本と映画とちょこっと日記☆

ご無沙汰してます・・・ちょっとお休み中。

全体表示

[ リスト ]

 
イメージ 1
 
                硝子の殺人者−東京ベイエリア分署  今野 敏 ハルキ文庫
[「BOOK」データベースより]
東京湾岸で乗用車の中からTV脚本家の絞殺死体が発見された。
現場に駆けつけた東京湾臨海署(ベイエリア分署)の刑事たちは、目撃証言から事件の早期解決を確信していた。
だが、即刻逮捕された暴力団員は黙秘を続け、被害者との関係に新たな謎がー。
華やかなTV業界に渦巻く麻薬犯罪に挑む刑事たちを描く、安積警部補シリーズ待望の刊行。
   キャラ読みしてますので、警察内の細かい所とかはナナメ読みなのですが・・・
 
      このベイエリアは本当に大変だなぁ、と思います。 小さいだけにやる事だけは多くて。
     
         1人何役もしなくちゃいけない現実、それを何とも思ってない捜査本部の人たち。
 
                           そしてそれをわかりつつも黙々とこなしている分署のみんな。 
 
                   これだけでも読む価値あり、って感じですよね(あれ?違う???)
                
          半日のパートなのにぐちゃぐちゃ言って働いてる自分が情けない 
 
            ストーリー展開は軽めでも、この人たちのいろいろ、
 
                       を楽しめるところがこのシリーズのよいところなんだろうな。  
 
     3冊目だし、毎度毎度に安積さんの一言キャラ紹介、みたいなのもあるし、、、
 
              大分みんなの性格がつかめてきました   やっぱりいいね〜〜〜
 
           シリーズ物ってキャラが大事なんだけど、これもかなりお気に入りになりそうな予感です
 
  安積班シリーズ   
 
       1作目→http://blogs.yahoo.co.jp/mrt7262/45105727.html
                              二重標的(ダブルターゲット)−東京ベイエリア分署
       2作目→http://blogs.yahoo.co.jp/mrt7262/45365629.html
                              虚構の殺人者−東京ベイエリア分署

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事