ここから本文です
山の日のひとり言
馬返しコースのチングルマ満開です!

書庫全体表示

 体調はまだ万全ではなかったのですが、今度こそ山に風邪を置いてくるぞと、ひとりでお手軽山行に出かけてきました。
 目指す山は、これまで一度しか訪れたことがない桐ノ木沢山です。
 前回は、腰痛で山を休んでいたところに、手頃な山だよ!と誘われるまま出かけ、平沢沿いの林道からワカンで歩いたのですが、なだらかな斜面と広い尾根はスキー向きだなと思いました。
 今回は、アプローチが楽な桐ノ木沢沿いの林道から山スキーで入山しました。

 盛岡から国道106号線を宮古方面に向かいます。
 区界の道の駅でトイレタイムをとり、入山口の桐ノ木沢の林道を目指します。
 区界の電光掲示板は−16度の表示でした。
 国道左手の「去石集会所」を過ぎて、右手最初の踏み切りがその入口になります。
 数件の民家を過ぎても林道は除雪されていたので、そのまま進みました。
 ところが、狭いカーブの連続した林道をしばらく進んだところで、木の積み出しの車が丸太満載で下りてきました。
 すれ違うところが無いので、民家を少し過ぎた辺りまで、ずーっとバックで戻りました。
 このままここに車を置いて出発するか、さらに奥に入るか悩んだのですが、しばらく戻ってくることはないだろうと、奥に進みました。
 林道はしばらく圧雪状態だったのですが、運搬車がUターンした最初の広場の先は10センチほどの新雪が積もった状態です。
 ここに車を置くと運搬車がUターンできないので、さらにその先に進みました。
 林道の両側には切り出して積み上げられた木が並んでいます。
 狭い林道を進んでいくと、再び広場が現われました。
 木の運搬は順番に下から行うだろうと判断し、ここに車を停めることにしました。
イメージ 1


 9時10分、支度を済ませ、山スキーで出発です。
 除雪されていない林道には、数日前のものと思われるスキーのトレースがありました。
イメージ 18


 初めは道なりなので、左手に桐ノ木沢を見ながら、トレース通りに進んでいきます。
 高度を稼いでいくと、左手に桐ノ木沢山が姿を現しました。
イメージ 19


 地形図の点線上は道らしき感じがわかりましたが、途中で倒木などがあり道が不明瞭になったので、そこから林の中に進路をとりました。
 雪はかなり少なく、笹が顔を出しています。
イメージ 20

イメージ 21


 広くなだらかな尾根は方向を見失いやすいので、コンパスで方向を確認しながら、時折GPSで現在地を確認しながら進みます。
 初めは下りのスキートレースが交錯していたのですが、標高1000mを過ぎると全く見えなくなりました。
イメージ 22


 空は曇り空でしたが、時折射しこむ日差しが木の表情を変えていきます。
 とにかく木と枝のシルエットが美しいです。
 そのたびに写真を撮りながら、高度を稼いで行きます。
イメージ 23

 
 10時25分、標高1100m付近から霧氷を見ることができました。
 霧氷に目を奪われながら、登っていきます。
 この標高でも笹が顔を出しており、雪の少なさをあらためて実感します。
イメージ 24

イメージ 2


 上空では雲が流れ、イタズラするように太陽の日差しを遮ります。
 一瞬、上空に青空が広がり、辺りを照らします。
 霧氷の白化粧をした木が本当にキレイです。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


 10時56分、見覚えがある山頂付近が見えてきました。
 前来たときには大きく雪庇が張り出していたのですが、いまはかなり小さめの雪庇しかありません。
イメージ 11


 11時00分、登頂です。
イメージ 12


 山頂からの展望はいまいちなので、すこし奥に進んでみました。
 早池峰山の裾野が見えましたが、上には雲がかかっていました。
イメージ 13

 風を避けて、小休止です。
 ちょっと早いけどカップラーメンをいただきました。
 休憩中、正面には青松葉山方面の山並みが見えました。
イメージ 14


 11時30分、下山しようと向きを変えると、小さく兜明神と岩神山が見えました。
イメージ 15

 下りは、なだらかな斜面をあっという間に滑り降りました。
 途中、笹に引っ掛かって1度だけ大転倒をしましたが、後は無事に滑り降りました。
 林道付近まで戻ると、どうも自分以外のトレースがあります。
 どうやら、自分の後に入山者が続いたようです。
 
 12時00分、車に戻ってきました。
 登り1時間50分、下り30分のお手軽山行でした。
イメージ 16

 他の入山者の車は無かったので、どうやら下からスキーで登ってきたようです。
 どうやら自分は、かなり楽をさせてもらったようです。

※木の積み出しは引き続き行われると思うので、奥まで車で入るのは難しくなるかもしれません。

GPSの軌跡です
イメージ 17

  • 顔アイコン

    こんばんは!
    丸太の積んであるとこまで車で行けたんですネ。
    それだけでもラッセルが楽ですよね。
    最近私らが行った時は最後のお家のとこまでしか除雪がされてなかったので、最初っからラッセルでした(汗

    雪が少ないせいか笹が立って歩きにくそうです。
    綺麗な霧氷が見れてこちらも楽しませて頂きました^^

    かっち

    2012/1/28(土) 午後 11:33

  • 顔アイコン

    ロマンチックなタイトルですね(*^_^*)
    時折陽が差し込み白く見えるのは、さながら天への扉が開かれたようで不思議な感じがします(^_-)-☆

    [ nadeshikokobuta ]

    2012/1/29(日) 午後 2:56

  • かっちさん、こんにちは>
    そっか、木の積み出しがあったから、林道が除雪されていたんだ!
    何も知らないと、除雪されている林道は、やっぱり奥まで入ってしまいますよね。笑

    笹とブッシュは邪魔でした。
    下りでは笹にスキー引っ掛けて転ぶし・・・。
    霧氷はキレイだったのですが、太陽が気まぐれでなかなか良い写真が撮れませんでした。

    タラ

    2012/1/29(日) 午後 5:08

  • nadeshikoさん>
    桐ノ木沢山を初めて訪れたとき、ブナの林の美しさに目を奪われました。
    その記憶がとても鮮烈で、今回の霧氷と絡めたタイトルにしたんですが、山のレポのタイトルにみえませんね。笑
    日が差し込むその瞬間、ホント天への扉って感じがしましたよ。

    タラ

    2012/1/29(日) 午後 5:19

  • 顔アイコン

    おはようございます。 桐の木沢山だぁー! 昨年クマさんと計画したのですが、結果残念ながら登れ無かった山です。 やっぱりここは極寒の地ですね、キラキラの霧氷が綺麗ですね!

    風邪は山に置いて来ましたか?(^_^)/

    yamame3114

    2012/1/30(月) 午前 9:00

  • 顔アイコン

    やまめさん>
    林道の奥まで入ることができて、超ラッキーだったみたいです。
    木の積み出しが続くと思うので、平沢沿いの林道から入る手もありかなと思います。
    風邪はかなり良くなりました♪

    タラ

    2012/1/30(月) 午後 5:29

  • この日は、お天気マチマチな空でしたねぇ。
    区界の道路の温度表記は−11度でしたね^^
    お疲れ様でした♪

    れんれん

    2012/1/31(火) 午前 7:30

  • れんれんさん>
    あれっ、気温見間違えたかな!?笑
    区界に出かけたということは、山に入ったのかな!?

    タラ

    2012/1/31(火) 午後 0:24

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事