ここから本文です
ms自然体のブログ
ご訪問ありがとうございま〜〜す。

書庫全体表示

イメージ 1
    (追い口側へ倒れた杉が受講生の後方から直撃)

青森県野辺地町で4月16日、杉の木を切る安全講習中に倒れた木が直撃し、62歳の男性が亡くなった事故の続報です。
講師の判断ミスと、木の切り方によって、事故が起きた可能性が高いことが新たに分かりました。
野辺地町枇杷野では16日午前、森林作業員たちを対象にした講習会の実習中に、男性講師が切った高さ34m、直径40cmの杉の木が倒れ、受講していた男性を直撃しました。
この事故で十和田市洞内の森林作業員、千葉享良さん(62)が頭などを強く打って、その後、死亡が確認されました。講習会を主催した林業・木材製造業労働災害防止協会県支部によりますと、当初、2本の杉を切る予定でしたが男性講師の判断でさらに1本を切り、その切り方によって当初の予定と180度逆の方向に倒れ、千葉さんの後方から直撃したということです。また、半径およそ60mを立ち入り禁止としていましたが、周知が徹底されておらず、千葉さんを始め受講者たちは禁止の範囲内にいたということです。追加で切ったことも参加者たちに伝わっておらず、協会側は安全管理に問題があったことを認めています。講習会はチェンソーを使った伐採の資格を取るために必要なもので、協会では安全管理を徹底したうえで今後も実施していく予定です。            青森朝日放送

イメージ 3

イメージ 2

  • 一番あってはならない場所で起こった痛ましい事故ですね。
    立木の伐採はほとんどやりませんがこれからも気を付けて作業するとします。

    COOPER

    2019/5/22(水) 午後 1:57

  • 顔アイコン

    COOPERさん
    事故の全貌を知りたいので林災防青森支部へメールで問合わせたがナシのツブテ、HATENAブログからこちらへも掲載しました。

    [ ms自然体 ]

    2019/5/22(水) 午後 4:51

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事