ポケモン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]

先日、「ポケモングローバルリンク ジャパンカップ2014 マスターカテゴリ」に出たので、そのことに着いて書いていこうかと思います。
まずは結果ですが、こうなりました。

イメージ 1

前回のファミ通カップと比べて、総対戦数はこちらの方が1つ少なめで1敗少ない。
レートも前回は1529ptと今回と大差がなく、順位も出場人数が違えど前回は6278人中1840位で今回は9373人中の1898位とあまり変わってないとみていいでしょうか。
瞬間最高レートは大体1650ぐらいでしたかね、こちらの方がやや上だった気がしますが前回とほぼ同じです。
要するに、前回とほとんど同じです。
パーティ少し変えたのに、まるで成長していないですね、はい。
とはいえ、対戦を消化しきれなかったのが少し残念です。
その時、艦これの春イベントやっていましたし。

今回出したポケモンは今週末の「2014 インターナショナルチャレンジ May マスターカテゴリ」にも全く同じものを出すので詳しくはしませんが、とりあえず紹介と使用感を書いていこうかと思います。

メガガルーラ
猫騙しや守るで追い風等のターン稼ぎにはよかったです、というか稼ぐにはこの方法しかないという。
あと、早起きでモロバレルに対抗しやすいことに気づきました。
大抵、ゴツメ持ちでやりづらかったですが。
とはいえ、期待以上の働きをしてくれました。

マフォクシー
この子はこの子で面白い行動、もといおかしなことをして相手を引っ掻き回してくれました。
基本的に鬼火やマジカルフレイムで相手に負担をかけていってくれたので、よかったかなと。
あと、意外となりきりでラプラスから貯水もらって、波乗りで回復してくれて意外と持ってくれました。

ロトム
基本的な役割は前回と変わりません。
とはいえ、ボルトチェンジで威嚇ボーマンダを出しやすい感じなったので、そこはパーティとしてよくなったかなと思います。

ボーマンダ
スカーフで打ち逃げすることが多かったのですが、それ以上に威嚇で物理に弱いうちのパーティの助けになりました。
もっとも、キリキザンがいますと制限がかかりますが(汗)
何はともあれ、期待通りの活躍をしてくれました。

ラプラス
対ドラゴン要員として連れてきましたが、大概逃げていきました。
それでも活躍はしてくれましたが。
しかしながら、ボーマンダの威嚇や突撃チョッキ、マフォクシーのサポートで場合によっては要塞のような感じになってなかなか頼もしかったです。
それと、雨パに対して非常に強くて扱いやすかったです。
あと、意外にもギルガルドよりも後に行動することがあって、思っていた以上にギルガルドに対抗できる場面がありました(素早さの種族値は同じ)

コジョンド
前回のルカリオ枠、もとい空気枠でした。
しかし、はたきおとすでメガガルーラの天敵のゴツメを落としたり、ファストガードで猫騙しを封じたりとできたのにあまり活用できていなかったかと思います。
物理アタッカーが少ないので物理アタッカーとして活躍させようとしてたのでそれがプレッシャーになっていたかもしれないです。
多分、この子の活用次第ではもうちょっと上にいけたかもしれないです。

といった感じでしょうかね。
反省点もあったので、次のインターナショナルチャレンジではもうちょっと上の成績を出したいです。では。

さかさバトル考察

ポケモンXYのシーズン4のスペシャルでさかさバトルというものを開催されます。

さかさバトルとは?
普段、効果抜群になるのが効果がいまひとつに、効果がいまひとつ&効果がないのが効果が抜群になるバトル。

相性表はめんどいので各自で調べてみてください(何

というわけで、(通常のバトルと比べて)さかさバトルにおいて有利そうなタイプとダメそうなタイプを考えてみます。
有利
ノーマル、防御で弱点つけられるのゴーストしかない上に、攻撃側で抜群つけるの3タイプもあり、さらに半減できるタイプすらない、耐性が格闘しかないのがネックか?

草、普段半減されやすいタイプであるため、さかさバトルでは7つも抜群をとれる、晴れパ+葉緑素に注意か?

氷、弱点は同じ氷のみで、耐性も4つと受けの面で優秀

毒、攻撃面でドラゴン、ゴースト並に一貫性をつけられる上に、抜群とれるの5つもある、ただし弱点も増えるため運用に注意

虫、草タイプと同様の理由で7つも抜群をとれる。


不利
炎、鋼の次に耐性が多いため、さかさバトルで弱点つかれやすいことに。

水、言うほど不利というわけではないが、弱点が2つから4つになります。

電気、耐性が1つの割りに弱点が3つです。

毒、弱点が増える、有利にもなりえると考えているので、運用次第?

ゴースト、水と同様弱点が2つから4つに増えます。

鋼、弱点が11つもあるという悲惨な状態です。

フェアリー、水とゴーストと共に弱点が2つから4つに。


と言った具合ですかね、実際に対戦してみないと分かりませんが。
そして、これらと個人的に気にしているタイプを書いてみようかと思います。
まずはメガガルーラを筆頭にしたノーマルタイプやその技、無効化どころか半減にできるタイプがないため、受けがきついところ。
できるかぎり、パーティの多くにノーマル対策をしておくべきか。
また、神速もノーマルタイプなので、場合によっては止められないことも考えられる。

草タイプ、今作から粉技が無効化され状態異常(というかねむり)になりにくくなるため、さかさバトルにおいて強力なアタッカーになりえるか。
また、上記の有利になりそうなタイプの5つのうち3つに耐性を持つため、バトルを有利に運んでくれるかもしれない。

エスパータイプ、というよりもシンクロノイズ。
タイプ一致の相手に120の威力のダメージを与えるもの。
さかさバトルにおいてエスパー同士は効果が抜群となるため、強烈なダメージを与えられる。
特防が高いエスパーポケモンでも油断はできないだろう。
しかし、攻撃範囲の狭さからネタの域を出ないとは思うが、サーナイトやエスパー/飛行ポケモンが使える→フェアリーや飛行タイプが大ダメージ食らうので注意が必要か(他にもシンクロノイズが使えるものがいるが、タイプ不一致でタイプ一致で攻めた方がいいのや物理型向けポケモンが多いため警戒する必要はないだろう)


といったこんな感じの考察ですかね(活かすとは言っていない)。
とりあえず、パーティを構築してみました。
テーマはトリパ、相性がさかさになっているなら行動純もさかさにしちゃえという感じです。

カラマネロorポリゴン2
トリル始動役、どちらも弱点が1つしかない。
カラマネロは天邪鬼馬鹿力でゴリ押し、ポリゴン2は特殊でゴリ押し。
どちらもトリル以外は補助技無しになるかもしれない(ポリゴン2は自己再生入れるかもしれないが)。

メガガルーラorカビゴン
ノーマルタイプのポケモン、ノーマルだけならポリゴン2と被るためおそらくポリゴン2は外す。
メガガルーラはトリル下でのアームハンマーやそうじゃないときにじならしでの素早さ調整で有利に運べるか。
カビゴンは高い特殊耐久と厚い脂肪で対氷タイプに有利、また素早さ遅いのでトリルで活躍できる。
役割が違うのでどちらもいれるという選択肢ありか?

ラプラス
水と氷タイプ、貯水持ちであるため、実質、氷タイプのみ弱点。
耐久の高さもあるので、ヤチェのみがあれば同じ氷タイプに返り討ちできると考えられる。
メガギャラドスはやめてください、型破りでしんでしまいます。

ドサイドン
一応は対メガガルーラ?
弱点保健を持たせて効果抜群を食らって反撃をしていくスタイル。
トリル下で無双できるのか?
ちなみに、避雷針で弱点の電気を防げるが、弱点保健発動チャンスを増やすため、ハードロックでいく。

カイリュー
ドサイドンに代わるポケモン
マルチスケイルを生かして弱点攻撃を耐え、そこから神速祭り。
止められるポケモンがいるのか?

ゲンガー
対ガルーラ、トリル無しで上から叩けるアタッカーが欲しかったので。
また、毒タイプであるため、アタッカーとしても優秀な存在になれる。

キノガッサ
ぶっちゃけ、対エスパー考えたら出てきた子。
テクニシャンからのグロウパンチ+マッハパンチで追いつめていけるか?
ちなみに、キノコの胞子は使わない予定(草タイプ同士の対面を想定しているため)

こんな感じですかね。
一部迷走してますが、なんとかなるでしょう。では。
ポケモンXYにてファミ通チャレンジが開催されました。
参加した方々、お疲れ様でした。
自分の知っている人は誰一人出ていないので、この大会に出た人は見てはいないでしょうけどw

さて、実際の成績とかの結果の方を書いていきます。
自分が出場したマスターカテゴリーの全6278人のうち

イメージ 1

1840位というランキング的にはそこそこ強いけど、レート的には強さが微妙という感じかなーという感じです、一応勝ち越してますが。
ちなみに、瞬間最高レートといえばいいのかどうかは分かりませんが、1650あたりまでいきました。
次に、使ったパーティの紹介でもします。
次は同じルールのジャパンカップが開催されますが、パーティ変えるつもりなので。

うちのパーティは次のようなものです。

イメージ 2

メジャーどころとマイナーどころと合わさっています。
全体的には格闘タイプに弱い感じになっております、意外と格闘タイプのポケモンがいて苦戦したものもありました。
さて、次は各ポケモンの期待していた役割と実際どうだったかを書いていきます。

スカーフガブリアス、いじっぱりで先手で強力な攻撃をして、相手を潰す作戦でした。
で、使ってみたところ、一応のところは逆鱗でやっていたり、地震で広範囲攻撃したり、サブで弱点攻撃していたことにはしていましたが、それ以上に返り討ちにあう場面がありました。
あと、逆鱗でやってほしい方向にいかなかったりしていて、扱いづらかったです。
こいつの印象は地震とファイアロー潰しに岩雪崩ぐらいしかしていないです。
とはいえ、最後に逆鱗の火力で落とすという場面があり、活躍はしてくれました。

特殊アタッカーのマフォクシー、アタッカーとはいえ主な役割はマジックコートによるドーブルのダークホール潰しです。
実際のところ、ドーブルはあまりいませんでしたけどね、1回対峙したぐらいで、しかもこちらのガルーラ猫騙し警戒からかキングシールドしてきたぐらいですし(ちなみに、こちらのガルーラは相手のガルーラに猫騙し)。
とはいえ、襷であるため、不意打ちが来られようと耐えて、猛火で強化された熱風で返しというパターンがあるため、主にメガクチートに対して強気にいけたのは良かったです。
とはいえ、エスパー技がないため、格闘に対して苦戦する場面がありました。
あと、地味にめざパ氷で少し削ったガブリアスを倒してくれていたことが多かったです。

メガシンカ型のガルーラ、猫騙しと恩返しで相手を潰す戦略です。
そのため、ゴースト、鋼、岩タイプに対して苦戦しますが、それ以外は期待以上の活躍をしてくれました。
やっぱり、強いですね。
とはいえ、ゴーストに対しては不意打ちしかないため、もどかしい場面もありました。
ですが、基本的には他のポケモンでギリギリカバーできたかなと思います(苦笑)

眼鏡水ロトム、主に火力でゴリ押していくスタイルです。
眼鏡ということもあって、なかなかの火力を生み出していってくれました。
ボルトで打ち逃げしたり、ハイドロポンプや10万ボルトで押していけてなかなか頼りになる子でした。
あと、意外とシャドーボールが結構刺さりましたw
火力的には一致ハイドロポンプの方が不一致抜群シャドーボールの方が上ですが、安定はしていますし、先発でよく出るニャオニクスやゲンガーを潰せますし、それらを倒した後でも技の通りやすさから居座りやすいかったですし。
ドラゴン対策のめざパ氷よりも扱いやすかったかなと思います。

HDぶっぱの耐久ナットレイ、耐久と言っている割には回復手段はやどりぎのみ。
とはいえ、やどりぎと守るだけでも相手を引っ掻き回せましたし、さらにのろいで物理の攻防を強化したり、そこからジャイロボールを飛ばしてみたり、そして素早さが低いのでトリパの牽制になりましたし、鉄の棘とゴツメでダメージを与えられたりして、炎技さえなければなかなかに頼れる存在でした。
ただ、炎技が来られるとさすがに無理です。
一応、控えめC極振り命の珠オンバーンの火炎放射ぐらいなら乱数で耐えられることもあるぐらいですけどね。
しかし、逆にめざパ炎が来られてやられたとき、こいつ眼鏡持っているなと判断できることがあるので、そこから有利に働くことがあったりしました。
まぁ、急所に当てられたらその判断ができませんけどね、そして地味にその肝心なところでの急所が多かったりしました。

特殊アタッカーのルカリオ、最後にこのパーティに入れたポケモンで格闘タイプで特殊型でフェイント使えるようなポケモンいないかなと考えたら、こいつが出てきてくれましたw
こいつは風船を持たせて地震をもつようなポケモン(ガブリアスとか)に対して守るを展開して風船を割ろうとしている相手に囮みたいなことをしていましたし、波導弾でバンギラスとかキリキザンに攻撃したり、フェイントでHPが少しだけ残ってるポケモンに止めを差したりと、所々かゆいところに手が届いてくれるような動きをしてくれました。
逆にいうと、器用貧乏でこれといって活躍したところはあまり見かけませんでした。
多分、1番空気だったかとは思いますが、他の5匹とは違う動きをしてくれたので、必要な存在であることには変わりないです。


以上です、というわけでパーティを変えていこうかと思います。
・マフォクシーを特殊アタッカーからデバフ(?)型に変更。
具体的には、マジカルフレイムで特攻下げたり、鬼火で攻撃を下げます。
それで、このマフォクシーにはなりきりを覚えさせます。
なりきりの使い道としてはメガガルーラにおやこあいをトレース→マジカルフレイム2回攻撃で特攻2段階下がります。
あとは水ロトムの浮遊をコピーして地震をすかせます。
それと、マジックコートでダークホール対策もします。
他に入れたい技があったりしますが、技スペース足りないですw

・ガブリアス→ボーマンダに変更
変更の理由は2つ、まずは逆鱗が思っていた以上に使いづらく、流星群の方を使いたいのと、ボーマンダの威嚇です。
物理方面の攻撃にはやや不安があるので。
それに、マフォクシーのなりきり先としても期待しています。

・ルカリオ→コジョンド
ボーマンダが特殊寄りの使い方するつもりなので、だったら格闘を特殊から物理方面にしようということにしました。
あと、マフォクシーを襷からオボンに変えるつもりなので襷枠が空きました。
ルカリオを物理型にして、持ち物を襷に変えようかなと思った時、コジョンドでもいいんじゃないかと思いました。
コジョンドの方が物理攻撃が強いですし、メガガルーラより早い素早さですし、今回のルカリオでやってたことのほとんどがコジョンドでもできますし。
とはいえ、コジョンドをメインのアタッカーにするつもりはあまりなく、どっちかというとサポートしていくような感じでいこうかなと思います。

・ナットレイ→ラプラス
マフォクシーからめざパ氷が抜けたことによって対ドラゴンに不安が出てきたので、主にドラゴン対策と、あとはマフォクシーのなりきりで貯水にして水無効にしてみようかなと。
基本的には水タイプと氷タイプだけのフルアタの突撃チョッキのアタッカーでもしてみますけど、ぶっちゃけ大丈夫なのかは心配だったりします。

という感じで、今度のジャパンカップに臨んでいってみようかなと思います。では。
Windows8搭載の新しいパソコンを今初めて使っている状態のフォレストです。
使い方がいまいち掴めません。
 
さて、今回はツイッターのほうで滅びの歌について嘆いているツイートがちらっと見えましたし、自分も悩んでいる部分もあるので、滅びの歌を使うパーティについての対策を考えていきたいと思います。
今回は現在のレーティングバトルのスペシャルルール、通称カロスダブルのみの考察をさせていただきます、というのも自分自身最近はカロスダブルでしかやってないので、他はどんなんかはわからないからです。
 
まずは滅びの歌についての説明。
基本的には相手を交換できない状態にしておき、滅びの歌を使い、3ターン後に滅びの効果で相手を倒すというものです。
交換させない手段としてはポケモンの特性のかげふみ、もしくはありじごくを出しておくだけで交換はできなくなります。
主に使われるポケモンはこちら
交換を封じるポケモン:メガゲンガー、ゴチルゼルのかげふみの2体(一応、ありじごくのダグトリオもいますが、低耐久のため使われない)
滅びの歌要員:マリルリ、ニョロトノ、メガゲンガー等
 
以上の特徴から、対策としては大きく分けて2つになるかと思います。
1つ目、滅びの歌の効果が出る前に相手を倒しきる。
非常にシンプルです。
交換を封じつポケモン、もしくは滅びの歌を使うポケモンを一方的に攻めれば崩せるかと思います。
しかし、相手は守りに来ているので難しいです。
2つ目、(控えのポケモンがいる前提で)なんとかポケモンを交換させる。
交換できれば滅びの歌の効果は消えますし、滅びの歌パーティは基本的に耐え抜くようにするために攻撃はあまり振っていないので、弱点を突かれる交換でなければそんなにダメージは受けないです。(自分の偏見かもしれませんが)
交換を封じるポケモン(かげふみ等)を倒せば交換はできますが、そういうポケモンは2体いるため、倒しきって、交換するのは容易ではありません、というか無理です。
というわけで、交換を封じるポケモンを倒しきる以外の交換の方法を考えていきます。
 
まずは1つ目の倒しきる方法について。
倒すといっても相手は守りにいっているので、効果的にやらないと倒せません。
なので、もう少し具体的な対応策を書いていきます。
1.弱点をつけるポケモンを使う
ポケモンバトル等において基本的なことです。
さらにいうと、上記の交代封じ要員の2体はゴーストや悪タイプに弱いのでそれらのポケモンを使えばよろしいかと思います。
特に、ゴーストに関しては後述の交換させる方法にもあるので、有効的かと思います。
ただし、メガゲンガーに関しては素の火力が高いのでゴーストでいくと返り討ちに合う確率が高いので、弱点半減実等を活用していきたいところです。
また、滅びの歌を使う主なポケモンはマリルリやニョロトノでどちらも水タイプなので、電気タイプのポケモンを連れていけば大丈夫かと思います。
ただし、草タイプで攻めるとマリルリの夢特性、そうしょくに捕まる可能性があるので草タイプでいくのはお勧めしません。
2.フェイントを使う
相手はターン数を稼ぐために守るを高確率で使います。
なので、守るを崩すためにもフェイントは有効です。
この2つを組み合わせれば、滅びの歌が来ようが倒せるかと思います。
 
次に、2つ目の交換させる方法について。
方法は限られますが、1つ目の倒しきる方法に比べて容易に用意できるものが多く、確実性があるかと思います。ダジャレごめんなさい。
というわけで、その方法について書いていこうかと思います。
1.ゴーストタイプのポケモンを使う
XYの第六世代からゴーストタイプはかげふみ対象外となります(ありじごく、くろいまなざし等は知りません)。
なので、最初のほうにゴーストタイプを出し、滅びの歌が出されても確実に交換するようにします。
ただ、メガゲンガーと対面する可能性が高く、下手に場に残すとメガゲンガーに狩られるので、その対策をしっかりしましょう。
2.蜻蛉帰り、ボルトチェンジを使う
この2つの技はたとえ相手にかげふみ等のポケモンがいようと、控えのポケモンと変えることができます。
少なくとも、自分はシングルでかげふみゴチルゼルに捕まっていた時、ハッサムで蜻蛉帰りしたら控えのポケモンと変えることができたことがあります。
とはいえ、守るで外されると変えられないので、使うタイミングをしっかり見極めてください。
3.きれいな抜け殻を持たせる
こんなことを書いておいてなんなんですが、こんなのを使うぐらいならば他の持たせたほうがいいです。
 
大体こんな感じなんでしょうかね。
少なくとも、自分で思い出せる方法はこんなもんです。
参考になれば幸いです。では。
ポケモンXYでインターネット大会の告知がありましたね。
ルールは今のスペシャルと同じルールです。
要するに、カロス図鑑に出てくるポケモンだけでダブルで戦え、ただし、過去作から持ってきたポケモンはダメだという感じです。
詳しくはポケモン公式サイトなんかへ行ってください。
期間は、まず募集が4月下旬から5月2日まで、でしたっけ?
それから5月3日から6日まで大会やります。
詳しくはポケモン公式サイト(ry

というわけで、今回はそのPTを考えてみようかと思います。
普段も旅パで使ったポケモンを厳選して、そのPTで潜ったりしていますが、今回は真面目に勝ちにいくためのを考えてみます。
とはいえ、ポケモンで勝ちにいくのは初めてなので、どこか穴がありそうなのができそうけどね(汗)

まずは、現在のスペシャルのポケモン使用率を見てみます。
3月12日9時現在の使用率ランキング
01位、ガブリアス
02位、ガルーラ
03位、ファイアロー
04位、水ロトム
05位、ギルガルド
06位、ボーマンダ
07位、サーナイト
08位、バンギラス
09位、クチート
10位、リザードン
11位、モロバレル
12位、ライボルト

という感じです。
ガブリアスは最速で技も地震、ドラゴンクロー、岩雪崩、守るが使われることが多い、持ち物はラム、ゴツメ、襷、ハチマキが比較的多めです。
ガルーラはメガシンカ型が多い、というかほぼそれしかないです。
正確は陽気が多いですが、意外と?70%にも満たない感じです。
ちなみに、ガブとガルーラは倒した相手、倒された相手の1位が共にガルーラなので、使うとしたらミラーマッチを意識した方がいいかもしれません。
ファイアローはいじっぱりが72%と1番多く、技もブレイブバードとフレアドライブがよく使われていますが、3位以降の技は主に補助技関係でばらけている感じです、結構器用なんですね。アイマスネタが入ってすみません。
水ロトムは技がハイドロポンプ、10万ボルトが主に使われていて、補助技は鬼火と守るが多いです。
性格は控えめと穏やかが全体の85%を占めていて、その2つの差が15%程度なのでアタッカー型と耐久型の両方存在するようです。
使用率5位のギルガルドは特殊アタッカーが多いようです、というか90%が特殊型の性格でした。
物理は先制技の影打ちと対ノーマル対策の聖なる剣が技使用率19%前後でした。
という感じで使用率の高いポケモンについて軽く考察しましたが、ぶっちゃけ環境が変わるかもしれないのに考察の意味があるのか分かりません。
正直、疲れてきたのであとは個人的に意外かなーという感じの書きます。
ボーマンダとバンギラスは特攻より攻撃の方が高いですが、特殊型もしくは両刀型が多いです。
ボーマンダはともかく、バンギラスも特殊型が多いのは意外で技の使用率の上位5位のうち3つが特殊技でした。
とはいえ、バンギラスは他の型(メガシンカ型など)もあるので相手にするの厄介かなと思います。

そろそろ本題のPT構成にでも行ってみます。
なお、上記の考察がほぼ生かされていない模様、考察は今記事を書いている時に場当たり的にやっていて、PT構成はその前にやっていましたから。
まずはPT構成を考えた結果、こんなんなりました。
ガブリアス
ガルーラ
ナットレイ
マフォクシー
水ロトム
ルカリオ
メジャーなポケモン+メタ意識、特徴的なポケモンを選びました。
メジャー部分に関しては虎の威を借る気持ちで選出しました、借りている狐の状態にならないように頑張ります。
とりあえず、考えている型の紹介でも。

ガブリアス、いじっぱりでスカーフ、技は逆鱗orドラゴンクロー、地震、岩雪崩、毒突き
メインはドラゴン技と地震、岩雪崩はファイアロー意識や怯み狙い、毒突きはフェアリー対策と草対策(水ロトムのカバー)という感じですが、草はモロバレルとナットレイ以外何が出るんですかね・・・?w

ガルーラ、陽気のメガシンカ型で特性は後述、技は猫騙し、恩返し、不意打ち、守る
攻撃は基本恩返しと不意打ちがあればいいかなと思っています、不意打ちならばキングシールドの攻撃ダウンを食らわずに済みますし。
メガシンカ型はクチートと悩みましたが、猫騙しの存在からこちらを選びました。

ナットレイ、主に対トリパ意識です。
スペシャルでトリパで炎ポケモンは主に始動役のシャンデラぐらいしかいないので、それを潰せばいけるんじゃないかいう寸法です。
他の鈍足な炎ポケモンはマグカルゴとコータスぐらいですし。
当初はアタッカー型にしようとは考えたが受けがいないので耐久型にでもしようかなとは思っています。
アタッカー型は意地っ張りor勇敢でパワーウィップ、ジャイロボールorアイアンヘッド、守る、(何か、宿り木の種か大爆発が候補)、持ち物未定です。
耐久型は慎重でHDぶっぱかB調整ありで、ジャイロボール、のろい、守る、宿り木の種、持ち物はゴツゴツメット
実際のところ、H調整Dぶっぱ残りB振りのビルドホーン型のゴーゴートをスペシャルで使っていますが、弱点を気をつければいい動きをしてくれます。
まぁ、なめてゴーゴートを放置した結果、相手にとって大変なことになってしまった場合があるのが否めないですけど。
そもそも、基本的な役割はファイアロー対策でバコウで耐える→返しの岩雪崩で倒したらほとんど仕事終わったようなものなので、役割の違いから耐久型できるか分かりませんけどね。
あとはガルーラ対策に対雨パも担えるかなーって思います。

マフォクシー、襷持ちの猛火最速特殊アタッカー、熱風、めざめるパワー氷、鬼火、マジックコート
唯一、擬似旅パからの流用、要するにもう作ってあります。
マフォクシーの採用の最大の理由はマジックコートの存在です。
マジックコートはドーブルのダークホール対策に使います、ドーブルというかダークホール自体の使用率は使うための条件が厳しいためかそれほど高くないですがいざ使われると厄介な存在です。
なので、跳ね返して相手2匹も眠らせようという思惑です。
マジックコート自体使えるポケモンはそれなりにいますが、主に過去作の教え技やカロス図鑑にいないポケモンばかりで、今回のルールでマジックコートを使えるのはタマゴ技のアブソルとマフォクシー系統、スケッチから覚えるドーブルのみです。
アブソルはメガシンカすれば特性がマジックミラーとなり、わざわざマジックコート採用する必要ないですし、そもそもマジックコート警戒でダークホール打ってこないかもしれないですし。
ドーブルでマジックコート使うぐらいならばダークホールの方が汎用性高いですし、他にスケッチした方がいい技もありますし。
というわけで、ダークホールを打ってor相手が無警戒でダークホール使ってマジックコートで跳ね返すのはマフォクシーが適任なのかなと思い選びました。
とはいえ、メガガルーラの恩返しは襷あろうと100%耐えられず、マジックコートでの跳ね返し失敗するので、ドーブルとガルーラ同時に出ることが想定されるならば、先発で先述のガルーラと共にマフォクシー出して、猫騙しでガルーラを黙らせてダークホール跳ね返しを確実に決めにいきます。
その際、ガルーラはダークホールの餌食になるので、眠らされても大丈夫なようにガルーラの特性は早起きです。
ドーブルが出てこなかったら控えのポケモン、おそらくナットレイか水ロトムになるのかなと思いますが、そちらに変えます。
ナットレイと水ロトムの弱点タイプはマフォクシーだと半減なので、高確率で等倍以下のダメージで2匹は受けられます。
ちなみに、マフォクシーでマジックコートなんて眠りだと主に草ポケモンが粉技使ってくるから意味ない、鬼火は来るわけない、電磁波は使われたり使われなかったりなので、ほぼ実質対ダークホールのみです。
あとは襷なので自分のガブリアスの地震に巻き込む→襷発動、猛火発動→熱風で相手を一層できたらいいなというある意味無謀なことを考えています。

水ロトム、控えめ眼鏡で火力重視、ハイドロポンプ、10万ボルト、ボルトチェンジ、(何か)
何かはギルガルド対策にシャドーボールかなと思ったんですが、威力は一致ハイドロポンプ>2倍シャドーボールだったりするので(五十歩百歩の差ですけど)、別のにしようかなと思っています、めざめるパワー氷かなー、めざパ厳選面倒くさいです。

ルカリオは特殊アタッカー型の風船持ち、波導弾、悪の波導、フェイント、守る
基本的にメガガルーラ倒せたらいいなという感じです。
悪の波導は対ギルガルド意識、フェイントは守る崩し、優先度も神速と同じ+2なのでファイアローのブレバ抜けますので採用しました(倒せるとは言ってない)。

こんな感じですかね。
とりあえずまずは持ってないポケモンの捕獲(ガブリアス、ロトム、ガルーラ)からです。
長ったらしい記事ですみません。では。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事