本と映画とちょこっと日記☆

ご無沙汰してます・・・ちょっとお休み中。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
                  抱擁、あるいはライスに塩を  江國 香織   集英社                      
[「BOOK」データベースより]
三世代、百年にわたる「風変わりな家族」の秘密とはー。
東京・神谷町にある、大正期に建築された洋館に暮らす柳島家。
ロシア人である祖母の存在、子供を学校にやらない教育方針、叔父や叔母まで同居する環境、さらには四人の子供たちのうち二人が父か母の違う子供という事情が、彼らを周囲から浮いた存在にしていた。
   うわぁ〜〜〜久しぶりの江國さんらしい作品でした
 
             こういうの、私は好きだなぁ〜    大正モダンな旧家、という感じ。
 
        それぞれに思うところはあるものの、みんなが1人ずつ、凛として生きてる、という。
 
      父親や母親が別にいても、それを変わっている事だとは思わずに暮らしている・・・
 
  ちょっと想像を絶するところはあるかもしれないけど、それが凡人なんだよね〜とか思わずにはいられない。
 
          お寿司やさんの章が一番普通っぽかったかなぁ。 
 
                           読んでるみんながああいう感じ? を痛感してるんだろうな。
 
              でも、不思議と嫌じゃなくって、何となくみんなが愛らしくて、微笑ましくて・・・
 
                全ての章が 映画を見てるような、そんな作品でした。 
 
        「人は人、自分は自分」っていうのは貧乏ならではの言葉みたいに思ってたんだけど・・・
 
                     どういう立場でもそうなんだよね、だからこその潔さ、というのがあふれてて。
 
  「食事のときのお酒を飲まないのよ、信じられる?」 みたいな台詞・・・私も同感ですが全然違うのよね〜 
 
            ゆっくりとした時間が流れてゆく・・・ 読み応え十分で とにかくよかったです                           
                            
 

閉じる コメント(8)

これは〜今一番気になっていた本です。
やっぱり良いんですね〜(^o^)
文庫になってから買おうと思います〜♪

2011/9/21(水) 午前 6:33 アンディぴ〜

まったく同感です。待ちに待った江國さんらしい作品で読んでいて嬉しかったですね!

2011/9/21(水) 午後 11:56 ヒデジぃ

アンディさん・よかったですよ〜〜〜♪
きっとアンディさんにも気に入ってもらえるんじゃないかと思ってます。読んだら感想聞かせてくださいね!!!

2011/9/24(土) 午後 7:31 mrt

ヒデジぃさん・そうですよね〜「待ちに待った」って台詞がピッタリ、同感なのも嬉しいです♪
やっぱりこういう読み応え十分なのが好きですね。

2011/9/24(土) 午後 7:32 mrt

顔アイコン

トラバありがとうございます!
江國さんの「人間はどこまで行っても一人」っていう乾いた寂しさは、言い方を変えれば「凛とした生き方」になるんですね。納得です。これからよろしくお願いします。あ、ヒデジぃさん!?

2011/9/25(日) 午前 9:15 ゆうき

アバター

こんにちは!お久しぶりです。
私はなんとなく分厚い本が読みたくなって、手に取りました。
凛として生きる、って私には難しいです。
全然、凛としてないです、私。
すみません。コメントになってなくて。TBさせていただきました。

2011/9/26(月) 午後 3:11 usako

ゆうきさん・わざわざありがとう、こちらこそよろしくお願いします。
乾いた寂しさって言葉、よ〜くわかります。でも悲愴っていうのとは違うんですよね・・・流されているようで受け入れてる・・・みたいな。
あ、ヒデジぃさんご存知でしたか???

2011/9/28(水) 午前 8:25 mrt

ウサコさん・すっかりご無沙汰してます〜お久しぶり。
久しぶりに分厚い本だったですね、読み応え十分で面白かった!!!
凛として生きる・・・なんてなかなかできませんよね。私もまだまだです。
トラバありがとう。

2011/9/28(水) 午前 8:26 mrt

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事