佐渡祭譚

佐渡の祭り愛好家のブログ

その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

木遣り

イメージ 1

ソーラエーサァー 一にぁ きのとの ヤーエー

ヤートコセー ヨーイヤーナー

オサ 大日様だよ ヨーイトコナー 

ソーラーハアリャ

ハーリワヤノドッコイショ ヨーイトコ ヨーイトーコーナー



二には 新潟の 白山様だよ

三にゃ 讃岐の 金比羅様だよ

四には 信濃の 善光寺だよ

五つ  出雲の 縁結びの神 (お社様だよ)

六つ  村上  天王様だよ

七つ  成田の お不動様だよ

八つ  八幡の 八幡様だよ

九つ  高野の 弘法様だよ

十で  当社の 小田原様だよ




佐渡の大獅子で

唄われている

一般的な

木遣りの文句です


十は

その地域の神社になる



毎晩

豊岡で稽古する学生に付き合って

唄っているせいか

頭から離れない

体に異変

昨日から

豊岡で新潟大学の学生の稽古が始まった


日ごろ静かな集落に

太鼓の音が鳴り響き

数十年ぶりに

木遣りがこだました


豊岡では

鬼太鼓は継承しているが

大獅子は頭と幕はあるものの

途絶えている


今回

せっかく大勢の学生が手伝いに来るのだから

大獅子を復活させよう

というにとなった


だが

やり方

唄は子どものころ見た記憶がある

程度

地元の人だけでは無理なので


豊岡にゆかりのある方に

お願いして

稽古をつけていただいた


夜の6時から9時まで

中休み20分


木遣りに

付き合った


朝起きると

体に異変が


のどいてぇ〜

祭りお助け隊

昨日雪が降った

宇賀神祭りを過ぎて

この天気は珍しい

イメージ 1



しかし

打って変わって

今日はこんな天気

イメージ 2




話は変わるが

佐渡の祭りを見歩いているうちに

祭りお助け隊

なるものができないだろうかと

考えるようになった


集落のアイデンティティを支える祭り

続けたくとも

人手が足りない

しかし

祭りに対する想いは強く熱い人たちがいる


そんな人たちのお手伝いをしたいと

昨年6月

NPO法人佐渡芸能伝承機構を立ち上げ

すぐさま

国土交通省の

新たな公に応募したところ

採択され活動を開始した


そして

3月30日

やりたかったことの

一歩が始まる

新潟大学教育学部

森下ゼミの学生11名が

豊岡に入り

4月12日の祭りを手伝うのだ


このことについては

このブログか

伝承機構のブログで

報告していくつもいです

宇賀神祭り

今日3月25日は

宇賀(うか)神社の祭り

地元では

宇賀神祭りという


この日まで

タイヤをかえるな

といわれ

春の到来を告げる祭りだ

イメージ 1



宇賀神社は

宇賀神さんの名で親しまれ

小佐渡富士ともいわれる

標高100mほどの

糠塚山の頂上に鎮座している


さて

山頂にある神社にお参りするには

長い石段を登らなければならない

これが結構きつい

イメージ 2



でも神社に着くと

景色は最高

イメージ 3



下る途中にも神社があり

その彫刻が見事

イメージ 4



さ〜て

下りも大変だ

イメージ 5



御祭神の権現が白蛇であることから

商売繁盛

厄除け

縁結び

大漁

などのご利益があるとして

多くのひとから

篤く信仰されている

先日

たんだ(北田野浦)の方から

鱒をいただいた

昨年獲っり冷凍しておいたものだ


これが実に旨い

臭みがなく

焼くと程よい油が染み出くる

さっと塩を振って

醤油を少々かける


う〜ん最高


これに合うお酒は

真稜純米ライト


くぅ〜いいねぇ〜



佐渡にいてよかった

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事