新年会も、ありますので多くの方の参加をお願いします。
 
 皆様今年もお世話になりました、よいお年をお迎えください。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

               本日裏山からの展望です。

イメージ 4
                                                                                          (344)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事