過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2012年も早いもので、残すところ22日となりました!
年々、「年月の流れ」が急加速するように感じるのは有難いやら、淋しいやら・・・。
日中そばの公園で小学生が「けん玉」に夢中だったので、思わず「おじさんにやらせてくれる?」と
声をかけてしましました。
昔取った杵柄?「止め剣(止めた球を垂直に上げ剣に挿す(入れる)」位は体で覚えているものですね・・・。
「けん玉」は集中力を鍛えるのにはとっても良い遊び(道具)だと思います。

寒さに負けず、本日も行ってみましょう!
本日のお題、「Hp tx1000 Windows 8 Pro 正規版導入」はどうだったの?」こと
HP tx1000 君に待望のWindows8Pro 正規版(アップグレード版)をインストールしてみることにしました(祝い)。
先日のRP版インストールの記事で沢山のコメントを頂戴しましたので、
今回は正規アップグレードを実施後のインプレッションです。
※今回は期間限定の3,300円でダウンロードが出来る「Windows8Proアップグレード版」を使用します。
  個人的諸事情でメーカー勤務のおり「Windows7マシンを購入」していた関係で「Windows8購入優待」
  を使用いたしましたが、これは内緒で購入する裏技もあるようです・・・。
 
イメージ 3

インストール(前準備)
今回は[Vista(x86/32bit))からのアップグレードを考えましたが、
やはりx64(64bit)のインストールがしたいので,Win7(x64)を新規にインストール後からの
アップグレード実施といたしました。
前回からの懸念された、グラフックドライバー:Gforce Go 6150 /Windows7(64bit)は
やはりメーカーからは配布されていませんので、前回試した「ドライバー改変策」で
一旦インストールは走ったもののエラー発生でしたが、ドライバだけは当たっていました。
その後、前回の記事で教えていただいた、「 sp36079 (Win7/64bit対応らしいです)」で再度インストール、
エラー無くインストール終了です( ken1さん本当にありがとうございます。)

Windows8 Pro ダウンロード
手続きは10分程度で完了ですが、ダウンロードが20分位かかります。
今回はメディアに焼いてから(ISO/イメージ焼きです)のアップグレード実施としました。

インストール(アップグレード)
「Windows8アップグレードアシスタント」を実行後そのままアップグレードすると
案外スムースに出来るかと思います。
初回は「個人設定を引き継ぐ」を選択し、そのまま待つこと1時間、
アプリケーション類もそっくり移行され、「良い感じ」と思ったのも束の間、
画面を回転させた直後不具合発生です!
どうも最初にインストールした、グラフィックドライバーが良くないせいか、
画面が逆さまのまま元に戻せなくなり、果てはまともに起動しなくなりました。
セーフモードも「F8」は使えず、少々面倒ですがセーフモードを起動させ、
「Gforce Go 6150」ドライバを全て削除を実施起動するようにはなったものの、
「動作がまったり」と、どうも「ご機嫌斜め」のご様子、システムの初期化(ファイルのみ削除)にて
再インストール、(XPで言うところの「個人ファイル削除」をした「修復インストール」みたいな感じ)
ここでも待つこと1時間、クリーンな状態に戻ったようです。
 
イメージ 1
 
デバイスドライバーインストール
デバイスマネジャーをみたところ、!デバイスが2個、肝心のデスプレイアダプタは、
「Microsoft互換デバイス」に置き換わっており、その他機能しないものも多数あるようです。
ちなみに有線LANも使用できませんでした。
しばし瞑想・・・。
再度、google先生とお話しです。

ネットサーフィンすると、tx2000 のデバイスドライバーがWin7で使用できる書き込みを発見、
更に、メーカー配布(nvidia)のドライバに使用できるグラフィックドライバのバージョンが存在することも発見、
それぞれをダウンロードし、直接「デバイスドライバの更新」からインストールを実施してみます。

今回使用したものメモ
☆ご注意:リンク先がなくなる場合があります。またドライバ使用は個人責任でお願いします。☆
※グラフィックドライバ:v186.91 Windows 7/Vista 64bit | NVIDIA
・「セットアップ」からではなく「デバイスドライバの更新」にて作成された「driverファイル」を指定しました。
参照URL
※その他メーカー配布分
・SP37065(タッチパッド/SNP)
・SP38171(HP Quck Launch Buttons)
・SP40139(HP Quck Launch Buttons本命?)
・SP42568(Camera Utility/you cam)
・SP43883(指紋認証デバイス用 Utility)
・SP38205(Coprosser/nvidlia chipset&Network Driver)
※Vista(64bit)のファイル群のようですがほとんど使用できそうです。
参照URL
 
イメージ 2

インストール後インプレッション(個人的見解、ご容赦下さい。)
※Windows7用のドライバがそのまま使用できそうです。
(ドライバインストールはアプリケーション以外はsetup.exeから実施せず、
デバイスマネジャーからの「ドライバ更新」を実施しました。)
※Metro UI はカスタマイズが必要と思われます。(普段使い以外のアプリが多い?)
※動作は2GBのメモリでも意外とキビキビ動作します。(パフォーマンス優先の設定の場合)
※Win7をきっちりインストール出来た環境なら、そのままの環境で移行出来そうです。
※互換性OKでも実際のところはNGのものも存在するようです。
※ペンタッチ入力は問題なく使用できそうです。(個人的にはほとんど使用いたしません。)

その他
最大の懸念でした「Gforce go 6150 問題」がとりあえず解決のように思いますが、
サポート外なのでご使用は「個人の責任」においてのみお試し(お楽しみ)下さいね!

See you Next !

次回予告
部品取りのVaio VGN-FE32B/W さんはCore2Duoではありませんが・・・。
乞うご期待?

※ご相談、ご修理の依頼、ご質問等、お気軽にコメント欄をご使用下さい!
必ずコメントをさせていただきます。

開く コメント(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事