日々是雑感

初めてお越しの方は、私のプロフィール欄をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

 最終日です。

 朝6時ごろに起きて、さっそく温泉に入浴。昨夜入ったときと男女入れ替えになっています。
 そうそう、サウナまであるのですが、夕方から夜10時までの稼働なので、朝は入れません。

 朝食はバイキング形式。
 パン、ご飯。オレンジジュースや牛乳、ホットコーヒーも飲み放題です。
 前夜に比べれば豪勢というわけではなく至って普通ですが、昨夜の食事で未だにお腹いっぱいな私にはちょうど良かったですね。

 今日はまず、学問の神様「文殊」様を祀った神社のうち、「日本三文殊」と呼ばれているものの1つ高畠町にある「亀岡文殊」に向かいました。

イメージ 1

イメージ 2

 今から1200年ほど前に開かれたということで、相当な由緒ですね。写真のように、うっそうと杉の大木が生い茂り、石段が続く、いかにもな雰囲気です。
 残念ながら、私らが訪れた際は仁王門が改修中でした。

イメージ 3

 十六羅漢が鎮座しています。

 石段をゆっくり登って10分足らず。緩やかなので子供でも登れます。実際に、この日は近くの幼稚園が園外学習ということで、にぎやかな声があふれていました(笑)。幼稚園の先生が面白おかしく明るくお話しして、健気に祈る子どもたち。どうかこの子たちの願いをかなえてあげて欲しいな…と思わずにはいられませんでした。

イメージ 4

 文殊堂のそばには、「大黒天」が鎮座しております。
 
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 この中に手を入れ、ご尊像に「軽くなり給え」と念ずれば、次第に軽くなり、「重くなり給え」と念ずれば重くなり、また、願望達成のときには軽く持ち上げられるとか。
 私も良からぬことを願いながら持ってみましたが、ううむ、

重いわけではないが、軽いとまでは言えないビミョーな重さ加減。

いったいこれは願いがかなうのか?かなわないのか?(笑)

 文殊堂の裏手には、「知恵の水 利根水(りこんすい)」という湧水がいただけます。一口飲めば文殊様のような知恵が授かるそうです。

イメージ 8

イメージ 9

 社務所には受験合格のお守りや、合格祈願の鉛筆などなど、受検や勉強に関してのお守りの類がいっぱい売られています。
 「利根水」といい、そんな簡単に文殊様の知恵が授かったり、試験に受かっても良いのかいな。勉強してこそのものであるべきで、努力してこそ文殊様の加護もあろうってもの。それなのにこんなテーマパークっぽいアトラクションをウリにして、いいのか!?
 社務所のボウズも態度が大きいし、いったい何の修行をしてそういう態度でいるわけだろうか。

 ここで突如母が、「えんがある、えんが無い、の「えん」ってどう書くんだっけ?」と言い出す。
 ん?何を突然。
 空中に、こう書いてこう、と説明するも、イマイチ理解できないよう。ホントに利根水、飲んだの?ってか、ご利益あんのかいな。
 仕方がないので、すぐそばに「縁結び」のお堂があったので、そこの案内板をデジカメで撮影して、液晶画面で見せて、ようやく納得。

イメージ 10

 で、何をするのかと思えば、願い事を書く護摩木に、私の良縁を願ったものを書きだした。な、なんと余計なことを!
 だいたい文殊様に良縁ってどういう思考回路??

 …しかし、初日に上杉神社で引いた「高嶋易断」の点取り占いでも、さっさと結婚しろと書いてあったし。

イメージ 11


イメージ 12

 「思いがけず良いことがあるから騒ぐな」とあるから、護摩木にまで書かんでも(笑)。
 ・・・。そういうこの文殊堂のおみくじはどうなんじゃろ?ということで、懲りずに引いたところ、大吉。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 恋愛・縁談のところは、「心素直になればよし」って…なんのこっちゃ?
 あー、まったく何の役にも立たん。
 しかし、

イメージ 16

とある。

 おとといの高嶋易断の点取り占いでは、「常に慎重な生活態度が必要です。」とか「職場において、権力を振う地位についた際、誘惑と金力のために失脚の恐れがありますから、自戒自重し、健康と勤倹貯蓄に心がけ着々と生活基盤を築くべきです。」と言われました。

 昨日の烏帽子山八幡宮でも「福徳はふえ、さらに望みごとはかなえられるでしょう。だが、それで心おごり、身を持ち崩して災を招く恐れがあります。心正しくすることです。」と小吉のくせに偉そうに言われました。

 そして今日は「自らかえり見て謙虚になれば幸せ来たる」だって。これが大吉かいな。100円の紙切れの分際で。

 …しかし、ここまで連日「慎重になれ」「謙虚になれ」と繰り返し言われると、

いったい、普段自分はどんだけ思い上がった言動してんだ!?

と、少々心配になります。

 階段の上り下りをしているとき、たくさんの幼稚園児の皆さんから「こんにちあ!」「オハヨウゴザイマス!」と元気いっぱいの挨拶をいただきました。それに、若い幼稚園の先生たちにまでニコヤカに♪
 なんだかうれしいですね。こちらも元気いっぱいにごあいさつ。
 こういうのが、謙虚になるべしの極意なのかも。
 それにしても、幼稚園児にニコニコと優しい笑顔で話しかけている先生たちって輝いていていいなあ、とちょっと思いました。

 …さて、ゴホン。文殊堂の壁には多くの合格を願う書を貼っています。中には合格のお礼も(名前の一部をモザイク加工しています)。へぇ、やっぱり御利益、あるのかねえ。

イメージ 17

 …しかし、何かおかしい。
 あれ?「御礼」の「御」の字、1本足りなくないか?


うん、やっぱり間違ってる。
 どこかの富田○○さんのお勉強はこれからが本番のようです。
 母は「ありゃりゃ」と笑うのですが…ちょっとちょっと。さっき「縁」の字がわからなかったのはどちら様でしたっけ?(笑)

…ほら、こういうあげつらって笑い物にするところが、謙虚さや慎重さが足りないってんですよね。

 あ…っと、その、えっと。
 今日もお読みいただいて、ありがとうございました(←謙虚)。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事