当院は、掃骨鍼法・骨格ケレンの技術をマンツーマンでご提供

筋膜はじめ結合組織に存在する線維芽細胞のお蔭で、生体の再生が可能

全体表示

[ リスト ]


≪結合組織・筋膜(Myofascia)主な情報元
①首都大学東京竹井仁先生 ②国際筋膜研究会:早川 敏之先生
 
.広義の筋膜とは
 
特別に構成された構造物、筋、腱、腱膜、靱帯などのほかに、身体の解剖できる線維性結合組織を筋膜と呼ぶ。
これは一般的な線維性の膜というだけでなく、本質的には結合組織の一部であり全ての筋膜性構造物が、形態系および機能系の一部とみなしうるものである。
局所の必要性に応じて・厚さ・線維性の密度・脂肪の蓄積・膠原線維や弾性線維・組織液など、相対的な量においても様々である。
 
.筋膜(狭義)の種類と働き

a.浅筋膜(Superficial fascia
皮膚直下に存在し、身体全体を覆っている。例えば、皮膚をコートとするなら、その裏地の様なもの。
・ 働き : 皮膚と筋の間のスライドを援け、外部からの圧力に対して筋肉を保護する。
b.深筋膜(Deep fascia
・ 例えば、コートの下に着るスーツの生地。(大小600もの筋を容れるポケット付き)
・ 働き : 個々の筋〜筋群を覆って内外から支える。固定、収縮の制限、他の筋との摩擦の軽減。

・筋外膜 : 筋を包んで、腱・靭帯に連なる
・筋周膜 : 筋束を包んで、腱・靭帯に連なる
・筋内膜 : 筋線維を個々に包む(コラーゲン線維)
・腱・靭 : 筋と骨、骨と骨を結わえ付ける。伸び率は45%。
        6%で部分断裂、8%で断裂する。
 
筋膜は運動器官の構造のすべてに連結されているので、運動器官の機能障害を左右する可能性がある。
 運動不足や悪い姿勢を長期間続けていると、細胞外基質の流動性が落ちてドロドロになる。そしてゼラチンのように固まり(ゲル化という)、コラーゲンやエラスチンの新陳代謝を妨げて筋膜の復元性が低下する。
 
*グリケーションコラーゲンに糖質がくっついて、ベタベタして毛玉のように絡み合う。エラスチンの復元性が低下する。⇒筋膜にねじれ、突っ張りが生じる。⇒隣接する筋肉の動きが制限され血液循環が悪くなる。⇒凝りや痛みを生じる。
*外傷・廃用・循環不全・運動不足・長期間にわたる不良姿勢などの継続の終末:脱水⇒収縮。基質がゲル状になり、筋・腱・筋膜の短縮や機能障害を引き起こす。
 
*【ご参考】【筋膜癒着】Myofascial adhesion 日本語字幕版
《Fuzz Speech by Gil Hedley/with Japanese subtitles by Yukio Kurano》
https://www.youtube.com/watch?v=cIvWK1Vcq7g&feature=share

.鍼灸治療

線維芽細胞は、組織損傷時に著しい働きをする。即ち、自ら細胞分裂をして増殖し、コラーゲン・エラスチン線維を産生し、ヒアルロン酸で潤し損傷治癒に務めてくれる。
筋トレによる超回復は、この性質を活かしたものと言える。またこれをフルに活用すれば、生体がギヴアップした古傷でさえも、直にアプローチし再構築を促すことになる。病巣に直談判が出来る事。これが鍼灸療法の特異性。
 
リズナブルな傷を以って、有害な疵を制す
筋膜も骨膜も結合組織の一つであり線維芽細胞が常在しており、損傷を引き金に自ら分裂増殖し、コラーゲン・エラスチン線維を分泌、組織再生してくれる。筋トレによる超回復は、この特性を活かしたものと言える。さて、我々鍼灸療法の特異性は、病巣に直談判が出来る事。それは、生体がギヴアップした古傷でさえも、再構築を促すことが出来るということ。
リズナブルな傷を以って、有害な疵を制す 
 
.サイドテーブル

ヒトbodyの成り立ち】
①細胞⇔②組織⇔③器官⇔④系⇔⑤body(ヒト・個体)

②の組織は以下の4つ
.上皮組織
.支持(結合)組織
.筋 組 織 
.神経組織
Ⅱの支持(結合)組織に見られる細胞
線維芽細胞(固定細胞)
脂肪細胞(固定細胞)
大食細胞マクロファージ、組織球;遊走細胞)
肥満細胞(遊走細胞)
形質細胞(遊走細2胞)
細網細胞(固定細胞)
その他、リンパ球(遊走細胞)、酸性好性白血球(好酸球)(遊走細胞)、色素細胞などが見られる
  a 膠原線維(主成分:I 型コラーゲン)
b 細網線維(主成分:III型コラーゲン)
c 弾性線維(成分:エラスチン)
  プロテオグリカン(成分:コア蛋白とGAG

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事