ここから本文です
デカヨーキーこてつのてくてく散歩PART2
Instagramの検索キーワードは kotetu88 アメブロは https://ameblo.jp/kotetusanpo

書庫全体表示

イメージ 1

結婚25年目のお祝いにどんなイベントを行なえば思い出に残るのか?

25年間いろんな旅館やホテルに宿泊しましたが、鮮明な記憶が残っているのが殆ど無く、唯一詳細に覚えているのがふらりと寄った吉奈温泉の御宿さか屋だけ

レトロな客室露天風呂付プラン

部屋に入るなりきしむ床、冷蔵庫が…見当たらずフロントに連絡すると氷の入ったクーラーボックスを…、朽ち果てそうなベランダに置かれた露天浴槽、勿論トイレはレトロ(笑)
部屋だけでも思い出に残りましたが、夕飯が武士の様に裃に丁髷のカツラをかぶり、ダミ声の女将さんが作るお狩場料理を殿様気分で頂く

これほどの強烈な印象がないと記憶に残るのは難しいのかも






イメージ 2

ヒルトンやシェラトンなどの外資系ホテルは泊まることはありましたが、日本のホテル御三家 帝国ホテル、オークラ、ニューオータニは見たことすらありません

そんな御三家の一つニューオータニ

昭和39年の東京オリンピックの開会式に間に合わせる様に、設計図も完成しないまま突貫工事が始まり何とか開会式の40日前に完成したこのメイン棟

現在はその後出来た2つの高層ビルのホテルを含め3棟の建物からなります






イメージ 3

17階建のメイン棟は

関東大震災後制定された建築基準で高さ制限があった頃なので、日本で一番高い建物は国会議事堂だった様で

その建築基準の制限緩和で国会議事堂を抜いて当時日本で一番高い建造物がこちらのホテル

その後あの霞が関ビルに抜かれる事になりますが

霞が関ビルと言えば小学校の修学旅行で首都高から東京タワーや霞が関ビルをバスの中から案内されたのを覚えてます

それほど当時は高い建物が少なかったんですね





イメージ 4

かなり話が脱線してるのでニューオータニの話に戻りますが

53年前のレトロ(笑)なホテルかと思っていましたが、8年前にリニューアルされていたので設備的には問題なし

毎朝朝日で部屋が明るくなるので目が覚めますが、遮光度の高い窓枠の作りは朝の光が入らないので普段よりゆっくりと休むことができます






イメージ 5

浴衣が(笑)

外国人宿泊者の多いホテルならではのおもてなしでしょうか

チェックインは2時からでしたが、11時過ぎに到着してしまったのでホテルに車と荷物を置いて出かける予定が、既に部屋の準備が整っているとの事で早いですがチェックイン







イメージ 6

神田藪蕎麦でお蕎麦を食べた後ホテルに戻り

ホテルロビー階のパテスリーSATUKIのスーパーモンブランを

ソフトボールよりは一回り小ぶりな巨大なモンブラン

厳選された兵庫産の和栗を使った洋菓子なのにかなり和風に仕立てた逸品を頂き

お腹いっぱいになったところで夕飯を食べに赤坂菊乃井へ





イメージ 7

赤坂菊乃井からホテルに戻り

17階の回転展望レストランのbarへ

ゆっくりと1時間ほどかけて回る展望レストランは、戦艦大和の砲台の技術を活かした作り

高層ビルが多い東京の中でも赤坂御苑方面は西新宿が一望





イメージ 8

六本木方面でしょうか?ビルビルビルで夜景が凄い

首都高なら明かりやビルの明かりでお祭り騒ぎ

平日ならビルで仕事をしてる方も多いのでもっと明るいのでしょうね





イメージ 9

そんなレストランの一部がBARザ・スカイ

ホテルのカクテルコンペでグランプリを貰った右側のカクテルとスカーレットオハラ

小一時間のんびりと過ごし就寝






イメージ 10

朝食はホテル内の4つの会場から好きなところで食べられるので
日本庭園を眺めながらのバイキング

1500室弱ある巨大なホテルで4つの食事処で対応出来るのも驚き

館内は40ヶ所のレストランやショッピングモールがあり2〜3日ホテルから出なくても過ごせそうなほど

雨が降っていたのでチェックアウトの12時までのんびりホテルを楽しみ

思い出に残る様記念の品を買い帰路につきました

雨が降っていなければ浅草のお得意先に車を停めさせてもらい、浅草散策で人力車にでも乗ろうかな?なんて考えていたのですが、それはまたいつの日かの楽しみに取っておきましょう

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事