ここから本文です
デカヨーキーこてつの てくてく散歩
日頃のメタボグルメはパート▲屮蹈阿鮓てね→ http://blogs.yahoo.co.jp/msenikotepapa

書庫三島市

記事検索
検索

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

割烹だいだい@三島市

イメージ 1

開店3周年を迎えた割烹だいだい

私が知ったのは開店したから四ヶ月目の頃でした

最初の印象はカウンター越しに厨房が丸見えで、大将の一挙手一投足に注目しながら食べる料理はLive感満載で楽しかったのを思い出します





イメージ 2

釜で炊き上げた熱々のご飯を、横にデッカい体で(笑)小ぶりな焼きおにぎりに握り、熱いんですを猛アピールする姿

そしてその日に食べたうなぎ鍋が美味かったので

翌週さっそくリピーターに




イメージ 6

翌週楽しみに行っても先週とメニューがさほど変わらず?

当初はお客さんが食べてくれなけれは次の食材も買えず、食べてくれれば次の食材が買いに行けますと嬉しそうに話してくれたのを思い出します

今ではすっかり予約の取りにくい人気店になってしまったので、次の食材の心配など無いと思いますが






イメージ 3

大将の人懐っこい性格から、他人にうまく利用されたりする事もあるかと思いますが(笑)一つ一つが人生の勉強だと私は思います




イメージ 5

開店3周年記念

花束など贈りませんが(笑)、だいだいファンのこてつよりオープンした頃の思い出でした

って、1年以上使ってないブログに書いて読んでくれる方は居るのでしょうか(笑)






イメージ 4

3年経って蕎麦打ちまで始めちゃいました

毎月毎月腕を上げてます

この鴨せいろも鴨脂だけを取った身は捨てられた贅沢な逸品

さぞや高額な鴨せいろなのかな(笑)

開くトラックバック(0)

季節料理あまね@三島市

イメージ 1

最近お気に入りの割烹のひとつ「季節料理あまね」さん

客席七席のカウンターだけで現在営業してますが、バイトさんが見つかったらテーブル席も広げて見たいと夢も広がるあまねさん

開店当初と比べキッチン周りもスッキリして調理ステージは完璧

と思いきやまだ吊り棚とか発注してあるのに大工さんが来てくれないらしく、年内に取り付けてくれるのか?大工さんって忙しい仕事で羨ましいですね(笑)





イメージ 2

生ビールが無いのでエビス🍻

お店も人気なのでそろそろ生ビールを置いても良い頃だと思います

お通しはサツマイモのポテサラ





イメージ 3

柿の白和え

お店に着いたのは午後七時半、白和えを食べてる途中から第一陣のお客さんが退席し始めます

この後一瞬私達だけに店内はなり貸切と喜びますが、その後フラりとフラりと予約無しでお客さんが入店

知らぬ間に満席





イメージ 4

姫鯛、太刀魚の炙り、鮪とお造りの盛り合わせ





イメージ 5

この日の自慢の一品

鯛かぶら

鯛をしゃぶり尽くし出汁まで平らげました





イメージ 6

太刀魚のアスパラ巻き






イメージ 7

サザエの殻が見える所に置いてあったので

サザエごはん

視覚で食べたくなるって事もあるんですね


うちの嫁さんスナックのチーママの如く周りのお客さんとよく喋る事喋る事

「バイトに入れてもらおうかしら」という始末

割烹がスナックに変わっちゃうからダメですね(笑)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

三島市南本町に6月末に新規開店した
季節の料理が楽しめる割烹「あまね」さん

静岡銀行中島支店の交差点を南進、伊豆箱根の踏切の手前にお店はあります

2度目の訪問になりますが、顔を覚えていてくれてるかなぁ?と思いながら暖簾をくぐると笑顔で迎えてくれました

きっと覚えている様子





イメージ 2

まずは瓶ビールで喉を潤し、お通しのタコの酢の物を飲んで何を食べようか?とメニューと睨めっこ

少し遅い時間だった為、ビールを飲んでいると他の二組の先客さんがお会計

貸切になりゆっくり楽しめる状態に






イメージ 3

鮎の酢だき

頭の先から中骨そして尻尾まで柔らかく炊かれた鮎

残すところなく鮎を堪能





イメージ 4

刺身は鱧の湯引き、マグロ、カサゴとありましたが、カサゴのお刺身を頂きます

陸っぱりの釣りを良くしている頃はカサゴを釣ったもんだと懐かしく思いながら

あの頃は煮付けしか食べなかったなぁ〜

刺身で食べるほど大物は釣った事がないので(笑)






イメージ 5

ビールの後は景虎を飲み始めると

とととっ突然あまねさんから「こてつさんですよね〜」と

えっ!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

前回「こてつです」と名乗った事もなく、

どうやら某割烹料理店から縦の連絡網だった様ですね

それから読者の皆さん、飲食店に行ってこてつさんってどんな方ですか?と聞かないで下さい

恥ずかしいです(笑)

お猪口を見ながら想像して下さいね。よく似てますから





イメージ 6

前回食べ忘れた玉子焼き

鬼おろしの大根の食感と柔らかい玉子の絶妙な組み合わせ





イメージ 7

暑い日でしたが鳥鍋をお願いしました

鶏肉、生木耳、生麩の入った美味しい鍋でした

大好きな 出汁、最後の一滴まで飲み干し





イメージ 8

釜だきのとうもろこしご飯と赤出汁

美味しい料理の数々を頂き大満足の夜でした

既にオープン三週間にして3回目のリピーターさんも現れるほどのあまねさん、三島の名店の一つになるのは間違いないでしょう

開くトラックバック(0)

CINQ5(サンク)@三島市

イメージ 1

この夜は三島市大宮町のbrasserie「CINQ5」さんに行って来ました

新しい店名に変えてから三島とは思えない素敵な外観に変わり、facebookやInstagramで美味しそうな料理の写真を見ていて是非一度訪問してみたかったお店です





イメージ 2

店内もパリのブラッスリーってこんな感じなの?と思わせる素敵な雰囲気

実はこの日沼津のfermataさんに行こうと電話をしたんですが、講習会のため開店以来初の臨時休業だったんです😢





イメージ 3

お店に入った瞬間壁際の席にfermata夫妻が…


こんな偶然もあるものかと会話も弾み、ご夫婦の笑顔に癒され楽しい夜になりました





イメージ 4

CINQ特製サラダSサイズ

サラダの他に前菜が色々とのってくる、前菜盛り合わせ的なサラダ

見た目も味も最高ですね





イメージ 5

ムール貝の白ワイン煮500円(^。^)

どれもこれもフレンチなのに値段が安くてビックリです😍





イメージ 6

人参のスープ

ふわっふわのムースポタージュになっていて、二人で目を丸くして食べてしまいました(笑)





イメージ 7

お魚料理はオススメしてもらったスズキのポワレ

流石フレンチって言える完璧な料理





イメージ 8

牛ホホの白ワイン煮

赤ワイン煮はよく目にしますが、白ワイン煮でサッパリと美味しく頂きました





イメージ 9

グルメ番長(笑)蘭子さんのfacebookを見て食べたかった青のりのリゾット

隣の席からは「おかわり〜」の声まで(笑)



全ての料理が美味しく、値段も安く、楽しい夜になりました

三島のサンクさんリピ決定です

開くトラックバック(0)

イメージ 1

3月27日に三島市芝本町にオープンしたイタリアン「イルガルボ」さん

今年になってからは気になるお店の開店ラッシュですが

その中でもSNSに殆ど登場しないイルガルボさん、実は私が一番訪問してみたかったお店です




イメージ 2

オーナーシェフはこの辺の最高級イタリアン、クレマチスの丘のリストランテプリマヴェーラでスーシェフをされていたとの情報を聞いていたので、どの料理を注文しても安定感は抜群!安心してメニューから選べます

また、ランチも2300円?のセットがあるそうですが、ランチタイムもこのメニューの注文は可能だそうです





イメージ 3

2種類のシュワシュワで乾杯🍻🥂





イメージ 4

ホワイトアスパラと半熟卵とパルメジャーノチーズ

今度家でも作ってみたいと こてママから嬉しいお言葉が😆





イメージ 5

白インゲン豆とあしたか牛のトリッパのトマト煮込み

第二の胃ハチノスを柔らかく煮込み絶妙な塩梅に仕上げた上品な煮込み料理





イメージ 6

続いて自家製のフォカッチャとじゃがいものでんぷんから作ったパン

煮込みのトマトソースを残しておいて絡めて食べたら




イメージ 7

駿河湾 桜エビのタリオリーニ

頂いた翌日から駿河湾の桜エビが型が小さく不漁の為、休漁になってしまったのでタイミングが良かったようです






イメージ 8

仔羊のスキレット焼き バジルの香り

骨の周りのお肉も美味しく思わず手に持って骨までシャブリついてしまいました

前菜からメインまで4〜5品くらいで丁度良いと伺っていたので、このくらいの品数でお腹いっぱいになりました






イメージ 9

ドルチェのセミフレッドのティラミスとカンノーリ リコッタチーズのムースも大変美味しく頂きました

客席の見える厨房から食事の進行具合を確認しながら調理されていたので、新規オープンのお店とは思えない程のサーブのタイミングと味に、一夜にしてイル ガルボさんのファンになってしまいました





イメージ 10

まだ店内にはお客さんが居て忙しいのに、お店の外までお見送りして頂いた向山シェフ



PS
隣の席でこんな一幕もありました
お店の方がベアードビールをテーブルで注いだ時、泡が多くなってしまい新しいビールに交換する気配りも

少し待てば泡も落ちつくのにっと私は思っていたのですが

ここまで出来るお店はそうありません

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事