古唐津・岸岳庵

24時間”古唐津数奇”のブログ。たまに本業のエンタメ関係、大好きなファッションや日本史の事、など。

古唐津 酒器

すべて表示

同窯の、筒盃

久しぶりに懇意の骨董屋に顔を出した。 ディスプレイには良い感じにひしゃげた伝世茶碗から、発掘の手の大きな市ノ瀬の片口やら ちょいちょい古唐津が。 一頻りの商品チェックと当たり障りの無い世間話後に「何か見せてよ」と問う…いつもこんな感じだ。 大概そこで彼は「こんなのがあるよ」と見所のある古陶磁を見せてくれる。 今回は…「もう売れちゃってるから見るだけね」と取り出してきたのが無地の筒、だった。 拙蔵の無地筒よりやや背が高い。 かちんかちんの還元炎焼成で口辺1/4ぐらいの欠けを銀で直している。 所謂青唐津だ。 高台は窯くずを剥がした様な傷が数箇所あって、釉薬は土灰釉。 見込みは紡錘形で、よいとろみ。ずしりとした手持ちはお酒を誘う重みが良い。 口辺のニュウから広がったシミもすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

何処へ行っても唐津数奇

2017/11/11(土) 午後 11:05

四泊五日の国内出張に行ってきた。 海外でもないのに、これだけの、ってのは長いサラリーマン生活でもはじめて、だ。 赴くエリアは広島県三原市。 好きなまちだし、重いタスクに関わらず心持ちは軽かった…というのもちょうど真ん中の 三日目がオフである、ということで…。 一日目、二日目と無難にクリア。 …で、色々考えて今治市の能島( ...すべて表示すべて表示

燗酒の香り

2017/10/29(日) 午後 8:25

今週末も嵐、だ。 拙宅近くを走る東急世田谷線沿線の十月は「お祭り月間」。 …週末毎の台風でどうにもいかぬ。 三軒茶屋の「三茶de大道芸」、そして松陰神社前の「幕末維新祭り」いずれも惨憺たる状況…。 特に、後者で山口の地酒を、というのが毎年の決まり事になっている故、悔しい限りだ。 偏西風の影響というが、なんだかなぁ…。 ...すべて表示すべて表示

日々の諸々

2017/10/15(日) 午後 1:35

ここのところ、本業多忙で座があたたまる暇がない。 これはこれで嬉しい事。 だがアウトプットばかりでインプットがままならず、色々な意味でバランスが悪い…そう感じていたのも事実だ。 そんな中、思い切ってウィークデイに休みをとった。 以前より父から提案されていたプライヴェイトの課題をクリアする為の、久留米行き。 一泊二日、父と二 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事