日々是雑感

初めてお越しの方は、私のプロフィール欄をご覧ください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 1日目の宿・小国町の「国民宿舎 飯豊梅花皮荘」に向かう途中、米沢市に立ち寄りました。
 米沢市は古くからの町並みが多く残っており、どこにでもある大規模量販店などの少ない、昔ながらの町です。いまやそれが個性的でもあり、貴重でもあり、懐かしさと親しみを感じます。一度ここに数日滞在し、街中をゆっくり散策したいものです。

 その米沢市と言えば、来年の大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続とその主君・上杉景勝が晩年に治めた土地です。
 ちなみに、この大河ドラマで淀殿を演じるのが、今の「篤姫」の宮崎あおいさん並みに演技力や緊張感ゼロの深田恭子さんとあるのが、放送前から不安にさせてくれます。が、地元では大河ドラマで町興しというのでしょう、いたるところに大河ドラマの「のぼり」やポスターが貼られていました。

 直江兼続の兜としては、「愛」の文字の飾りが有名ですが、まあ重臣や大将は実際に斬り合いに参加することは負ける寸前だけだったでしょうし、役割分担や価値観が違いますが、

こんな余計な飾りをつけていたら、合戦では邪魔になるのではないか?ってか、ちょっと馬鹿みたい。何考えてんだろう?こんなのでこのまま首を取られでもしたら、相当間抜けなような気がする。

とも思ってしまいます。
 イソップ物語でしたっけ?鹿が、自分の貧弱な足を恥と思い、角を誇らしく思っていた。そこにオオカミがやってきて襲ったが、鹿は恥ずかしいと思っていた足で逃げ切るかに見えたが、ヤブの中で自慢の角が邪魔になって逃げ遅れて、結局食べられた、という身も蓋もない話
 それと思い出します。

 最近では改革により藩の財政を立て直そうと尽力し、「なせばなる なさねばならぬ なにごとも なさぬは人の なさぬなりけり」という言葉を残した上杉鷹山でも一躍有名になりました。

イメージ 1

 米沢城址である松岬公園には、上杉鷹山像がその言葉とともに迎えてくれます。

イメージ 2

 こちらは上杉神社。上杉謙信を祀っています。

 この他有名?というか歴史かパチンコかマンガ・小説好きに知られているのは「前田利益(慶次・慶次郎)」。隆慶一郎さんの歴史小説「一夢庵風流記」や、それを原作にした原哲夫さんのマンガ「花の慶次」、そのマンガをパチンコ(とほほ)にされたりで、実像がほとんど知られていないはずだが脚色された豪快さから結構根強い人気です。晩年は直江兼続に仕え、米沢で過ごしたそうです。

 境内を歩いていると…おや、久々にめずらしいものを見つけました。

イメージ 3

 誕生月日でひく、おみくじ…というか占いです。
 私も10年くらい前に地元・仙台のとある寺で見て以来、久々に見ました。
 「高嶋易断」を冠しているものですが、これはもう、「高嶋易断」だの「高島易断」だの、もう部外者には何のことかわからないもの。趣味の易が驚異的な的中率だったと言われた明治期の事業家「高島嘉右衛門」とは

何の関係も、縁もゆかりもありません。

 それも、数多く似たような団体名がうごめいていて、「あっちは本家、こっちは元祖」的な様相。
 あるいは、栗の販売が「天津甘栗」となっていてもそれら全ての販売店がグループ企業ではないというのと同じようなもの。
 ってか、「月極駐車場」が「月極」という会社が取り仕切っているわけではないのと同じようなものか(笑)。

 しかし、実際に、「高嶋」または「高島」を名乗る占い団体とのトラブルや詐欺事件は全国で起きているようで、それでまっとうな神社仏閣ではこのテの名を冠する魑魅魍魎の団体や個人を警戒し、縁を切ってきているようです。
 なのに。

大丈夫なのか?上杉神社!

 このおみくじ(?)。ブログネタに久々に買ってみました。

イメージ 4

 10年前に初めて見て買った時には「え!?当たっている」と思った若かりし過ち(笑)でしたが・・・。

 役人らしいツッコミをまず入れれば、包装している紙切れには「高嶋易断總本部」と書かれていて、中には各運勢と、自分の性格が書かれているのですが、それぞれ「高嶋易断所 高島秀峯」「公認正統 宗教法人 高嶋易教団総帥府 高嶋秀峯」と書かれていて、いずれの紙切れの発行元(?)団体が違っているという、これが役所への契約・会計書類ならばまず通らない内容です(笑)。
 ここからして、怪しい。

イメージ 5

イメージ 6

 しかし、性格とか適業というのは、思い当たる部分があります。特に適業は、結構あっちこっちの占いやら他人からの助言で言われたりしていることです。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 でも、

イメージ 10

 「…大望を抱かず堅実に歩め」というまとめ。

余計なお世話だ、たかが200円の紙切れの分際で。

 まあ、200円でこれくらい楽しめたので、良しとしよう(笑)。

 結局のところ、誰にでもまあ当てはまりそうなことをもっともらしく書いて、読んだ人間が「あ、当たっているかも?」という気持ちに勝手にさせるのが狙い。巧妙です。もともとこんな占い・おみくじ好きな人しか買わないわけですから、勝手にそう思いこみ易いわけ、ですな。
 「思いこみやすい(思いこみ易い)」「たやすい(容易い)」ところから「易」とついたんじゃないか!?と思うほどです。
 このおみくじが当たっている!いったいナニコレ?と驚いて検索して、このブログ記事にたどりついた方。それはいわゆる

「気のせい」というもの以外の何ものでもありません。

ご安心ください。
 自分のことや未来が、見ず知らずの人間が書いて多数印刷された昔懐かし駄菓子やの「点取り占い」同然の紙切れに、あるはずがありません。自分が描いていくものです。
 どうしても心配ならば、お誕生日と全然違う日の分も買ってみると良いですよ。きっと、そちらも思い当たるところがきっと多いはずですから。

何しろ、この私の占い、取る行を間違えて、誕生日と違う日の占いを取った結果だったのですから(笑)

 「恋の悩みですね?」
 「あ、いえ、家の悩みです」
 「住んでいるマンションに悪い気が!」
 「一軒家です。」
 「2階のトイレに!」
 「?トイレは…1階です。」
 「ネコを飼っている!」
 「あ、これ犬の毛です」
 「い、家の悩みですね?」
 「…それ、さっき言いましたけど。」
 「しっかりしなきゃと思ったら、キュア・レディ♪」
…のフレーズが耳に残るオリックス生命の「キュア・レディ」という女性向け保険商品のCMを思い出します。このCMは実にいいCMです。商品の方がそうかは知りませんが。

開く コメント(1)

開く トラックバック(3)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事