ここから本文です
デカヨーキーこてつの てくてく散歩
日頃のメタボグルメはパート▲屮蹈阿鮓てね→ http://blogs.yahoo.co.jp/msenikotepapa

書庫全体表示

記事検索
検索

全285ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

先月オープンしたレジーナリゾートの最新ホテル箱根仙石原

ひと昔前のワンコと宿泊できる宿といったら

集客力が落ち潰れかけたペンションをワンコ宿に無理やりした様なホテルや

売りに出てる会社の保養所を再生した様な旅館が多かったですが

近年は新築で建築するホテルが増えてきて利用する側からすれば嬉しい限り




イメージ 2

ホテルの入口にはウエルカムドッグラン(笑)があり、ドライブ中の耐えに耐えた排泄を一気に放出できる仕様に

宿の隣には日本で1番大きな会社の社長さんの別荘を建築中とあって、立地的には日本で2番目に良いリゾート地かも(笑)





イメージ 3

部屋は土足仕様で室内履きのスリッパで生活する形ですが、まだ新しいのでついつい裸足で歩いてしまいます

半露天式の露天になりますが、木戸を完全に締める事もできますが、スタイルに自信のある方も無い方もフルオープンをオススメします

傾斜がキツイので覗かれる心配はありません






イメージ 4

食事はレジーナリゾートの施設により洋食、和食は分かれます

私達は和食が好きなので和食のホテルになりますが

味は均一ではなく、ホテルによって違いはあります





イメージ 5

同じだ会社のホテルでもホテルごとに創意工夫を凝らした料理

こちらのホテルではご飯のふりかけにと、桜エビとサツマイモの塩味にした素揚げが良いアイデアでした





イメージ 6

ホテルの楽しみの一つが朝食

栄養のバランスが考えられた健康的かつ腹一杯になり、朝食食材で苦手なものなど見たことがありません(笑)

11時チェックアウトまでホテルでのんびりした後は






イメージ 7

紅葉を見に早川沿いに行きましたが、枯れてるかもあれば、色づきはこれから?って感じもする様なしない様なで

今年の紅葉はどうなんでしょう

開くトラックバック(0)

割烹だいだい@三島市

イメージ 1

開店3周年を迎えた割烹だいだい

私が知ったのは開店したから四ヶ月目の頃でした

最初の印象はカウンター越しに厨房が丸見えで、大将の一挙手一投足に注目しながら食べる料理はLive感満載で楽しかったのを思い出します





イメージ 2

釜で炊き上げた熱々のご飯を、横にデッカい体で(笑)小ぶりな焼きおにぎりに握り、熱いんですを猛アピールする姿

そしてその日に食べたうなぎ鍋が美味かったので

翌週さっそくリピーターに




イメージ 6

翌週楽しみに行っても先週とメニューがさほど変わらず?

当初はお客さんが食べてくれなけれは次の食材も買えず、食べてくれれば次の食材が買いに行けますと嬉しそうに話してくれたのを思い出します

今ではすっかり予約の取りにくい人気店になってしまったので、次の食材の心配など無いと思いますが






イメージ 3

大将の人懐っこい性格から、他人にうまく利用されたりする事もあるかと思いますが(笑)一つ一つが人生の勉強だと私は思います




イメージ 5

開店3周年記念

花束など贈りませんが(笑)、だいだいファンのこてつよりオープンした頃の思い出でした

って、1年以上使ってないブログに書いて読んでくれる方は居るのでしょうか(笑)






イメージ 4

3年経って蕎麦打ちまで始めちゃいました

毎月毎月腕を上げてます

この鴨せいろも鴨脂だけを取った身は捨てられた贅沢な逸品

さぞや高額な鴨せいろなのかな(笑)

開くトラックバック(0)

季節料理あまね@三島市

イメージ 1

最近お気に入りの割烹のひとつ「季節料理あまね」さん

客席七席のカウンターだけで現在営業してますが、バイトさんが見つかったらテーブル席も広げて見たいと夢も広がるあまねさん

開店当初と比べキッチン周りもスッキリして調理ステージは完璧

と思いきやまだ吊り棚とか発注してあるのに大工さんが来てくれないらしく、年内に取り付けてくれるのか?大工さんって忙しい仕事で羨ましいですね(笑)





イメージ 2

生ビールが無いのでエビス🍻

お店も人気なのでそろそろ生ビールを置いても良い頃だと思います

お通しはサツマイモのポテサラ





イメージ 3

柿の白和え

お店に着いたのは午後七時半、白和えを食べてる途中から第一陣のお客さんが退席し始めます

この後一瞬私達だけに店内はなり貸切と喜びますが、その後フラりとフラりと予約無しでお客さんが入店

知らぬ間に満席





イメージ 4

姫鯛、太刀魚の炙り、鮪とお造りの盛り合わせ





イメージ 5

この日の自慢の一品

鯛かぶら

鯛をしゃぶり尽くし出汁まで平らげました





イメージ 6

太刀魚のアスパラ巻き






イメージ 7

サザエの殻が見える所に置いてあったので

サザエごはん

視覚で食べたくなるって事もあるんですね


うちの嫁さんスナックのチーママの如く周りのお客さんとよく喋る事喋る事

「バイトに入れてもらおうかしら」という始末

割烹がスナックに変わっちゃうからダメですね(笑)

開くトラックバック(0)

世界的流行⁉

イメージ 1

Instagramでウェーブ眉毛が世界的な流行だとか?

テレビでやってましたが…

どうなんでしょ〜

開くトラックバック(0)

イメージ 1

かれこれひと月も前の話で記憶もうる覚えではありますが

7月の海の日の三連休、レジーナリゾート軽井沢 御影用水に泊まりに行って来ました

軽井沢までの道のりは東名−圏央道−関越と走れば早そうなんですが、三連休の渋滞などを考えると

清里ルートの方が時間はかからますが、渋滞は無いのでは?と清里ルートを選択

信号待ち程度以外止まることのないルートでした





イメージ 2

レジーナリゾートは新築物件とリフォーム物件があり、今回の御影用水は新築物件

二階建ての横に長い作りの建物でワンコとの宿泊専用に作ってあるので、人間にとってもワンコにとっても優しいホテルになります





イメージ 3

イメージ 4

ホテルの目の前が御影用水という、農業用の浅くて広い用水路があります

用水路なのに何でこんなに幅が広いのか?不思議に思い調べてみると

標高1000mを超える軽井沢では水温が低すぎて、水田にそのまま水を流すには適さないため、この用水路で太陽を浴びさせ水温を上げる工夫がされているようなんです

昔の人は良く考えてますね!





イメージ 5

ベランダには恐怖のハンモック

以前何処ぞのホテルの庭のハンモックで地面に落ちて泥だらけになった記憶が(笑)

部屋は入った瞬間に散らかるので写真は無いです




イメージ 6

夜の料理は洋食です

上段が1泊目、下段が2泊目

このあとスープが出て




イメージ 7

メインの魚料理

料理の事は殆ど覚えていないのでハショります(笑)





イメージ 8

お口直しのシャーベットから

メインのお肉料理





イメージ 9

食事が終わりデザートとドルチェ

と行った感じの料理でしたが

和食が恋しくなるのはオヤジだからでしょうか?





イメージ 12

ちなみに朝食も洋食ですが、1泊目と2泊目は卵料理がスクランブルエッグに変わった感じでした






イメージ 11

食事の見える高さのカートに乗っているので、キュンキュンうるさいうるさい(笑)

今回の宿泊で5月のゴールデンウィークにレジーナリゾート富士にいらした方々2組にお会いしました

偶然ですが誰かが誰かを覚えていた的な感じでビックリです

皆さんワンコ宿に泊まる方は、同じような行動をするんだとつくづく思いました





イメージ 10

そして7月の後半に誕生日を迎えたこてつ🎉

ホテルのバーにて12歳の誕生日会を開きました

末長く元気で長生きしてください

開くトラックバック(0)

全285ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事