とりあえずビール!!

なんとかSNSと組み合わせてどうにかできないもんだろうか。

全体表示

[ リスト ]

5月6日(木)。
小淵沢を出発。目指すは自宅でございます。

世間はゴールデンウィーク終了で、クルマも道も平日の流れ。
昨日までの日本中の浮かれた空気が嘘みたいですよ。

高速道路の「休日上限1000円」のアレがこの日は適用されませんので、中央道を使わず国道20号でゆっくりゆっくり。
歴史のある街道を、街並みと景色を眺めながらのドライブ。非常に心地良いです。

途中、甲斐大和に立ち寄りました。大月よりちょっと手前。
ワタクシ、「チキン」などと名乗っていますが、そのルーツがここ甲斐大和諏訪神社にあるのです。



【以下回想】

サークルの先輩と飲んでいますと、「なぁ。この神社の木なんだけどさ、怖そうだから行ってみない?」と誘ってきました。

山梨県大和村にあるJR東日本甲斐大和駅のすぐそばには、ヤマトタケルノミコトが突き刺した枝から芽を出したとされるホオノキのご神木が存在する。
鉄道の架線に引っ掛かりそうなほど枝が伸びているが、うかつに伐ると大変なことになるという。
昭和28年に枝降ろしをした6人は数年のうちに5人が死亡し1人が重傷を負った。
昭和43年には線路の複々線化工事で枝をいじったが、その直後に村の修学旅行生が乗ったバスが事故に遭い、6人が死亡したそうである。

コチラにも詳しいです。



ワタクシ霊とか祟りとか全く信じていない上に、酔った勢いも手伝ってか、
「いいっすね。行きましょう。」
「祟りとか、そんなんある訳ないでしょ。」
「ホオノキなんぞワタクシがぶった切ってやりますよ!」
「国鉄ができないコトをワタクシがやれば、『ワタクシ>国鉄』が立証できるんでしょ!」

などと訳の分からない公約を交わし、数日後に甲斐大和に赴きました。



イメージ 1現地で見たホオノキはそれはそれは立派で、神々しさすら感じました。

そのスケールの大きさからくる威圧感は半端じゃありません。

というかこんな大きい木、切れる訳ないじゃん。

国鉄でさえ無理なのに。



神社に「変なコト企んですいませんでした」とお参りし、近所の酒屋さんにビール買いがてら「伝説」のお話を聞きに伺いました。

ご主人によると、
「その祟りは本当なんだから。」
「葉っぱ1枚踏んだだけでも災いあるんだから。」
「よーく神様拝んで行きなさい。」

とのことです。

葉っぱ1枚…ですか。
まぁ地元の人はそういうこと大袈裟に言いますよね。

ある意味、「祟り」が観光スポットの意味をなしている訳ですし。ふーん。



神社に戻ってビールを飲んでいますと、先輩が遅れて到着。

先輩:「おーお疲れ。早いね。」
ワタクシ:「先輩遅いっす。」
先輩:「で、木は? えっ、アレ? うわ、でっかいなこの木。」
ワタクシ:「いやすごいっすよ。樹齢2000年以上だって。」
先輩:「まだ生きてんでしょこれ? すげぇな。」
ワタクシ:「いやマジで立派ですよ。」
先輩:「…で、どうやって切るつもり?」
ワタクシ:「いや切らないですよ。無理無理。」
先輩:「お前が切るっていうからこんな所まで来たのに。」
ワタクシ:「そんなコト言われましても。」
先輩:「なにお前怖くなったの?」
ワタクシ:「そういう訳ではなく。」
先輩:「じゃあ切れよ。」
ワタクシ:「いや無理でしょこれ。物理的に。」
先輩:「だから素直に言えよ。怖くなったんだろ?」
ワタクシ:「そうじゃないって。というか先輩切ればいいじゃないですか。」
先輩:「俺は最初から切るなんて言ってないしなぁ。」
ワタクシ:「えっ。そうすか。」
先輩:「お前本当に腰抜けだな。チキン野郎だよ。」
ワタクシ:「…そうなんですか。」
先輩:「うん。お前はチキン野郎だ。」
ワタクシ:「はぁ、チキンでも何でもいいですけど…。」


そんないきさつがありまして、数日後、ワタクシは「チキン」と呼ばれることになりました。

【回想終わり】



本当にどうでもいいことですが思い返すと懐かしいですなぁ。

そういえばこの時ワタクシが2年生で、先輩が1つ上で。
この年入った1つ下の後輩が今や妻だもんなぁ…。

あれから何年経ちましたっけね。
時が経つのは早いですね。

これからもよろしくお願いしますよ。

………そんなコトを思って助手席の妻を振り向くと、よだれ垂らして眠ってやがりました。



お昼過ぎ、無事自宅に到着。

「家に帰るまでが遠足」などといいますが、その通り。
家の玄関に入った時の、この安心感といいますか達成感といいますか。
何とも言えない感覚に包まれました。



さぁ「お疲れビール」…と冷蔵庫を開けるも、ビールがありません。

…うぉぉぉん!
この疲れた身体に流し込むビールがないとは。悔しいっ。

あっそうでした。
旅行中に何かあったらいけないから冷蔵庫きれいにしてたんですね。

一番の楽しみが帰宅後の「お疲れビール」だったのに。
最後まで詰めが甘いわ俺(涙)。





2010GW旅行。おしまい。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
イメージ 2

閉じる コメント(6)

顔アイコン

お疲れ様でした。

最初の記事に頻出する「ブォォォン」は、最後の「うぉぉぉん」の伏線だったのですね。
上手い!
さすが、僕の師匠だけのことはあるな〜。

ポチあげます(笑

2010/5/22(土) 午後 6:35 キリン

お疲れビール、次回からはきちんと冷蔵庫に準備されることでしょう♪
次回の旅行の記事も楽しみにしています(^^♪。
結局枝は切らなかったんですねぇ・・・

2010/5/22(土) 午後 7:55 [ blanket829 ]

>キリン様
そんな伏線はっておりませんでしたよ。
ワタクシが意図しないところまで拾っていただき、ありがとうございます。
「ポチ」サンクスです。

2010/5/22(土) 午後 11:05 チキン

>びりけん母様
どうもありがとうございます。
相変わらず立派なたたずまいのホオノキを眺めながら、「あの時変なコトしなくて良かった。」と反省した次第です。

2010/5/23(日) 午前 11:34 チキン

チキンという名前の由来はそんなとこにあったんですねぇ。でも、やぱり怖いですよ。何事もなくてよかったです。。。

↓の質問ですが、アラフォーとアラサーの違いということでかなりの先輩だとは思われますが…。バリケードがしょっちゅうはられ、教授が羽交い絞めに教室から連れ去られる時代でしたからねぇ。
ということで、これからは先輩と呼んでください。うそです。笑

2010/5/24(月) 午後 0:29 sunsun

>sunsun先輩
あぁぁぁ年中バリストで、講義も試験もなし、全てレポートの世代ですか。…それはワタクシの母の世代ですよ。

2010/5/24(月) 午後 10:49 チキン


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事